2011年06月19日(日)
レインコート

コメント
 日本列島も梅雨に入りましたね。 しかし、九州よりも関東の方がはやいとは。。。
 GW中に転倒してギブスをしているので、ジトジトした梅雨に入るのが遅れて助かっています。

 さて、話を戻し、梅雨時期といえば、雨。  バイク用のレインコートは、バイクに乗るときでなく、  激しい雨が降ると傘でも全身がぬれるので、着ることがあります。
普通のレインコートとどこが違うって、値段が高い。。。  
 いえ、いえ、バイク用のレインコートは縫い目から風が入らないように工夫されえているからかな?
 いえ、いえ、人に見られてもかっこ悪くないようにデザインを考えてかな?
 なんて思うなら、値段だけなら100円ショップで購入すればいいです。

 バイク用のレインコートは値段が高いかわりにレインコートの弱点をクリアーしようと高機能。
  雨の日のライダーをレインコートを着てバイクで走るだけでなく、レインコートを着たまま、自分の足でも動き回ります。
 ゴムやビニールだけで作ったレインコートは、汗でレインコートを内部が濡れてしまいます。
 よく、昔、レインコートVsみの(わらで作った昔のレインコート)と評価されるように、レインコートは通気性が悪いのです。
 しかし、バイク用のレインコートは通気性を考えていて、   安いものでも、背中に瓦が重なっているように生地が重なって、水が入らないようにした空気取り入れ口。
 高級品になるとさらに使用している生地   空気は通しても、水分を通さないとか、 内側の汗は通しても、外側の水は通さないなど販売しています。

といっても、高級品は財布が駄目というので、
 個人的には一万円以上の製品を購入しています。

 ここをクリックすると楽天市場のレインウエアー一覧が表示します。




TOP >> バイクグッズ紹介