TOP >> 週末の旅人

さよなら、SLあそBOY号

熊本駅にて、蒸気機関車(SLあそBOY号)
熊本駅にて、出発時刻を待つSL
熊本市内・水前寺駅付近の風景蒸気機関車(SLあそBOY号)
水前寺駅近くの陸橋を抜けるSL
民家の近くを子供達に送られて 蒸気機関車(SLあそBOY号)
民家の近くを子供達に送られて、あそBOY
SLあそBOYを遮断機の無い踏切で、下から舐めて見ました。
迫力ある姿を撮影しようと遮断機の無い踏切にて
さよなら、SLあそBOY(あそぼ〜い)号
 九州の中央を走り抜ける陸蒸気の朝は、熊本駅から始まる。
 そして、豊肥本線を走り、熊本・市街地を走り抜けて、次第に車窓に映る風景は田んぼのある風景と変化していきます。 大津からは阿蘇外輪山を...特に急勾配で有名な立野駅付近では全国でも珍しいスイッチバック方式で昇っていきます。 そして、外輪山を抜けると自然豊かな阿蘇盆地を走ります。
 そう、そう、SLあそBOY号は昭和63年8月28日に復活しましたが、17年目の今年(平成17年8月28日)に引退することになったそうです。
 たしかに、SL単独での牽引運転の時は踏み切りでカメラを構えていると、地響きで遠くから陸蒸気が来た事が感じますが、 今回は老朽化によりディーゼルに後押しして頂いているという事で感じませんでした。残念ですね。
 また、このあそBOY(蒸気機関車)は、北九州市にもなじみがあるらしく、大正15年2月から昭和43年6月まで福岡県若松機関区で働いていたそうです。 また、昭和62年8月、小倉工場で蘇生手術を受けたそうです。 ひょっとしたら、現役バリバリの頃にも見た事や写真を撮った方はいるかな?
ちなみに蒸気機関車というと、D51が有名ですが、こちらは貨物用で、旅客用機関車としては8620形(通称ハチロク)が有名らしいのです。
地響きを立てながら走り抜ける蒸気機関車(SLあそBOY号) 場所:菊陽町・杉並木公園
菊陽町・杉並木公園 
】付近
陸橋を渡り、九州・阿蘇へ蒸気機関車(SLあそBOY号)
陸橋を渡るSLあそBOY号
田んぼの中を走る、汽車ぽっぽ、九州・阿蘇へ蒸気機関車(SLあそBOY号)
田んぼの中を走るSLあそBOY
立野駅近くの陸橋より、九州・阿蘇へ蒸気機関車(SLあそBOY号)
立野駅近くの陸橋より
SLあそBOYを上からズームイン、九州・阿蘇へ蒸気機関車(SLあそBOY号)
SLあそBOYを上からズームイン
峠を越えてるぞ〜、九州・阿蘇へ蒸気機関車(SLあそBOY号)
山を上るSLあそBOY号


市内から
阿蘇へ

阿蘇盆地

阿蘇駅
にて