TOP >> 週末の旅人

九酔渓

九酔渓
耶馬溪から玖珠町へ
九酔渓
耶馬溪を見渡せる展望所からの風景
九酔渓
九酔渓へ向かう途中
九酔渓
 岩肌に生えた木々が段々と赤みがさして
 前衛芸術家の作品のようです。
耶馬溪を抜けて、「童謡の里」玖珠町に出て休憩
水分峠に抜けてヤマナミハイウエイを全線走ろうか?
それとも九酔渓?と悩んだけど....紅葉が近くで見られる可能性の高い九酔渓と向かう。
σ(^_^)の記憶が確かなら、
 いつも夏場だったら好んで水分峠〜長者原のルートを選ぶので。、木々により日陰が多かったかな?とも思いました。

耶馬溪も九酔渓も自然の凄さ、美しさを楽しむ為、遊びによく行っている場所です。
耶馬溪は山越えをしながら、山々に生えている?
 岩に驚き、刻々と変わる風景を楽しみ
九酔渓は、急坂を越えながら高度の寄って変わる
 水墨画のような風景を楽しんで通過しました。 
九酔渓
 山々が織成す、雰囲気が水墨画のようです。
 ただ、全景がカメラに収まらないのが残念です。
九酔渓
 急で狭い坂を登る為、運転手は風景を
 味わえる余裕ないかな
九酔渓
 写真では雰囲気が伝えられないけど道路脇に流れる
 数本の滝もバイクを止めて楽しめます。
九酔渓
九酔渓の展望台横にある土産屋は一度寄ってください。
店員が面白いです。...σ(^_^)行ったときだったけど


青の洞門
〜耶馬溪

九酔渓

飯田高原
〜長者原

阿蘇
登山道

阿蘇・中岳
火山口

草千里
帰路にて

クリックすると
阿蘇周辺の
地図が表示されます。