TOP >> 週末の旅人 >> 筋湯地熱発電所見学

地熱発電所を見学する


筋湯を少し、スキー場側に過ぎたところで、
 あれ?、施設から白い煙がもうもうと... 何だろうといってみると、地熱発電所でした。 
大分県筋湯・八丁原地熱発電所  この地熱発電所は筋湯温泉の外れにあり、八丁原地熱発電所といわれています。
 地熱発電は、蒸気井で地下から取り出した蒸気を利用してタービンを回し発電する仕組みで、火力発電や原子力発電と違って蒸気を作るための燃料が不要なので環境にやさしい発電所です。
 ただ、蒸気が噴出す場所でないといけないので、どこにでも造れないのが欠点です。

大分県筋湯・八丁原地熱発電所

 ここの地熱発電所は運転や計器の監視は大岳発電所から遠隔で行っていますが、一連の施設は見学が出来るので見てきました。
 最初は展示館で発電の仕組みや種類をパネルや映像を豊富に用いて分かりやすく説明しています。 また、地域の観光...九酔渓をはじめ竜門の滝,瀬の本高原や牧の戸峠などの紹介もあります。
 平日でしたら、筋湯温泉や黒川温泉に近いので、観光に訪れるのも良いかもしれません。 
大分県筋湯・八丁原地熱発電所 大分県筋湯・八丁原地熱発電所 大分県筋湯・八丁原地熱発電所


 展示施設の観光を終ると、発電機や蒸気を水に戻す施設などの見学ができます。
 そう、そう、遠くから見たときに白い蒸気がもうもうとしていた原因は、本日は、点検の為、蒸気を大気中に逃しているためだけのようです。
 普段は、冷却塔で温泉を冷泉にするため、発生する蒸気だけだそうです。


  


といいながら、大分県筋湯・八丁原地熱発電所 筋湯から瀬の本経由の大観望へ移動