TOP >> 週末の旅人

佐世保にて

潮幸の宿 はな一 潮幸の宿 はな一 潮幸の宿 はな一
佐世保/九十九島の風景(潮幸の宿 はな一より)いつも出勤する時間に観光バスに乗込むが、バスのゆったりとした揺れが睡魔を召喚して、
しばし車窓に見える風景は幻影のように淡く。 流れ去っていく。
博多駅で全員が乗車して、基山PAでトイレ休憩
福岡空港に近いPAという事もあって、休憩だけでなく、お土産を物色している方も多いが。
 エロ本の前で、女性達が記念写真を撮っているのには驚く。 日本の悪いイメージが広まりそうだな〜(驚)
バスに乗込むと、イベントが待っていた。 いやはや、風景を楽しむ時間がない。
 いつもだったら長く感じている工程も、気がついたら佐世保に到着していた。(笑)
佐世保の市街地を抜けて、西海パールシーリゾートの前を通過
九十九島を眺める展望で有名な石岳展望台に行くのかな?と思っていたら、「潮幸の宿 はな一」だったかな? 九十九島が見える山肌沿いの部屋で食事。。。。。
 私は背中向きだったのが残念だったが、食事も終わった頃に庭に出ると、
10月に入って、この日からやっと昼間でも涼しくなった状況なので、庭にはコスモスとヒマワリが咲いていた。
塀越しに海を眺めると、運良く優雅な白い船体のパールクィーン号が島々を縫うように走り抜けていた。
佐世保[はないち]/九十九島の風景 西海パールシーリゾート/帆船風遊覧船・パールクィーン号からの風景 西海パールシーリゾート/帆船風遊覧船・パールクィーン号からの風景
西海パールシーリゾート/海賊船みんなの食事も終わると、さっそく西海パールシーリゾートに向かい。 先ほど、見たパールクィーン号へと乗り込む。
見た目はゆったりと走る帆船のような感じだが、実際に乗り込むと島々の間をすり抜け、湾内では旋回に近いUターン。
船から見える風景は、遠くは○○富士や侵食がすごく動物に見える岩などを巡る。
九十九島遊覧も終り、西海パールシーリゾートに戻り見ただけでおなか一杯になるボリュームなのに、佐世保バーガーを食べるをつわものも いた。
帰りのバスも、イベントが待っていて、博多につく頃には鹿児島日帰りも平気な私でもヘトヘト。
人の話を相槌を入れるのは好きだが、喋べりまくるのは。。。どうも苦手だからかな?

博多で小倉に帰る方達にさようならしながら、福岡の方と飲み会。 二次会というのかな?
結局、三次会はカラオケといっていたが、最終まで1時間しかなかったので、新幹線で北へと帰る。
西海パールシーリゾート/帆船風遊覧船・パールクィーン号からの風景 西海パールシーリゾート/帆船風遊覧船・パールクィーン号からの風景 西海パールシーリゾート