山口の最近のブログ記事

 

     豊功神社からの風景

長府の町のクネクネとした路地を走りぬけていると、
やがて、壇ノ浦の戦いの古戦場と朝日の展望で有名な豊功神社へ

豊功神社からの風景ここからは源平合戦・壇ノ浦の戦いに出てくる、満珠島・潮干珠島が見えます。

満珠島・潮干珠島平家は関門海峡の潮に助けられて、源氏をここまで押し込みますが。
ここで潮の目が変わり、源氏が優勢にかわったとか。

そう、そう、二つの島は忌宮神社の飛び地だそうです。

 

     本州最西端・毘沙ノ鼻

本州最西端・毘沙ノ鼻バイクブロスの仲間と一緒に本州最西端・毘沙ノ鼻まで行ってきました。
 

     長府路ツーリング

目が覚めて窓の向うを眺めると雨がさっきまで降っていたよう。
バイクブロスで知り合った方と一緒に走ろうと約束。 20分も遅れて急いで約束のコンビニへ。
コンビニでバイクの話やヒートグローブを触らせて頂く。
微妙な温かさですがインナーグローブなのでこんな感じですね
090117-01.jpg
ここから小型バイクの私が先頭で、霞でかすむ海を見ながら199を走り、
早朝の門司レトロを抜けて、関門トンネルを抜けて、火の山へ。
火の山から見る関門海峡を行き交う船は、は霞も手伝って雲海を進んでいく感じ。
折角の記念にとバイクを並べて記念写真。 携帯電話のカメラでは光量が足りずに手ブレでNG。
※ここの展望レストランは近くは宇部、北九州、下関が見え、遠くは国東半島なども見えます。
ふくの関火の山店
火の山の場所 ここでいったん解散して、みもすそ川公園に立ち寄る。
公園では義経の八双飛びのブロンズ像を眺め、関門海峡に砲口を向けた状態で長州砲が接地されていたので
説明を読んでいたら、コインを入れると発射体験ができるとか?
 目の前に外国船が通過していたのでコインを入れる。
辺りはシーン。  発射ボタンを探していると、突然に爆音とともに砲口に煙が。。。。
最近、海賊行為は軍隊が出てくるほど取締りが厳しいので、いそいそと公園を後する。
長州砲
みもすそ川公園にある長州砲
義経の八双飛びのブロンズ像
壇ノ浦の戦いの記念像


先ほどの方のお店に行って散髪 美容院は初めてなので天井を見るように洗髪されるなど、
緊張していたのか椅子の足に足を引っ掛けたり(恥)(笑)
お店でしばらく雨雲の行方を見ているとしばらくしたら晴れそうだったので長府へ出発。

功山寺
長府は瀬戸内海側にあり、神話の時代に長門国の国府(県庁のようなもの)が置かれ、
近年では、明治維新がここから始まったと言われています。

長府の町並み
古家を利用した喫茶店など
長府の国府後
長府毛利邸
北九州市の門司レトロや萩の城下町のような小京都と違い、旧道を散策するように走ると旧家や古いアパートを利用した喫茶店、雑貨屋さんがある。
アメリカンに乗った女性ライダーが似合いそうな町だな?と思いながら、行ったり、来たり。 袋小路をUターン。
※サクラの咲く頃や紅葉の綺麗な頃がお薦め。
忌宮神社
忌宮神社
長府の町並み
長府の町並み
長府散策を終えて、海を越えて、九州入り。
 瀬戸内海側を走り、遅めの昼飯を頂く頃には薄い青空が見えていたので。
  もう少しだけ、走ってしまう。
 

     萩の城下町散策

| コメント(0)

萩に到着して、武家屋敷付近を原付スクーターで巡る
人が多かったり、進入禁止だったら、エンジンを切って押して歩けばよいから。

と思っていましたが、実際、原付スクーターで萩を巡って見たら
 原付スクーターでも狭く感じる道が多いので、
 現実的には、観光客の多い、旧家見学するために路肩に止めるのは無理でした。
迷惑を掛けるからね。

萩の城下町散策借自転車で巡るのがベストかな?と思う

涼しい時期だったら、バイクをどこかに止めて。
昔のように散策して、隠れ家的な喫茶で休憩したり
 明治維新の志士達の旧家をみたり、萩焼を眺めたりと。。。。
萩の城下町散策

ちょっとタイムスリップした感覚で、志士達の息吹を思いながらの散策は面白かった。

そういえば、萩美術館ができた頃までは野球場跡に車を止めて散策していたけど
数年前に萩博物館が出来た辺りから白壁や土壁の家々が消えて、
片道二車線の道路ができてからは訪れていないな~

萩の城下町散策私の中の萩のイメージが消えてしまったからかな?

折角、散策している観光客が迷わないように、背の低い街路灯のように道の角に案内板があるし。
住んでいる方が不自由を感じながらも、昔ながらの街を守っていたのに。 ちょと残念
ただ、足弱、体弱の方々も観光できるようになったから、しかたないよね。
萩の城下町散策

今回はグルグル巡ったけどバイク用の駐車場を見つけられなかったので、
 バイクで観光コースを歩くテンポで巡ってから萩駅へ

萩の城下町散策
市街地から萩駅は離れています。
萩のホテルでは、マイクロバスでの観光案内をサービスをしている所もあります。

萩の城下町は下記の地図を参考にしてください。
萩城城下町

 

     長門峡への道

| コメント(0)

13日(日)は長門市の波の橋立と萩市の白壁を見にいったツーリングの帰道
いつも使っている秋吉へと抜ける有料道が125ccが通れるか分からないので、川沿いの道を走る。

川沿いの道を走っていると長門峡の看板。
 そして長門峡への入口の目印となっているガソリンスタンド。
若い頃を思い出して、懐かしくなって立ち寄って見ました。

昔、台風被害により道路が荒れてから訪れるライダーが減ったので、
 風景を楽しみながらのんびりと走れるようになった道。
※綺麗とまでは言えませんが、普通に走る分には問題なしです。
長門峡
役場先のダムからは目に映る風景は緑に染まり、橋の赤色が目立つ
長門峡の入口近くになると、大分・耶馬溪のような風景もみえてくる。

自然に出来た柱のような岩を眺めて見ると、川の水が抹茶のような緑色
初めて見た川の色。。。雨が少ないので藻が発生しているのかな? 大丈夫なんかな?と思いながら先へ
長門峡への道
道幅も狭くなってきた頃には、山肌の一部に奇岩が見えたり、長門峡の発電所を見つけたり
 BBQをしたくなるような河原。。。など。 時々、立ち止まり、写真に収めていく。
川を眺めると釣り人や川遊びをしている方も
長門峡
さすがに台風の影響で蒸し暑かったので、汗っかきの私はバイクを降りて長門峡は巡らなかった。
次は涼しくなって、紅葉が綺麗になった頃に来て見たいと思う。

※バイクに跨って写真を撮る姿は目立つらしく、山口市で観光客が観光を終えて戻ってくるのを待っているバス運転手に声を掛けられました。

長門峡は下記の地図を参考に
長門峡

長門峡へは、下記の道路を走っていきました。
県道10号

 

     波の橋立

| コメント(0)

湾内を横切るように掛かる砂州を高台より、
 股の下から除き見ると、天空に掛かる橋のように見えるので天の橋立てと言われる。
こちらは昔から超有名で、天才画家などが題材として作品を残している

そんな天の橋立てに似た風景が、長門市・青海島にもあって波の橋立と呼ばれている場所がある
こちらは地元出身の童謡詩人が詩を書いている。
波の橋立※案内がないので感で探索中。 港からの風景も良いですね。


ただ、観光地化されていないので、橋立の両側から散策するしかないなく、
 波の橋立の草木は防風林として育っているので、砂州というより林の中を歩いている感じだった。
 時期が悪かったのかもしれませんが。。。。途中で退散(ノ<)根性無しですね。
波の橋立
そう、そう、ホテルの前の海岸から対岸を眺めると、仙崎から千畳敷までが見えるのが、ちょっと面白かった。
波の橋立
湖の近くに近づけないかと迷い続け、Uターンしようと田んぼのあぜ道に入ったときに
 運よく、開けた場所があったので、写真を1枚。
波の橋立

波の橋立は下記の地図を参考に
波の橋立

連休は鹿児島? 原付スクーターで天草に一泊二日で行こうと思ってましたが、
台風が近付いているので、天気が読めないので諦めました。

今日、朝目が覚めて天気予報を見ると山口方面が晴れていたので、
予定を変更して、萩まで行ってきました。

今回はツーレポは後にして、
 いつも見ていたツーリングの途中の不思議と思っている物体の話(笑)
 地球儀型のカーブミラー?
いつもは通り抜ける事が多いのですが、
 今回は原付スクーターなので、いつもの不思議を解決しようと立ち寄って見ました。

場所は、下関側から北上して、角島を抜けて
 みのりロードを青海島に向けて走っていると 地球儀型のカーブミラー?があります。
地球儀型のカーブミラー
バイクを路肩に止めて近付いてみると、低木に隠れるように近くの会社のロゴを発見
森に囲まれた会社の入口が分かるように 目印として建てているのかな?

さて、折角なので地球儀を写すと、私が撮影している姿が。
地球儀型のカーブミラー?
見えます?
いつ見ても、ミラー部分が汚れないけど、 磨いているのかな?

 

     プチツーリング つのしま

つのしま
昨年末の予定では南下して熊本を抜け、鹿児島・山川にある砂風呂を目指している予定だった。
今年、いつもの道は夜間通行止めで、昼間はチェーン規制
遠回りだが迂回路はあるが初詣客や規制でごった返している1桁台の国道又は高速のみ。
年末&年始は自宅でごろごろしていました。

初売りに出かけようと玄関を出ると、青空がどこかに行こうと誘ってくれました。

バイクに火をともし、
 この数日の強風で、よそ見している信号機が増えた、市内を抜けて
  河豚に飲み込まれるように関門トンネルを抜け、
   塩を吹いている海岸線を走って、
    レクサスや三菱のCMで有名な角島へとやってきました。

さすがに、この寒さなか、すれ違うバイクは
 角島で休憩中のバイクは2-3台×2グループぐらいしか見かけませんでした。

角島
下関から川棚へと向う道は、シルバーマークの車を先頭に自然渋滞していた。
50km/hの所を30km/hぐらいで走るからしかたないか。(TT)
でも、シルバーマークの車を変に抜くと違反切符切られるから、
 ここだけでなく、片道一車線の国道は大渋滞。 譲って欲しいと思いながら付いていく。
瓦そば

角島でしばらく休憩して、
 灯台をぐるりと回って、お食事会場の川棚グランドホテルへ
ここで瓦そばと瓦せんべいを頂く。 麺だけではお腹一杯にならないので、オカズに唐揚と茶碗蒸しを頂く。
 出発まで時間があるので、ゆったりと、とろけるまで温泉を楽しんで戻ってくると
毎度のジャンケン大会が始まっていた。 今回も何もGETできなかったのが残念

 3時を過ぎて九州へと向かい。 門司レトロにある旧門司税関・喫茶室で談話をして解散
門司レトロ/旧門司税関・喫茶室

 今回のツーリング、北九州店のメンバーは少なかったけど、バイクセンターが本店を福岡に移す前
 20-40台のバイクで走って、お昼はBBQで、色々なイベントがあったのを思い出す。
 夏だったら海水浴ツーリング、春秋はつりツーリング、スタッフが事前に隠した宝を探す宝探しツーリング
 気持ちのよさげな道では集合場所の説明があってからフリー走行。 若手の至りで飛ばす連中もいて、勢い余ってミラーやヘルメットに土がテンコ盛りの人も居た。 けど、不思議と怪我をする人は居なかった。
 年のしめくりは、クリスマスはバイク屋さんの工房でイベント。
 綺麗なイベント会場ではなく、いつもバイクを展示している店内で、ゲームは工具で作っていたっけ。

今は参加者が多いから、イベント出来る会場がないかな?
でも、面白かったな~
 

     黄金の絨毯

| コメント(0)

菜の花のじゅうたんの中を走る
山陰線沿いの道を走っていると、駅前に黄金。。。黄色い絨毯を発見
バイクを押して、菜の花の前で記念写真を1枚。
花とバイク。。。。いい組み合わせですね。

 

     ピンクの桜の中を走る

| コメント(0)
歌野川ダム 歌野ダム
天気が良いので、プチツーリング
関門トンネルを抜けて、山口県の菊川道駅から川棚に向おうとすると。。。
桜満開の案内板に誘われて、近くのダムにチョコと立寄る
ソメイヨシノ君は、まだまだですが、ピンクの彼岸桜が可愛く咲いていました。
小さなさくらんぼのような花が沢山、咲き乱れていました。
 

     角島

| コメント(0)

角島
急にぽかんと用事がなくなった休日
天気が良ければ、角島までツーリング。

訪れても、直ぐ橋を渡って島へと走らずに、手前の丘で、しばし休憩。
 そして、走っていきます。

 

     山口県・角島にて

| コメント(0)

山口県・角島
九州から関門トンネルを抜けて山口へ

角島に訪れると、目の前に広がる、ブルーな海

初めて訪れた時に写真をUPしたら、案内版に日本語が書かれているのに

エーゲ海?とか。。。日本だよと言っても、沖縄と言われたり。

やっぱり、日本海側の海は綺麗だね。

 

     山口県角島

| コメント(0)

山口県角島

定番のツーリング先になってしまった。

 山口県にある角島。。。。高級自動車のCMにも登場しましたよね。

福岡のバイク倶楽部に関門トンネルで合流して、

 唐戸市場で河豚などをつまんで、角島を一周グルリ。。。。

久々だったので、疲れきりましたが。 めっちゃ、楽しかった。

 

     角島に行ってきました。

| コメント(0)

角島に行ってきました。
2月の連休に、久しぶりに角島に行ってきました。
バイクも車検を通したばかり。。。。。