TOP >> 週末の旅人



関門トンネルをトンネルを抜けて、
白バイの多い海岸線を避けて山道を走る。        
川棚温泉街から海岸線を通る、
国道191号線へと移る。

しばらく走ると、海岸線が見えてくる


海岸線は波が高いと潮をかぶるぐらいにそばを走る
むかし、台風が来る2,3日前に通過したときなんて、
体中塩だらけだったことを思い出す。   

でも、田園風景の先に海岸線が見えたり、
岩場に打ち寄せる波、そして飛沫.....

ちょっと、バイクを止めて風景を楽しんでいると、 
海岸線を走る鈍行列車が見えた。
 下関から出雲まで鈍行列車の旅も面白いかもしれない。
※海岸線を走る線路は山陰本線です。
 線路は道路より少し高い場所を走るので、
 見晴らしはいいよ!!
山陰路

山陰路 途中、土井が浜で休憩..... 今は海水浴場はメインになっています。
でも、ここは、縄文遺跡?があって、一般公開するための施設があります。
ここの施設で観光? 勉強? 休憩しています。 
※縄文時代の人は....

風景写真は、土井が浜での写真じゃないけどね
今回、150枚近く撮影した中から選択した
 気に入った写真だよ。

山陰路

山陰路 油谷湾では、楊貴妃が中国から逃れてきて
ここで亡くなったとの伝説があったり

探すと面白い場所や景色のいい場所が発見されます。
山陰の風景は変化が激しく、変化が激しい。
 波が荒いかと思えば、湖のようになぎであったり....
 灯台は鮮やかに、まるで箱庭のような美しい風景が流れ去っていきます。
 そして、不思議なことに海岸にフェリーが飾ってあったり φ(□□ヘ)ナニナニ?...

たまに驚く物体に遭遇したりします。  でも、何だろう? なぜだろう?
山陰路

今回のページは重いから、各ページに飛べるボタンをクリックして、
目的のページに飛んでもいいよ

山陰の海を
見ながら
長門へ

阿武川沿いを
走りながら
長門渓へ

長門渓にて

帰路
秋吉台による

九州入り