北九州の最近のブログ記事

 

     八幡の夜空、星降るイルミネーション

北九州市にあるスペースワールドや八幡東イオンの近くにある、
東田大通り公園周辺でイルミネーション



八幡の夜空、星降るイルミネーションアドレスV125での買い物帰りに写真を撮ってきました。

 

     海王丸をバックにアドレスV125G

雨が昼までには降るというので、小雨にも強いアドレスであさ練ということで、門司レトロ

門司レトロに来ると、あ~ら~
 海王丸が来ていた。 そういえば、この時期には訪れていたっけ?
 釣客に紛れ込んで、こっそりとアドレス丸と海王丸の写真を1枚。
 ※後悔、先に立たずですね。 DRと海王丸の写真が撮りたか。

 

海王丸
写真について
 門司港に来ていた海王丸。
 手前はかなづちのアドレス丸(笑)

 

     北九州・めかりツーリング

| コメント(0)
門司レトロ 門司レトロ
アドレスV125Gも5ヶ月目で約4000km走ったので、筑後の小京都ツーリングから自宅に戻らずにバイク屋さんへ
まずはオイル交換するが。。。Σ(@@ガーン。 強制急冷のダクトが折れていた。
防風林を走ったときに、オフロードのような道を越えたときに折ってしまったかな?

そう、そう、今年は気温が5度を下回る事が多いのでおいちゃん仕様になるが風防。
 いや、いや、少しだけでも格好良く。 フロントスクリーンを注文する。
天気が良すぎるので、3時前にバイク屋さんを出発して、また、小さな旅に。
門司レトロ 門司レトロ

某ウィスキーの港町編の風景を見に和布刈というか、門司城跡がある山周辺を散策。
関門トンネルの人道がある関門橋を撮影していたら、惑星をイメージした双胴船が航海していたので記念写真。

門司レトロ周辺に来ると関門橋は綺麗に見える岸壁が入れないように金網が作られていた。
釣客が邪魔で荷揚げ作業に支障がでるからかな? わくわくしながら訪れたので非常に残念。 

そろそろお腹が空いてきたので昼飯と思っていたら、この数週間。 日が落ちるのが早くなった。
お店を探しながら散策しているうちに、陽に赤みが混じりだしたので帰路へとつく。
門司レトロ 門司レトロ

朝から雨が降っている気配は無いが、車の屋根の水が消えないといった感じで、しとしと降っていた。
少し空が明るくなってきたので、バイクでツーリング。 100km以上も走らないので、徘徊かな?

ブーンと走って、市の反対側にあるバイク屋さんで珈琲タイム(笑)
ここから門司レトロへと北上を始める。 

う~ん。 スポット的に雨が降っているのかな?
 道路が濡れていたり、乾燥していたり、水溜りがあったり。 坂道で信号待ちで停車したときに、
 湿っている速度超過防止のラインに足を出すと、オイルと砂が雨で流れ出していたようで。
足が滑って、股裂き状態になりながら踏ん張る。

山を越えて、海岸線を走って、門司税関の港付近に来ると、岸壁は釣客で一杯だった。 1km走って、隙間を見つけたので、対岸の下関市をバックに1枚。
アドレスV125Gで北九州・門司レトロへ


そして、歩きなれた門司レトロやその周辺を散策して、遅い昼飯を頂く。 ツーリング中の昼飯は、静かな店内で、ゆったりと食事をしたいので。 いつも店員が交代で食事している頃に訪れる。
アドレスV125Gで北九州・門司レトロへ
なのに食事が出る頃に満席。 う~ん。アドレスで訪れた時のジンクスかな?

食事が終って、R199をを福岡方面に下っていくと小倉駅前も紅葉も終り始めていた。
信号待ちの時に写真を撮るので、手袋をはめてなかったら
外国メーカーのハンドルカバーは隙間が多く、風が入り込んでくる。 日本製に変えようかな?
ただ、日本製はデザインが。 悪いからね。

 

     プチツーリング 門司レトロ

| コメント(0)

用事を済ました足で。。。。
 いえ、いえ、短い足は距離が伸びなかったので
  アドレス君に跨り、門司レトロにやってきました。
関門海峡

出発が遅かったので、源平合戦が行われた関門海峡が見える展望台に到着する頃には、
 この展望台の名物である源平絵巻をタイルで作成した壁面のライトアップされた頃でした。
そういえば、この展望台のある山は昔の城跡だそうです。
源平絵巻が綺麗なタイル画

展望台から見える風景は下関市と北九州市の山々で、海が隔てています。
関門海峡の海は道路のように行き交う貨物船はトラックのように見えてきます。
関門橋はまるで横断歩道のようでした。

手前に見える橋を見ると行き交う車のライトが光のシャワーで綺麗で、
どこかの学校の写真部かな? 学生さんが2人が並んで関門橋を撮影していました。
夕暮れの関門橋とアドレスV125G
最後に関門橋の袂に訪れた頃には
 山間は赤く燃え上がり、空は紫に染まり始めて
徐々に周囲は闇につつまれて来ました。

闇が訪れるのに、
 空が綺麗だと思うのは何故なんだろう?
関門橋
帰り道はR3号線を使って、家路を急ぐ車と一緒に並んで南下
 夏の終わりかな? 今日は夕方だったこともあり、涼しいツーリングでした。


大きな地図で見る今回のツーリングの目的地はここでした。

九州に鉄道が出来た頃に作られた陸橋です。
今の鹿児島本線と違って、最初に出来た北九州を走る鉄道は山沿いに走っていたそうで、
槻田川沿いにある茶屋緑地に建っています。
住宅街の外れ。いや、川沿いの裏道に、鉄道もこの橋梁だけが記念碑として残っています。
旧九州鉄道大蔵線(茶屋町レンガ橋)
春先になると陸橋の傍には桜が咲いて、
ガードレールの下には小川が流れており、菜の花が可愛く集団で咲いています。
公園から陸橋を見ると、SLは平屋建ての屋根を走っていたの?と思う高さまで積み上げていた。
う~ん。 なんだか凄い。
旧九州鉄道大蔵線(茶屋町レンガ橋)
記念写真を撮ろうとバイクを止めて、車が来ない事を確認して1枚記念に。

そして、槻田川沿いの桜並木と菜の花を楽しみながら、あるくてんぽで川をのぼっていく。

 

     桜とバイク(北九州美術館)

| コメント(0)

桜とバイク
ツーリングの途中で、道路の傍らでちょい休憩
道路の向うには桜の花が咲いていた。

 

     桜とバイク(北九州美術館)

| コメント(0)

桜とバイク
北九州美術館の駐車場より桜の花を撮影
このあと、色々な方がバイクや車で。。。ランニングしながら、桜をめでていました。

桜と陸橋とバイク
九州に鉄道が出来た頃に作られた陸橋
川沿いの町の小さな公園のような感じで、今も残っている。
春先になると、小さな公園に桜が咲いており、
 ガードレールの下には小川が流れており、菜の花が可愛く集団で咲いていた。

桜と陸橋とバイク
しかし、陸橋を見てSLは平屋建ての屋根を走っていたの?と思う高さまで積み上げていた。 なんだか凄い。
そして、その鉄道もこの橋梁だけが記念碑として残っていた。
 記念写真を撮ろうとバイクを止めて、車が来ない事を確認して1枚記念に。

 

     美術館へと続く、さくらの小道

| コメント(0)

早速、北九州美術館に繋がる前の道で記念写真。
近所の年寄り達かな? カブで訪れて写真を撮っている方や
健康の為に走っていると思いきや懐から携帯電話を出して、桜の写真を撮っている方も。。。
バイクと桜

桜の季節に美術館に訪れるのは、比較的、交通量が少ないのと
桜を背景にバイクを写真が取れるからです。
バイクと桜と少女の像
桜を見上げている少女の像(本来の像のタイトルではありません)と一緒にバイクの写真を撮って見ました。

桜と少女の像
こちらは小鳥と遊ぶ少女の像で、木々の陰で僕のバイクは真っ黒だったので、桜と像だけにしました。

桜と少女の像
バイクのミラーにふっと、桜を見て楽しんでいる感じに見えたので、
バイクに跨ったまま、振り向きざまに写真を収めて見ました。

満開の桜を見ていると、暖冬の今年でも長かった冬が終った感じがしますね。
桜とDRZ-400SM

 

     北九州・門司レトロ

| コメント(0)

門司レトロ
九州を脱出する前に立ち寄るのが、北九州・門司レトロ。
観光客が増える時間帯から歩行者道路に変わるので、その前に立ち寄って記念写真。
門司レトロ

外輪船などが港の反対側にあるので、バイクの全景を入れるとどこだか分からないので、背景をメインに撮影してみました。
これに可動橋などをいれると良いんだけど。。。。。そこまですると欲張りかな?

北九州・門司レトロ
そして、門司レトロの目印的な蒲鉾をさかさまにしたような給水塔を持つマンションと国際友好記念図書館をバックに1枚。
この後、人力車が三台。。。通過していった。 一緒に入れればよかったかな?なんて思うのであった。

 

     北九州の平尾台へ

| コメント(0)

北九州の平尾台
自然は大切にと、カルスト地形の道がある所をテクテクと走ってきました。
まぁ、バイクだから停車しても交通の邪魔にならない場所もあるので、時々、風景を眺めながら.....

だんだんと、日差しが暖かくなってきたな~