TOP >> 週末の旅人

阿蘇神社・火振り神事

阿蘇神社の火振り神事で開催を待つ氏子達
神事を待つ、氏子達
熊本県にある阿蘇神社 ライトアップされて綺麗
祭りが始まる前、阿蘇神社の静けさ
白装束の方々も火を囲んで、
白装束の人達も火を囲んで...
阿蘇神社の火振り神事の始まり
参道を火の付いた松明を持って走る白装束
九州の地を造ったといわれる阿蘇の山々
この話は小さい頃に阿蘇に訪れたときに昔、むかし、おおむかし、九州は島でなく大きな火山だったと聞かされました。
そして、阿蘇山が噴火を続けているある日、自重に耐え切れずに沈没して、裾野が広がり、今の九州の基盤がができたとか....まぁ、口伝えの話でしょう。
でも、九州の嘘と理解していても、九州の中心にあり、外輪山の大きさを考えると信じたくなります。 

その火を噴く山阿蘇の麓に鎮座する阿蘇神社の祭りに行って来ました。
松明に次々に火が付いて行く
これにより、火振り祭りが開始されます
阿蘇神社の火振り神事は、その火を松明につけて振り回す事ではじまります
松明の火を藁に移して火振りが始まります。
阿蘇神社への嫁のご入場
全ての藁に火がついて、参道をを清めた頃に
吉松宮の姫女神の入場
吉松宮の姫神の輿が訪れます


まつり
の始まり

火振り

僕も参加
した火振

まつりの
終わり

まつりの
あと

炎の演舞