TOP >> 週末の旅人 

   

ホタルフェスタ in 旭志 ホタルフェスタ in 旭志
旭志・蛍
自分で撮影した写真(ホタルフェスタ in 旭志)では、シャッター速度が速すぎるのと感度が低すぎて
 まるで、デジカメの前をペンライトで軌跡を書いているといわれると....否定できそうもありませんでした。

このままじゃ悔しいので、例年、ホタルを撮影している熊本の友人 bmhさん()に頼んで
ホタルの写真を頂きました。 (*^^)/。・:*:・゚★,。・:*:・゚☆多謝

撮影場所は、熊本県・旭志村です。
毎年、5月末から6月にかけてホタルが飛び交う頃にホタルフェスタが行われています
皆さんもいかれては如何でしょうか?
ホタルフェスタ in 旭志 ホタルフェスタ in 旭志

ホタルフェスタ in 旭志 ホタルは自然が多く残る所に現れます。
 水の汚れ、空気の汚れ....この時期は明るい光にも影響を受けます。

 僕もホタルを撮影するとき、液晶の明かりでせっかく集まったホタルが逃げたぐらいです。
 ホタルのいる川の近くにきたら、車などのヘッドライトは早めに消して、懐中電燈も使わな
 いでやってきてください。
 光を当てた瞬間からホタルの数が減ります。
 実際、ホタルを撮影しに3日間も通いましたが、子供が光を当てていた場所にはホタルが
 いなくなり。 より人がいない、暗い場所へと移動していました。
ホタルフェスタ in 旭志 ホタルフェスタ in 旭志

ホタルは日が沈むと、綺麗な水が流れている川の周辺...草むら付近から空中に飛び交います。
その吹くとすぐ消えそうな淡い緑の光は、最初、ふわふわと空中を浮かぶようにさまよっています。
まるで、SF映画の宇宙船から見える宙(そら)のようです。
しばらく、その光景に酔いながら時を忘れていると周辺が闇に包まれてきます。
 空中に浮かぶ船の航行の安全を祈るように、次第に川辺の草むらから、
  遠き島にある灯台から漏れる光のように点滅が始まります。

そんな状況から、次第に浮いていたひかりに誘われて、草むらのひかりが浮かび始めると....
 2つの光の筋は交わって.....空中にピカソのような絵を描きながら消えてしまいます。
そ・し・て・また...
ホタルフェスタ in 旭志 ホタルフェスタ in 旭志

ほたるや蜜蝋で作られたろうそくの
 かよわいも暖かいひ・か・りを見ていると、
  デジャブーに襲われませんか?
たぶん、大昔、野山を駆け巡っていた頃から
 引き継がれた記憶かもしれません。
その記憶のおかげで、ホタルを見ていると
不思議な世界へと導かれて、疲れた精神(こころ)が
癒されて帰ってきます。