北九州の最近のブログ記事

 

     さくら咲く/北九州市

| コメント(0)

さくら咲く/北九州市桜並木のある川沿いの道を走っていたら、気持ちの良く咲く桜を見つけたので

バイクに跨ったまま、1枚、桜と川の写真を撮影してみました。

 

あら? アドレスのミラーなどが写りこんでしまました。

 

     北九州美術館に繋がる道。

美術の森公園の中に、道路があり、少女をテーマにしたブロンズ像が展示されています。
桜の季節に美術館に訪れるのは、比較的、交通量が少ないのと桜を背景にバイクを写真が取れるからです。
北九州美術館に繋がる道。
満開の桜を見ていると、暖冬の今年でも長かった冬が終った感じがしますね。

今年も訪れてみましたが、まだ、まだ、来週でも写真を撮りにたま、立ち寄ってみます。

北九州美術館に繋がる道。

 

     は~るになれば、きれいな花が咲いて

梅の花が咲く季節になると、
 どじょっこだの、DRっこだの
  春が来たと思うベナ

三岳梅林公園こんばんわです。 おこたです。
2/21は暖かったので、エンジン始動できなかったDRをメンテナンスしようとして、
いつもの調子でバイクの電源をON
キュルキュル。。ガスの臭いが付近を漂う。
好感触だったので、服を着替えて
押し掛けしながらセルを回すと、エンジン始動
そのまま、エンジンの慣らしと、梅を見に走ってきました。

三岳梅林公園DRも冬眠から目覚めて、走っても我慢できる寒さとなりました。
そろそろ、風防の付いていないバイクでもツーリングできる季節ですね。(汗)
梅は北九州の三岳梅林公園で、撮影しました。
まだ、まだ、7部咲きといった所ですが、大勢の方が訪れていました。
バイクブロスで出会った仲間と、豊前の国にある港へ

火曜日から雪模様が続いた後の晴れだったので、風除けの無い冬眠中のDR-Z400SMでなく、アドレス125Gで参加する。
みんなのバイクを見て後悔(リッターオーバーでした)。 う~ん。 DR-Z400SMをたたき起せばよかったかな。

今週は何故か白バイが多く、本日もトラック1台を挟んで前を走っていました。
気持ちよく飛ばして、トラップの白バイを抜かないように、曽根バイパスを抜け、空港通りを走り抜けて、
コンビニで握り飯を焼き芋を購入して、貝類の宝庫である陸続きの島へと渡る。
※行橋の箕島が今回の目的地で、昔から貝堀などでお勧めです。
豊前の一粒牡蠣ツーリング

島に渡り、漁港を抜けて、
 奥にある牡蠣小屋が見えてきたが、BBQ会場は駐車場の中。
 うそ~と思っていたら。 前を通り過ぎて、その先へ

海産物の作業小屋?と思ってしまう、奥にあるお店へ
 バイクを停めて、小屋の奥の堤防に通される。
豊前の一粒牡蠣
目の前に広がる周防灘(すおうなだ)では、潮干狩り?や海鳥が遊んでいた。
 海の向こうは北九州空が見える。 それと続く橋。
 視点を山の方へと移動すると、雪が残る平尾台。 およよよ。

牡蠣をキロ単位で注文して、
 陽射しがそそぐなか、焼いて。 頂いていく。
豊前の一粒牡蠣ツーリング
豊前の一粒牡蠣は大きいので大味と思ってしまうが、中身もプリプリに詰まり、
 やっぱり、日本三大修験霊場でもある英彦山等々から注ぐ、豊かな自然に恵まれて育った牡蠣。
 芳醇な海に囲まれているので、旨みも凝縮されていました。

さらに生食用に井戸水のブレンド海水で菌&塩抜きしているので、
 何も付けなくても、炭火で焼いただけでちょうどよい潮味。 かみ締めると口の中に広がる海の幸

お店屋さんも牡蠣の食べ方を教えてくれたので、牡蠣を口へと運ぶペースもスピードアップ。
そう、そう、日本人なので醤油の香りは大好きなので、同じ味に飽きてきた頃には醤油をたらして頂く。
コンビニで買った握り飯などの食材も焼きながら。。。 お腹は膨らんでいく。

落ち着いた頃に、他の方のテーブルを見ると、牡蠣の味噌汁、炊きこみ飯やフライが美味しそう。
 お腹と相談して味噌汁を追加注文 野菜いっぱいで、牡蠣とみその旨味のコラボ 
 海の栄養が一杯詰まっている感じで、味噌仕立ての潮汁といった感じでした。
豊前の一粒牡蠣ツーリング 牡蠣の味噌仕立ての潮汁

ん。 久々に満足して帰ってきました。
豊前の一粒牡蠣
DRのパーツが揃っていたので、明日は久々にパーツを取付けに行きます。
 行きつけのバイク屋さんに近いので、帰りに牡蠣ボール(たこ焼きの、牡蠣バージョン)を買いに行こうかな?

本日のルート
朝は天気が良かったので南下していたら、まもなく雨に降られたので、急いで帰ってきました。
雨が降るので、明日の予定の買出しに出かけ、お掃除が終わる頃には、雨が止んでいた。

先週、別府に行ったときに原付二種スクーター(アドレスV125)が泥だらけだったので、バイクを洗って、近場の門司レトロを走ってきました。
関門橋
海岸線沿いの道は、台風が近づいた時のような風で、吹くたびに、エアーブレーキー。。。。昔の悪夢が蘇りそう(飛び込み前転失敗)

門司レトロを散策して、和布刈公園を一周


大陸からの黄色い砂が大気中を漂っていて、風景は(xx
冬場は空気が澄まなくなってきた。

アドレスV125Gと関門橋

門司港の西海岸


帰りも門司レトロの海岸線を走っていると、空は青空なのに雨が降り出したので、急いでおうちへ

信号待ちしていて気がついたが、雨水が塩辛いし、原付二種スクーターや服に白い斑点が。。。。。

黄色く染まった車を見ながら、本日、二度目のバイクの洗車を行う。

車は明日、雪が降った後に晴れたら洗おうかな?
 

     帆柱・河内のプチツー

おはこんばんわ。 おこたです。

久しぶりに河内貯水池を走ってきました。

帆柱周辺を走り黒崎ICから、どっこいしょと山道を登り河内へ
この峠の途中で振り向くと、芦屋の向こうに広がる海まで見える。

峠からの風景 芦屋や宗像方面が見えますね。河内貯水池で一休みして、南河内橋の前で休憩。
本来のめがね橋は2重の石造りの橋を指しますが、
こちらの橋は見た目が眼鏡のように見えるから、
通称「めがね橋」と呼ばれています。

河内貯水池というか、南河内橋という名前だったのを初めてしりました。


この後は田代から山を越えて、合馬方面抜けて
金龍 ラーメンの油ソバを1杯
 100円ショップで買い物して、帰ってきました。

柿木

ツーリング中に気になったのは、木になった柿のみ
しっかりと陽に当たって、干し柿風になっていました。

 

     宗像ツーリング

午前中に用事を済ませて、昼からバッテリーがあがったので充電を兼ねてのプチッとツーリング。

まずは郊外にある遠賀川沿いの堤防へ、コスモスを眺めに走る。
ONGAと花文字で有名は堤防の内側にある公園よりも、
 人が少ないので、コスモスをバックにアドレスの写真を撮うと、
 植え替え用の畑に訪れると、まだ、まだ、1割程度でした。

ここから海へと下り、河口から国道495を福岡方面へと走ると、
 数キロごとに10/25は女子マラソンなので渋滞注意を促す立て看板。
 途中から海岸線を走る。波しぶきとサーファーが異常に多かった。

宗像道の駅の近くの松原を抜けて、道路に出ようとする所。
 営業日が変わったらしく、丸太小屋風のカレー&コーヒー屋さんが開いていた。
「まつぼっくり」というお店。 以前から訪れてみたいお店だったので立寄ってみる。

丸太小屋風のカレー&コーヒー屋「まつぼっくり」中はカウンター席しかないけど、木の温もりを感じる作り方で、女性が好みそうなお店でした。
 カレーはマイドルなのにスパイシーさが隠れているといった感じで、さらさら系でした。
う~ん。 個人的には焼きカレーにした方が大好きな味わいなので、
 次は焼きカレー?(カレードリア?)があったので、次はこれを食べてみます。
そう、そう、セットを頼んだので、サラダや小鉢は家庭の味といった感じでした。

宗像、国道495の裏道食事も終わり、さらに福岡市内に突入する。
 定番のコースを走り、博多を走り、大宰府から山越えして帰路へ

 


 

って、何時もだったら自宅へと直行ですが、
 まだ、まだ、日が高いので、遠賀町まで戻ってきて
 「博多地どり 市右ヱ門」で唐揚げと、チキンボールと、まきまきごぼうを購入して家へ。
  まきまきごぼうは牛蒡や梅をとり肉で巻いて、竜田揚げのような感じの食べ物です。
1個だけと思いながら、つまみ食いしていると、晩飯前に無くなりました。

 

明日は、太陽が昇る頃に雲仙へと走ってきます。
 マスツーリングなので、帰りはどっぷりと日が沈んでから帰宅になりそうです。

 

     雨の合間にプチっと散策

前説が長くなりますが。。。

数週間前までTVは渇水対策の話題が中心で、
 防府水害の影響で、九州に入ってくる物流が遅れている感じでしたが。

この数日。 金曜の夜にダムが決壊しないために放流というニュースが流れるほど。
昨日は、脱落したパーツが届いていたので、バイク屋さんに行った時は。
 お店屋さんもダムになっていたらしく。。。私も渡河という話題で。

そのあと、予約していたので、長門の国の国府まで走ってきました。
警戒地域はチェックしてからの出発なので、海峡を越えるときのトンネル内でうたせ湯にやられただけかな?
そして夕方にDR-Z400SMを整備し終わる頃に降りだした雨は、今日の昼まで降っていました。


今日は閉鎖されるBLOGの引っ越ししていると、
 雨が小雨になってきたからと家族から買出しを頼まれて、アドレス丸で出発。
 スクーターにしたのは、いざという時は逃げる事ができるので。
買出しも終わると、少し空が晴れ、蝉が鳴きだしたので、
 当面は雨は降らないと思って、アドレス丸に乗ってプチっと市内散策

 

雨の合間にプチっと散策

警戒地域を避けて走っているので、
 大型スーパーは親子ずれが夏休みを兼ねて訪れていたり。
 公園では親子がキャッチボールしていたりと、ほんわかな風景
※被害を受けた方には<(__)>

警戒地域を避けて走っているので、ただ、谷間になっている交差点や建設中の建屋に面した道路を曲がるときは要注意。
小石や砂が残っていて、心臓がバクバクする状態に。(汗)

ぐるりと一周して来ました。
 また、夜から雨とか。 長くつを買っていた方が良かったかな?

栗がウニのように固まって落ちていました。 

路肩には、落ち葉や草が、バリケードのように積まれていると思っていたら、栗がウニのように固まって落ちていました。 転倒したら痛みが+αです。

工場地帯の岸壁。 作業船やタグボートなどが、体を休めていました。

工場地帯の岸壁。 作業船やタグボートなどが、体を休めていました。
 

     かわちをぶらぶら

曜日の話を今頃。
あの日は昼から見舞いに行く予定だったので、朝早く目覚めても家でゴロゴロ。
窓の向うに見える青空に誘われて、バイク病がうずうず。

とりあえず、早朝からDRを磨いたが。 辛抱たまらん。 時間もあるし。。。。。
さらに、地面に座り込んで、フクピカ&松井棒で手の届きにくいホイルを磨く。

でも、でも、辛抱たまらん。
ただ、DRで、この青空で、この暖かさだったら、
 走行中に意識を失って、気が付くと福岡から、チキン南蛮を食べに宮崎都濃とか、
  チャンポンを食べに長崎市内まで、普通に走っちゃいそう。 みなさんもそうですよね。
河内のサイクリングセンターのコーナーより、眼鏡橋
我慢、我慢といいながら、少しだけ妥協して、アドレスで出発。
 DRで走った翌日なので、アドレスでは、ぜんぜん、面白くない。

DRは加速する時は自然に上体を落として、腕に力を入れて加速したり、
 コーナーは、見通しが悪いコーナであったら、腰をくね、くねしながら。 良いときはロードと同じように。
 加速はパワーバンドから逃げないように、クラッチを切って、ギアをUP・Downするので、
 儀式というか、操縦している感覚があるんですが。

アドレスは原付スクータにしてはパワーはあるんですが。
DRの後日に乗るアドレスは、クリープの入っていない珈琲のようです。
ツーリングはバイク、通勤や買い物は原チャリスクータに乗っている方は、こんな感覚かな?
九州民芸村方面から眼鏡橋
そういいながら、北九では有名な河内へ
 小倉南ICから筍で有名な合馬を抜けて、ダラダラと走って河内のサイクリングセンターへ
 前日は1台しかバイクが無かったのに、今日はロードバイクで満車だった。
 おいちゃんスクーターでは、ちょっぴりと恥ずいので、入口でUターン。

その時、駐車場の近くの歩道を歩いていた、よぼよぼ犬。
 何かのスイッチが入ったらしく、急に吠え出して追いかけてくるので、逃げる。
 もう少しで、かみつかれそうだった。 犬って、早いんですね。 驚いた。

あじさいの湯から鷹見神社に抜ける峠より、引野方面
その後は、河内小学校から紫陽花に囲まれた道路を走り、あじさいの湯の横を走り。
 最近、復活した山越えて道路を越えて鷹見神社へ ここは北九州高速道路・黒崎ICに近いのでR200にでる。
 R200から南下して畑貯水池まで走り、また、また、山越えて河内に戻ってきました。

最後に、DRで走ると、走りに集中して、写真とか撮るのを忘れるので。
結局、アドレスで走ったときぐらいしか、日記に書いてないので。
 アドレス乗りといった感じになりつつあるな かなシィ~

 

     さくらさく プチッとなツーリング

家や通勤路周辺は桜の「さ」の字も感じないので、
 車の点検を出した後は、スクーターでいつものコースをいつものように走り抜ける。
 峠では、遊びに来たのかな? 今日も白バイとすれ違い。

桜とアドレスV125G
山を越えて、小倉東IC近くを走っていると、満開の枝垂れ桜を発見。
例年は、家の周辺も満開の頃に咲いているのに。。。。。

今年は桜花見ツーリングは無理かな?
 今までは過去の写真を見ながら予測ができていたのに。
今年は陽のあたる場所から咲いてようですね。


さくらさく
写真は下記の場所で撮影してみました。
http://chizumado.jp/view/1033430/

 

     雪中のツーリング

青空が見えるゆえに用事を済ませて 豊後・高田にあるという昭和の町を目指して出発
天気予報でが雪というので空気は冷たいが、積もるような骨に染みるような寒さではないので、
防寒防水の上下と靴に靴下用のカイロを忍ばせたので、冷たい風もなんのその。

行橋を抜ける頃には、寒さがキ~ンと忍び込んでくる。
山から来た車なのか車の上が積雪3cm。。。ヤバイかな?と思いながら走っていると、田んぼなどに雪が残っている。
それでも走っていたが、目的地の方向の空は空からライスシャワーの光景が目に映るので、椎田で心が折れてUターン。

素直に帰らずに、いつものバイク屋さんでぼのぼのしていたら、
 再び、空に青空が見えてきたので、門司レトロを目指して再出発。

門司の海岸
陽射しでポカポカを楽しみつつ、
 バイクのある風景を撮影しようと北九州空港の見える門司の海岸に立ち寄る。
 海は高い岸壁に阻まれていたので海が見える場所を探していると、
 次第に天候が変わり、探し当てる頃には吹雪に変わる。
雪行軍
北部福岡の風は強く、雪が降っても積もることは珍しいが、
 路面に浮かび上がるオイルが怖いので、ツーリングを諦めて自宅へ

数分も経過していないのに、ウィンドウシールドは付着した雪が溶ける前に次の雪が付着
 雪の中のラリーで、オーバーヒートが怖いという話が理解できるほどに雪が積もってしまう。
雪行軍
時々、路肩によってシールドに付着したシールドを落とさないと前方が見えない状態となる。

体の芯まで冷えたので、休憩を兼ねて吹雪を避けられる場所に避難
 状況を確認すると、ウィンドウシールドとメットバイザーだけでなく、
  我輩も前面だけ雪だるま状態となっていた。 さむか~{{{{{ pxxq}}}}
雪行軍

 
結局:走行距離は100km強/日なので、ツーリングではなく散策になった感じです

 

     初徘徊

元旦ぐらいは、禁バイクと思っていたのに。。
 早朝に起され、昼には家族は寝ていたので。
  雪から晴れに変わった合間に、忍び足、コッソリと出発。

国道495を走り志賀島を目指すが
 前日と同じ服装だたっので、みぞれが前日から降るので、
  寒いと言うよりは体の心から冷える。 オーバーズボンが必要?

結局、志賀島と海老津ラーメンは諦めて、定番の遠賀川の土手沿いを走って楽しむ。
九州は佐賀平野などのような平地が少ないので、数少ない直線道路。
下手に山道は迷い込むとワインディングロードが、ごめんなさいという心で言ってしまう土地柄。
土手の緩々のコーナ。。。ほとんど直線。
阿蘇散策で疲れが残っている体では、何も考えずにアクセル固定して風景と前の状況に集中できるのが楽しい。
なんちゃってライダーでも元気な時は、絶対に二度とこの道は今回が最後と叫びながら、
 70km。 イヤ、イヤ、100kmも続く、ワイデングロードを選んでしまいまが。
この時期は直線と、温泉と、B級ぐるめが優先かな?

遠賀川沿い
薄茶色の風景の中、寒さに負けて、土手のWC。。。
駐車場で休憩していると、束の間のキャッチボールや凧揚げを楽しんでいる家族を発見。
そういえば、凧揚げを見るのは久しぶり。 昔は凧から作って楽しんだのにな~。

軽く峠を攻めて。。。といっても、なんちゃってライダーなので、安全に車に抜かれたいので、直線で道を譲る。
 


 が。 路肩に退避しているのに、気が付かないない。
 そうなると、自然に足が踏ん張り、シートの横グリップで加速して逃げていく。

 元旦なので、おのぼりさんも走っているから、時々、無理に右折帯から頭を押えられるように抜かれる。
 こちらは交通ルールを守っているのもあり、非常識な車に抜かれるのは一生の恥なので。
 信号が青になっる。 絶妙のタイミングで加速していく。
 例え、バイクが暴れても(笑)

 そんな車は赤信号の内に発進するので、交差点内で併走。
 いや、体当たりされそうになるが。。。路肩に逃げながら、軽く抜いていく。
 助手席に乗っている女性も何か言えよ。 そういった抜き方は格好悪いと。

090101-01.jpg
川を上り、山を越えて、帰って来たであります。

 

結局、市内を3時間、徘徊して、コンビニでトイレ休憩と栄養補給しながら、
 ご機嫌とりのケーキを購入して、帰路へ

 

     北九州散策ツーリング

| コメント(0)

午前中は両親を連れて門司駅裏にあるスーパー銭湯に訪れ、露天風呂やレストラン関門海峡を行き交う大型船を眺めて楽しむ
ちょうど外国から来た船の検疫がある六連島から関門海峡経由で瀬戸内海に入るルートの
第一コーナに位置するので、色々な大型船が介添えするタグボートが連れられてゆっくりと行き交う。
昼からスクーターでプチツーリングを考えていたので、早めに昼飯を頂いて帰る。
北九州散策ツーリング
最初は宗像道の駅を目指していたが皿倉山の紅葉に誘われて、Uターンして山登り。
山登りといっても、以前に道を間違えてオフロードコースのような荒れた道を走ってしまい。
強制冷却カバーのフィンが折れているので。 今回は舗装している道のみ。
※海岸にでる未舗装道路と思って走っていたら四駆が道路をほじくって、サッカーボールの大きさの石がゴロゴロしている道に変貌していました。
前日に降った雪よりも落ち葉が大量に積もっている中を登っていくと、落ち葉遊びをしながら登っていく親子や外人さんも登っていた。こんな日なのに登山客が多かった。
北九州散策ツーリング
TVの効果は凄いなと思いながら、バイクで走り抜けるのは無粋かなと思って途中でUターンする。
そういえば、この山々は昔からキリストの墓があるとか、四十七義士の墓を発見とか。 スポーツ誌のねたになりそうなニュースが流れるが。
それっきりなので、違ったり、模したものだったのかな?
四国の八十八箇所
ただ、今日はトーテンポールや四国の八十八箇所参りなどもみつけたり、木々の中から見える紅葉を楽しんできた。
途中、帆柱稲荷神社の幟を見つけて寄り道すると、ケーブルカーの線路を抜けると、線路沿いは木々が無いので北九州市内が見え、
神社近くは綺麗な紅葉がまだ残っていた。
北九州散策ツーリング
せかっくなので参拝して帰る。
帆柱稲荷神社

 

     プチ紅葉ツーリング

| コメント(0)

今日は朝から病院や整体に通うなど大忙し。
 頼まれた物を買って、次の用事の合間に20分ほど余裕があったので、帰りのルートを変更してダムのある道に寄り道
紅葉は色つき始めてもないと思いながら走っていると、小学生の時に遠足で歩いた道沿いに紅葉を発見。
先の駐車場でUターンしてわき道に入り、30秒ほど走るとモミジの木を発見。
小学校の遠足を思い出しながら、バイクを止めて記念写真を撮る。
プチ紅葉狩り
思い出しついでに10年前までは11月になると、バイクを冬眠させるライダーが九州でも多かった。
私も社会人になってから通っているバイクセンターの柳川・鰻のセイロ蒸しツーリングが
今年最後のツーリング。 翌年、桜の訪れと共にツーリングを始めていたな~

近年は1月末から2月に掛けて峠が凍結するので、それ以外はツーリングに出かけていますが。
ツーリング先は渋滞の激しい道を避けるために峠を越えていく事が多いのですが。
 3-4回、ブラックバーンで路面を数百mほど滑ってからは、渋滞する国道を走るので、遠くに行けないし。
  ツーリングと言えない距離をうろうろしているぐらいかな?

朝、目覚めたときには、泣き出しそうな空模様。
合羽をメットインスペースに積み込んで、バイク屋さんにオイル交換に

アドレスのオイル交換が済んで、DRの修理パーツの社外品を物色が完了する頃には
空はミルクのように白く、青空がかすかに見えて来た。

うふふふふ。。。。、今からツーリングに出発じゃ~
 帰省渋滞を横目に二車線道路を走っていると、十数台のツーリング軍団に抜かれていく。
海岸線を走り、シーサイドで食事。。。。

といいたいけれど、臨海工場地帯は岸壁沿いに工場が並ぶので、工場を眺めながらの昼飯となる。
昼飯を食べて再出発する頃には青空も広がって、信号待ちで停車すると暑かった(^Q^)
DVC00010.jpg
途中から山側に移動して、コーナーを攻め?????
はい。 転倒の恐怖が残っているので、マンホールに視点がロックオン
 おかげで、コーナーの手前で速度を落として、転ばないようにゆったりと抜ける。
  しかし、コーナーの出口で思いっきりフルスロットル。
   通勤快速とあだ名される原チャリなので、グングンと加速していく。
山のワインディングで楽しんで臨海工場地帯に出る。
 目的は小学生の頃にフッシングの為に自転車で来た場所を見に。
あの頃と変わらない大きな工場が多く、小さい頃を思い出しながら前進、前進
 よく、投げ釣で訪れた岸壁はつり公園となっていた。
 
空が赤く色気付いてきたので、 走るのを諦めて帰路に着く。

 

     レッツ4ツーリング

| コメント(0)

バイク屋さんで油を売った帰道。
 まだ、まだ、日に余裕があるので、遠回りとばかりに新門司経由で帰ることにした。
新門司の港を眺め、山を越えて門司駅前に出る。
小倉方面へと走ると、手向山公園の入口に宮本武蔵の看板を発見
手向山公園
何かな?と思って手向山公園によると、宮本武蔵の石碑を発見
NHK大河ドラマで建てたかと思っていたら、宮本伊織さんが1654年に建てた碑文が建てられていた。
宮本伊織さんは今の北九州市にある小倉城が本拠地とした豊前小倉藩(小笠原藩)の家老で、宮本武蔵の養子だったそうです。
宮本武蔵の小倉碑文
石碑は自然の巨石だそうで、武蔵の遺言文字とと漢文が刻まれている。
兵法天下無双と書かれ、剣聖・宮本武蔵が歩んだ道のりが書かれているとか? 読める方は挑戦してみてください。
その近くには巌流島の決闘で有名な佐々木小次郎を偲ぶ、昭和27年に村上元三氏の句"小次郎の眉涼しけれ つばくらめ"が刻まれている
佐々木小次郎を偲ぶ記念碑
今は観光客というよりは、近所の親子が遊ぶ公園となってます。
周辺は背の高い木々の森といった感じなのでが、3F? 4F建ての展望台を昇ると
関門海峡や下関・彦島が見えます。
手向山公園

ツーリングに出ようとAM5時に起きたら雨が降っていたので、二度寝する。
雨戸を閉めるのを忘れていたので、陽の光で目が覚める
窓を開けて外を眺めると、青空。。。。えっ! えっ!

Let'4ツーリング

その後はF1の生中継が終ってから、家族の原付を借りて、プチツーリング
大通りを外れて、裏通りをぶんぶんぶんとミツバチのような音を出しながら
住宅街を抜けて、子供が遊んでいる所はゆっくりと通り過ぎ
 竹林を抜けて、林道を抜け????
  オフロードは、両足を補助輪のようにして抜ける

Let'4ツーリング

貯水池に出ると、大きな駐車場に車を止めて、
 ダムの周辺を走っているランナーは、マラソン大会?と思うほど多かった。

車が後ろに貼り付くと、路肩に止まってパスをしながら、
 峠を抜けて、帰ってくる。 

北九州門司レトロ
バイクセンターのツーリングに参加して角島に行ってきました。

久々にエンジンに火を入れたDR-Z400SMは、温まるまでダダを捏ねてエンストばかり。
北九州メンバーはバイク屋に集合して、北九州にある門司レトロ地区で、福岡本店から出発してきた仲間と合流する予定。
バイクセンタツーリング
門司レトロ バイク屋さんから門司レトロまではスタッフを入れても4台
 ちょっと、寂しく走っていたが、ここで50台以上もバイクが並ぶ。
しばしの休憩だったので、国際友好記念図書館や門司港レトロ展望室や旧門司税関をを眺めながら散策する。
北九州門司レトロ
早朝なのに人力車が目の前を過ぎていった。 へえ~ 意外と楽しいんだよね。
そう、そう、北九州店の店長と、もう少し北九州出発のメンバーを集めたいねと話す。

そして、関門トンネルを抜けて下関へと渡って行く。