TOP >> 週末の旅人 >> 柳川ツーリング

記念碑たちのおもひ

川下りを行う堀のそばには
 水郷・柳川に関係する、いろいろな記念碑が建ってます。
 ここでは、耳で覚えた話を少し紹介します。
詳しく&正確知りたい方は、
 柳川市又は観光協会のホームページ等を探して下さい。
  ここで紹介する内容は、耳で聞いた話を書いているので、
   間違いも含まれています

藤原純友一族の蒲池氏が滅んだ後
入城した立花家は関ヶ原の戦いで豊臣方につき
柳川を追われました。

代わって柳川を治めていた田中は掘割の整備、
道路の新設・整備、有明海岸の埋め立てなど、
土木事業に数多くの業績を残しました。

その後立花家が再び柳川城主となり、
明治維新まで藩政はつづきました。
柳川の掘割の総延長は実に470キロだそうです。
掘割には柳が緑の影を落とし、
水面には花菖蒲が咲き乱れ
そして城内の静かな家並みを下るドンコ船。

その掘割には、いろいろなポーズをとった
 河童の像が何体か置いています。

あなたは船くだりで、
  何体の河童に会ったことがありますか?
船くだりのどんこ船が途中立ち寄るお店
そこには無事故で無事に帰れるようにと
かえるが出迎えてくれます。

柳川の船くだりは、自然を満喫するだけでなく
 自然に溶け込んだ人工物に宿っている
  思いを味わうのも楽しみのひとつです
柳川にはたくさんの記念碑があります。
それを探索して見るのも楽しいかも
ところで、あなたは何体の記念碑を
発見できますか?

帰去来詩碑
「帰去来」は昭和16年に作られた白秋最後の思郷の詩。
 母校の白秋詩碑苑にゆかりの樹木と
 共に建てられています。

立秋詩碑
白秋の叙情小曲集「思ひ出」の中の詩「立秋」の一節が
刻まれた碑。  詩に出てくる懐月楼跡の横にあります。
バイクセンターツーリング/水郷の都・柳川
バイクセンターツーリング/水郷の都・柳川 柳川では明治の詩人である北原白秋が有名
何度も船下りやうなぎセイロ蒸しを食べに
行かれているなら、この方の事に興味をもって
遊びに行くとさらに観光が楽しくなります。
北原白秋
1885年生まれ1942年没
福岡県柳川の魚類穀物問屋に生まれる。
明治35年白秋を号とし「文庫」に詩や歌を発表
37年に上京、早稲田英文科入学のち中退
39年に与謝野鉄幹の新詩社に入り
   「明星」に詩、歌を発表。
42年鴎外をかしらに「スバル」を創刊
大正2年「桐の花」刊行。巡礼詩社創立
7年「赤い鳥」創刊で童謡、小説を発表
水中歌碑
白秋生誕100年を記念して建てた歌碑。
川下りコース沿いの庭園内にあり、船上から見えます。

五足の靴ゆかりの碑
明治40年夏、柳川を訪れた与謝野寛、木下杢太郎、
北原白秋、吉井勇、平野萬里を偲んで
ゆかりの懐月楼跡に建てられています。

水影の碑
殿の倉のなまこ壁を背景に建てられた碑
白秋が出郷して20年ぶりに帰郷した時に
読んだ詩が刻まれています。歌集『夢殿』に収録

北原白秋歌碑の中で、僕らが小さい頃に歌っていた唄


からたちの花
 からたちの花が咲いたよ
 白い白い花が咲いたよ。

 からたちのとげはいたちよ。
 青い青い針のとげだよ。

 からたちは畑の垣根よ。
 いつもいつもとほる道だよ。

 からたちも秋はみのるよ。
 まろいまろい金のたまだよ。

 からたちのそばで泣いたよ。
 みんなみんなやさしかつたよ。

からたちの花が咲いたよ。
白い白い花が咲いたよ。
  

待ちぼうけ
 待ちぼうけ 待ちぼうけ
 ある日 せっせと 野良かせぎ
 そこへ兎が飛んで出て
 ころり ころげた 木のねっこ

待ちぼうけ 待ちぼうけ
 しめた これから寝て待とか
 待てば獲ものは駆けて来る
 兎ぶつかれ 木のねっこ

待ちぼうけ 待ちぼうけ
 昨日鍬とり 畑仕事
 今日は頬づえ 日向ぼこ
 うまい伐り株 木のねっこ

待ちぼうけ 待ちぼうけ
 今日は今日はで 待ちぼうけ
 明日は明日はで 森のそと
 兎待ち待ち 木のねっこ

待ちぼうけ 待ちぼうけ
 もとは涼しい黍畑
 いまは荒野の箒草
 寒い北風 木のねっこ