TOP >> 週末の旅人 >> 薩摩半島の旅


枕崎・火之神公園【薩摩半島の旅】
火之神公園入り口から枕崎奉免んを眺める

火之神【】付近のパノラマ
枕崎・火之神公園【薩摩半島の旅】
火之神公園を眺める、立神岩がかっこよい
 翌朝、隣町のファミレスで朝食をとる。 私は酒を飲んだ翌日、外食する時のいつものメニュー(雑炊とから揚げ)を注文  車を降りるときにデジカメ(Eggy)を落として、電源が入らない=>壊れたと思って、メニューが来るまで.....ごそごそごそ (ノ<)だめだ。
 ※後で機械に詳しい同僚に聞くと、落とした衝撃で電池は放電する事が良くあるとの事。 壊れてなくてよかった。 ほっ(^0^)
 食事も終わり、R3=>R278へ  昨年の夏は加世田から野間半島に入って海岸線を坊津まで走って風景の素晴らしさに酔いしれた事を思いだす。 でも、でも、今回は観光目的なので、昼飯は霧島酒造・明治蔵にあるビアハウスで食事をしようと思っていたので、後ろ髪を引かれながら枕崎への旅路を急ぐ。
 枕崎市内に入ると、まず、火之神(ひのかみ)公園へと立ち寄る。 この公園には思い出があって、随分、昔、台風で瓦が飛んだ時に友人が田舎のお手伝いと言って枕崎で働いていていました。 その時に案内して頂いた公園で、その後も友人達と遊びに行った時、深夜にでて走るので、早着したときにここで仮眠をするなど、思い出の詰まった公園です。
枕崎・平和祈念展望台【薩摩半島の旅】
平和祈念展望台【】の入り口
枕崎・平和祈念展望台【薩摩半島の旅】
平和を願う、戦艦大和殉難鎮魂之碑
枕崎・平和祈念展望台【薩摩半島の旅】
資料なども展示しています。
 個人的な思い出は別にして、この公園はキャンプ地もでき、夏にはプールなどで遊ぶ事もできます。
また、風景写真を撮るのが大好きな方はなどにお勧めしたい場所で、キャンプ地付近では枕崎市のシンボルと言える42mの立神岩が沖にそびえ立ち、市街地の向こう(東側)に薩摩富士こと開聞岳が見えます。 
また、今回は黄砂が舞っていて見えませんでしたが、視界が良いと沖に種子島や屋久島も見えるそうです。
 せっかく、ここに来たので公園の奥にある平和祈念展望台(戦艦大和殉難鎮魂之碑)へ、 私が最初に訪れたときは、水平線の向こう...展望所より南側約200kmに戦艦大和が沈んだ場所が見え、 眼下に壮大な東シナ海が広がりが見えるごく普通の空き地でした。
 今回、訪れてみると戦艦大和の沈没50周年に太平洋戦争で散華された多くの英霊の殉難鎮魂之碑と、世界の恒久平和を願うシンボルの女神像が安置されていました。
 こういった施設を見ると、戦争の話を風化させるのでなく、平和を望むだけでなく、戦争反対のみ発言するのでなく、戦争について考え、起きない環境、向かわない環境を作って行く事の大切さを感じさせます。
戦艦大和が撃沈した場所が見える?展望所【薩摩半島の旅】
戦艦大和が撃沈した場所が見える?展望所です

平展望所より東シナ海を眺める
沈没位置を示す案内板【薩摩半島の旅】
沈没位置を示す案内板【


津奈木温泉

串木野

冠岳

滝/棚田

枕崎

明治蔵

開聞岳

砂風呂

池田湖

綾町

西都

帰道