TOP >> 週末の旅人 

天草


天草・轟の森 天草・本渡市より下島へ移り 下田温泉へ
途中、日本一大きな水車との看板を見て休憩
轟の森()です。
どうもキャンプ地みたいです。

案内板を見ると
 この森には、轟の滝、メロディー水車、釣り橋、
そうめん流しなどの施設があるみたいです。

夕焼け時は、夕焼けの風景が有名な
天草西海岸へちょっと出かけて
のキャンプ地に帰ってくるのも良いかも
天草・轟の森 天草・轟の森
しばしの休憩後に出発  十数分走ると左下の看板にでる。

左に曲がり牛深まで海岸線を走る。
 海は深緑で透き通っていて、空はどこまでも青く、木々は....
と臭い台詞が語れるような心を奪われるような風景がどこまでも続いています。
国道かな? 国道389を下田温泉()から丸山まで走りました。

こんどは、夕焼けを撮影しに行きたいな〜
天草・轟の森 天草・轟の森

天草/大江天主堂 天草/大江天主堂 天草/大江天主堂
天草/大江天主堂 天草/大江天主堂 大江の町()を見下ろす大江天主堂
 大江天主堂はロマネスク様式の白亜の聖堂で、
 昭和8年に設計施工したらしい。
 今までの天主堂よりも光を多く取り入れ、
 明るい色調でまとめているのが特徴らしいです。
ただ、月曜日は休館日だったので、

情報はあやふやです。 
 ((^^))どーもすみません。

下の駐車場に車を止めて、丘を登ったので
ここで、相棒がタバコ休憩....
 トトロのバス停の雰囲気を醸しだしていました。
失礼か...(笑)


天草 天草 天草
天草 そして、大江町を抜けて海岸線を走る
 風景がここで写真を撮らないとどこで撮るの?
 と言いたげだった。  しばらく、犬小便のような走りで
 撮影をカメラに収めていく。
そう、そう、海岸線の道は、くねくね道で狭いので、
今は町々を直線で繋ぐ道路を建設中のようだ!
人が殆ど通らない山奥の道路を舗装したり、作るより
 建設的だと、少し思った。
そして、時津の町()を抜けると、
海辺の町の中に..町の風景に溶け込んでいるけど
 神々しい存在感をしめす天主堂を見つけました。
後で調べるとゴシック様式の崎津天主堂だそうです。
一般の方も見てよさそうなので、
 こんど、寄ってみようかと思います。
天草

今回のページは重いから、各ページに飛べるボタンをクリックして、
目的のページに飛んでもいいよ

市内から
三角まで

天草・上島

天草
西海岸

フェリーにて

帰路へ

天草の
夕日撮影

秋の
天草日記