TOP >> 週末の旅人

DIGITAL PHOTO オフ会 In Photo信州

帰りの時間まで、4時間も余ったので
 宇治は平等院に降ろしてもらいました。
昔、ゆっくりと見れなかったからです。

平等院はその姿から「鳳凰堂」とも言われてます
「鳳凰堂」は翌年に阿弥陀堂として建てられ、
阿弥陀如来像が安置されている中堂と左右の
翼廊、背面の尾廊で成り立っています。
大屋根には鳳凰が飾られ、内部は絢爛な宝相
華文様や極彩色の扉絵で装飾されています。
平安時代後期に宇治関白藤原が、別荘を宇治殿
を寺に改め平等院と名付けました。

鳳凰堂(クリックすると、平等院のパノラマが見れます)

平等院に繋がる橋から庭(現世)を眺める
平等院で夏の京都を
味わいながら....
※世界遺産に登録さ
れているので、外人が
多いですね。
宇治の町をうろうろし
て帰りました。
それにしても、途中で見つけたミゼットや
 和風の喫茶店....
古都、歴史を守る京都らしいですね。

鳳凰

メインの阿弥陀如来像

他の仏閣と異なる、動きのある仏様


出発

美ヶ原高原

霧ヶ峰
八島ヶ湿原

八島ヶ湿原
の花々

松本城

動物達と
帰路編

おまけの
平等院