2011年06月17日(金)
KURE シールコート
防錆・光沢保護剤

コメント
 洗車はバイク雑誌に紹介されているような感じで、走行注意に散った、砂や埃を落とすために水洗いから初め、 その後にピッチなどの油汚れを落として行きます。

バイク車体は車用のワックスで十分ですが、
 エンジンやマフラーなどの熱くなる部分は、下記の2点の対策を考える必要がありますよね。
 ★雨の日に走ると、薄い泥水がエンジンの熱で焼きついて薄い泥汚れの膜となっています。
 ★冬場、バイクに乗らない期間が長いと、溶接部分から錆が増えてきます。
そこで、 錆びにくくや泥汚れの膜が落ちやすいように、シールコート又は耐熱ワックスを
 新車を買った直後や、バイクを綺麗に磨き上げた後には塗布しています。
※車もエンジンルームなどに塗布しています(笑)

さて、シールコートはアクリル系の無色透明な塗料なので、薄く何回かに分けて塗布するようにしてください。




TOP >> バイクグッズ紹介