TOP >> 週末の旅人

長崎グラバー園「ウォーカ邸」
この建物はたしか ウォーカー氏は息子とともに70年間にわたりこの家に住んでいました。
※日本初の清涼飲料水の会社を起こした人だそうです。
 建築は明治16年頃ので、日本様式の取り入れられた洋館です。 建物の写真は7月に来たときのものです。

ちょっと、中も見学することができたので、フラッシュを焚かずに撮影しました。
 ※だれもいなくても、フラッシュを焚くと展示物の傷みが進むからね

そうそう、旅行かばんは洋物時代劇に出てくるから、想像つくのですが、当時の物で驚いたのは電気ストーブが明治の時代に存在したことです。
長崎グラバー園「ウォーカ邸」 長崎グラバー園「ウォーカ邸」


長崎グラバー園「グラバー邸」
四つ葉のクローバーの形をしたグラバー邸
グラバー邸は観光客が多く、建物が撮影できませんでした。
下の写真は、グラバー邸に設置されていた家具です
内部公開は「ながさき阿蘭陀年」の記念行事として、公開しているのではないかな?
昨年までは外から眺めていたもんね。

そう、そう、オペラ「蝶々夫人」ゆかいの地とされ、現存する木造洋館では日本最古のものです。
長崎グラバー園「グラバー邸」
長崎グラバー園「グラバー邸」 長崎グラバー園「グラバー邸」 長崎グラバー園「グラバー邸」

長崎グラバー園「 長崎グラバー園「 長崎グラバー園「
長崎グラバー園「 ながさき阿蘭陀年が今年、開催されている理由は1600年4月19日に「デ・リーフデ号」が大分県臼杵市に漂着してから400周年の記念すべき年(西暦2000年)に当たるからだそうです。
え? 大分県?と思うでしょうが、欧州人がその年から日本に来て...鎖国政策により長崎・出島へと....その400年目の記念事業だそうだ。

さて、話を本に戻して、上のこの建物は 明治11(1878)年7月に西洋料理店「自遊亭(のち自由亭)」として、建築された。 西洋料理の発祥地だそうです。
長崎を訪問した世界中のVIPたちも訪れてたそうですが、10年ほどのちに廃業したそうです。
今ではグラバー園内で喫茶店として営業しているので、 一度、( ∩_∩)_旦~~ お茶しに来てくださいね。

その後、長崎伝統芸能記念館によって、長崎の祭りを見てグラバー園巡りは終わりです。
今回のページは重いから、各ページに飛べるボタンをクリックして、
目的のページに飛んでもいいよ

長崎へ

グラバー園

出島