TOP >> 週末の旅人

やめのおひなさまたち

八女のひなまつり 八女のひなまつり 八女のひなまつり
子供が作った雛人形/八女のひなまつり ひなまつりと聞くとあかりをつけましょ...
という歌を幼稚園児の頃に歌った事を思い出します。...あれから何年ぶりかな?
男系家族だと「ひなまつり」は無関係だしもてないので、呼ばれた事もなかった。

たまたま昨年の3月にバイク屋のツーリングで日田のひなまつりを見に行った。
写真が好きな私としては伝統工芸と言う意味で興味を持ってしまい。 今年もひな祭りという事で八女に遊びに行きました。
ここは手作りの人形もあったので、小さい頃を思い出しました。
子供が作った雛人形/八女のひなまつり
八女のひなまつり 八女のひなまつり 八女のひなまつり
身のけがれや災いを自分達に代わってひとがたに負わせ、お酒や供物を添えて川や海へ流す行事を行っていたそうです。
時代が流れて、江戸時代になり平和な生活が過ごせるようになり、
ひな人形が子供の身代わりのお守りとして、女児の出産と無事成長を願いを込めて作りはじめられました。
雛人形の「ひな」は、平安時代に人形のことを「ひいな」と呼んでいた事からかな? 
それと桃の節句は桃が咲く頃に行う行事だからでなく、桃は邪気を祓い長寿をもたらす木として崇められていて、
平安時代に行事を催す時に桃花餅や白酒が用いられたからだとか?
それと、ひな人形の並べ方は、男びなは宮中儀式の伝統により関西では左側、関東(東京?)では西洋式(明治天皇が初めだとか)に右だそうです。

ほんとうかな?


ふつうの
ひな人形

かわゆい
ひな人形

八女名物
はこもん

ユニーク
タイプ

古い
雛人形

おまけの
七福神

おまけU