2011年06月19日(日)
インナーリアフェンダー

コメント
  バイクをスポーティーに見せるドレスアップとして取り付けられることが多いインナーリアフェンダー
本来、インナーリアフェンダーを取り付ける目的はタイヤのローテーションによる空気の乱流を制御して、エンジンまわりの冷却を助けるものとして開発された空力パーツらしいので、レーサーなどがつけているのでしょうね。
でも、レーサー以外が取り付ける目的として、リアショックユニットやマフラー内側などにあたる泥汚れを防ぐという理由の方が大きそうですね。

 ちなみに、マジカルレーシングのDR-Z用インナーフェンダーを購入しました。
 ロードバイクのタイヤ側をカバーすると思って、ノーマルのリアフェンダーの裏に重ねるように取り付けるタイプでした。 ちょっと残念




TOP >> バイクグッズ紹介