TOP >> 週末の旅人

南阿蘇・田楽ツーリング

南阿蘇・田楽ツーリング久しぶりに跨ったのでバイクはすねて、市内を脱出するまでに信号待ちの間に数回も停止してしまう。(汗)
事前に小石原コースが通行止めとの話を聞いて、バイクに乗り始めた頃に利用していたR322→秋月コースで走る。
数年間も利用していないと、雰囲気が随分と変わった場所もあったが、昔の思い出が走馬灯のように、記憶がよみがえって、足取りがいつもより遅くなる。
そう、そう、フリー走行で気合を入れていた峠なんて、こんなに狭いワイディングロードが続くのか?と途中で疲れていたっけ。

甘木市内にでて、日田方面へと走る。
 このルートは福岡市内に行った時に数回、利用しただけなので、バイクにカーナビを搭載してないのを後悔しつつ。 遠くの山々の風景を見ながら自分の位置を確認しつつ走って行く。

吉井付近から川沿いを走り、ツーリング集団を抜くたびに仲間かな?と確認しつつ走っていると黄色の腕章をつけた団体を発見。 (@@)バイクセンターの集団だ!!
トロトロと走っていたので、抜こうとするが排気量と大きさが数倍も違うので、安全を考えると抜けない。
あははははは....

そのまま、ついていて、最初の休憩場所となっていたポイントで合流する。
 今回はアメリカン軍団でなく、ロード軍団だったので、ラッキー!!
楽しいはずのワインディング・コーナーでは超低速で停車するわ。
 直線では馬力とトルクが数倍も違うの置いていかれていたのでね。

南阿蘇・田楽ツーリング浮羽道の駅からR210を走り、日田からはスカイファームロード日田へと突入する。
走り始めは旧道を広げた感じなので、森林や川沿いの道を抜けると畑の向こうに民家が見えるといった感じなので人に注意しながら...
次第にUP、Downの激しい道のりはジェットコースターのように感じながら車が前方にいると「ほっ」する。
道を譲ってくれるので、コーナーに注意しながら、前方にいたバイクが消えていく。 追いかける感じでついていく。
スカイファームロード日田のEndは右手にフラワーパークあまがせをL字ターンしながら、山を駆け上り
遠くに山々の尾根が見えてくる。 そして亀石山入口にさしかかると快晴の日は、ラピュタのように阿蘇内輪山が浮かんで見えるが、この日は霞が掛かってて残念だった。

そして、大分県から熊本県に入りると道の名前がファームロードワイタに変わる。
 こちらは山々の中腹を走りぬけるように、遠くに森林を眺めながら走りぬけていく。
  そして後ろに迷惑を掛けていない事を祈りながら、道路に残るトラクターの土の跡に怖がりながら(><)必死についていく。

一旦、国道に出るがファームロードに再突入して田の原....黒川温泉の手前からR422に出て三愛レストハウスで休息を得る。
久しぶりに訪れた三愛レストハウスはリニューアルしたのかな?
オシュレット付きの洋式トイレありの、焼きたてのパンの香りがするコンビニがオープンしていた。

再び、草原のヤマナミハイウェイを走り、阿蘇神社の横にでる。
ここからR57→R265へと移り、大昔の火砕流後?といった感じの山を超える
黒煙を吐いていたバスが道を譲ってくれたので、根子岳を右手に見ながら高森町へ


ファームロード

高森田楽

阿蘇走行

深耶馬溪