TOP >> 週末の旅人

ひむか神話街道・宮崎の旅 宮崎南部・放浪編

7/24 22:24 荷物を車に積んで、後は出発するだけである。
インターネットで3日間の天気予報を見ると降水確率が上がっているのが気になってくる。
心配してもしかたないし、雨が降っても良いようにバイクを止めて車にしたんだし...後は寝るだけです。

グオオオッ〜 {[ ( ̄・・ ̄) ]} ガオオオッ〜


7/25 04:00 自然と目が醒める。
何時だろうと枕もとの時計を見るとAM4時...さぁて、起きて出発だ!!
朝食は晩飯の残りの冷麺。 ラッキー
少しずつ元気になってきたが、今週は力仕事が多かったので疲れが残っていたのが気になる。
えびのPA通過中
えびのPA付近
7/25 04:20 出発する
まだ、太陽が昇っていないが初日は力いっぱい走る予定なので、急いで高速に入る。
高速に入るとトラックが多い事に気がつく...いや、トラックしかいないのでわ? 小さな車なのと、最近、事故の話がニュースで多いので、トラック軍団の後ろに少し車間をあけてついて走る事にした。
 日が昇る前後が人間の活動(判断力)が一番鈍い時に移動しているトラック運転手は大変だと思ってしまう。 ちなみに夜明け前に人質救出したり、奇襲したりするのは、こういう理由だったりします。
それはしばしの間であった。 ふらふらしているトラックを見るたびに怖かった(><)
こういったトラックが以前より増えていた。 不景気が続いてドライバーに無理がかかっている...それだけでなく熟練労働者に負担が掛かり過ぎていると思ってしまう。
最近、事故が多いよな〜
7/25 06:31 宮原SAで休憩
出発してから2時間が経過して、これから山道に入るので休憩して、プリペイカードを購入する

意識的には坂を登っていると思っているのでなんとも無いが、
ここを走っていると、お化け坂のように見える。
つまり、緩急のある登りなのだが、急な坂と坂の間の緩やかな登り坂は下がっている道に見えるので、オートマ車を運転している方が不用意なブレーキを踏むので怖かったりする。
そしてトンネルは長く、比較的直線なので、ついついスピードがオーバー方向で緩むが、
それ以外の部分はコーナーが急であるために、トンネルを抜けると心臓バクバクだったりする。
ひむか神話街道・宮崎の旅
この付近の直線が気持ちよい
霧島連峰の山に傘雲がかかっている。 雨が心配
霧島連峰に傘雲が...
やっと、長い登り坂が終ると山川SAが近づいてきた。
朝早く山間を走るので開いている給油所が発見できなかったら困るのでここで給油をする
このSAは鹿児島に行くときの立寄り場所だったりする。
再出発して長いトンネルを抜けると遠くに霧島連峰が見える
カーナビはえびの高原を抜けて霧島神社に行くのが近いと指示するが、何度も走っていたので走るなら小林かな?
と考えながら、後の行程を考えてしまい。
まだ、まだ、迷っていた。


宮崎へ

狭野/霧島東
神社参拝

都城周辺
散策

潮獄神社
飫肥散策

南郷/鵜戸
神社散策

サンメッセ日南
堀切峠散策

青島神社
宮崎市内へ