TOP >> 週末の旅人

仙台・たなばた祭り

仙台・たなばた祭り 仙台・たなばた祭り 仙台・たなばた祭り

夏に東北出身のライダーのとくさんに会った時に、実家に帰るというので仙台の七夕を見る機会があったら写真を頂戴と言っていたら。
 撮ってきてくれたのがこの日記の始まり。
たなばた(七夕)祭りは、湘南地方の「平塚七夕祭り」、愛知県「安城七夕祭り」、仙台の「仙台七夕祭り」が日本三大七夕として有名ですが、
この祭りは全国各地 及びに 学校行事で行われていて、それぞれの地域ならわでの特色があるようです。
七夕祭りをテーマにして旅行をするのも面白いかもしれません。
 
さて、小さい頃、七夕の話を読み聞かされた方は多いと思います。 改めて、話の粗筋を書くと
昔、むかし、銀河という大きな大陸を流れる天の川があったそうじゃ。
その辺に機織を折るのが上手な織姫という娘が住んどって、彦星という家の使用人と恋仲に陥ったんじゃと。
最初は農耕に熱心な男性という事もあって両親は喜んでいたのじゃがの〜。 次第に娘は恋に夢中になりすぎて、何もしなくなり、たいそう両親は怒ったそうです。
このままじゃ〜と二人の行く末を案じた両親が、とう、とう、2人の仲を裂いて男性を川向こうに追いやってしまったそうじゃ。
それからと言うもの、娘は嘆き悲しみ飯も咽喉を通らずにやせ衰えていくばかり。 また、また、見かねた両親は、7月7日の夕だけ、逢いに来ることを許したそうじゃ。

仙台・たなばた祭り 仙台・たなばた祭り 仙台・たなばた祭り

これが七夕の話の始まりで、何時の時代からか、
 愛し合う二人は舞台が夜空に移して。 今でも夏の夜空、年に一回、天の川を渡って愛を確かめるそうじゃ。 

たなばた祭りはこういったロマンチックなお話と、
 中国から伝来した....機織の上手なから技芸の上達を願う祭り
 また、旧暦の7/7...新暦だとお盆の頃なので、祖霊を祀る祭り
等が混ざり合って、大昔から続いているようです。

さて、話を元に戻して、仙台の七夕のお話。
 ここの七夕祭りは九州でも有名で、ルーツを調べてみると独眼竜政宗が婦女子文化向上の為に奨励したとか、大飢饉の時に落ち込んだ民衆に元気を取戻させる為に盛大に行なったのが始まりだとか?  始まりというより、大きな祭りとして歴史に登場するようになったのだと思います。
 その後、歴史に登場する天災などで民衆の気持ちが病んだ時に、邪気を払うように盛大に行われて現在まで続いているようです。

仙台・たなばた祭り 仙台・たなばた祭り 仙台・たなばた祭り

特に仙台七夕まつりは、小物達。商売繁盛、無病息災など様々な願いを込めて、七つの道具を飾りと共に飾るそうです。
その七つ道具とは、
 七夕のお話に登場する棚機女が織り神に捧げたという衣という事で「紙衣」
 織姫の織り糸を象徴する吹き流し
 延命長寿を願い、折方を教え/教わる心を学ぶ「千羽鶴」
 学問や手習いの上達を願う短冊
 豊漁を祈願する投網
 富貴を願う巾着
 物を大切する心を養う屑篭

だとか、皆さんの所はどんなものを飾っていますか?
 私は小さい頃に、短冊と折り紙で作った鎖を飾った記憶があります。

最後に、この話を書いていたら、
 昔、SMAPが歌っていた「夜空のむこう」を思い出してしまいました。(==)
仙台・たなばた祭り 仙台・たなばた祭り 仙台・たなばた祭り