DR-Z400SMの最近のブログ記事

 

     地図はタンクに

| コメント(0)

オフ車ベースのバイクなので、タンクバックに地図は無理だったので、100円ショップの地図をタンクに貼り付けて走っています。
DR-Z400SM 出雲・日御碕

九州内は地図なしでどうにか走っていますが、
 写真のように出雲や松江など、遠くに出かけたときにはこんな感じです。
交差点に止まるたびに自位置を確認しながら走っています。
 そう、そう、大雑把でいいなら高速で頂いた地図でもタンクに貼って走っています。

 

     指宿スカイラインを快走中

| コメント(0)
指宿スカイラインを快走中
写真は指宿スカイラインを走行中の写真です。 高速で100km/hで走っていて遅い車を抜こうとアクセルを開けると、KLE400は徐々に増速する感じです。

DR-Z400SMは簡単に加速して行きます。 特にアクセルの開閉角度がロードバイクと同じなので、KLE400のように加速中に握り直す必要がない。

走行中の感覚ですが、オフ車をモタードに改造したのと違い、地面に足が生えている感じなので巴投げされるような不安感もないらしいです。

体が風をまともに受けるので、腕力とグリップを握る手が痛くなり...減速していきます。
この点はセミカウルがありシートからハンドルまでの距離があるKLE400に軍配があがります。
 

     ツーリング中にて

| コメント(0)
阿蘇・内輪山
ツーリングの途中で、単気筒の加速感が気持ちよかったので....慣らしを忘れてしまう。
車中が軽いからかな? トルクが太いからかな? 走行中でもアクセルを開けると加速感を感じます。
大型バイクに乗っている方の気持ちが分かってしまう。
 

     風の中を走り抜ける DR-Z400SM

| コメント(0)

北九州平尾台
 視点を変えてバイクを眺めてみると、トレール車のままでタンクが特に大きくない。 

 満タンにしてガソリンを8Lを消費した頃にはガス欠となりエンジンが停止するので、予備ダンクに切り替えて早めにスタンドへ

 問題点として、ガス欠が突然に訪れる事かな? 今まで乗ってきたバイクは、そろそろ危ないよと、アクセルを開けたときに不発の振動が増えて、加速度が鈍くなるので分かるが、DR-Z400SMにはない。 燃料コックも小さいので、走行中に切り替えるのは慣れが必要かな?

 しかし、ガス欠でエンジンが停止しても停車しても、コックを切替えると、数秒後にはエンジンは再スタートするので大丈夫

 ちなみに22km/Lぐらいかな? 馴らしが終わってから燃費は測定してみよう。

 

     風の中を走り抜ける DR-Z400SM

| コメント(0)

風の中を走り抜ける
春○番の強風が吹き荒れる中、平尾台へとツーリング。
KLE400の頃は背中を丸めると、セミカウルが切裂いた風を、ヘルメットも上手く後ろへと逃がす感じで風を上手く避けることができました。 DR-Z400SMはもろに風と戦いながらといった感じです。
ただし、横風に対しては、KLE400の時は巴投げされそうな状況でも、こちらはひやりぐらい。 タイヤがグリップがあるのと重心が低いからかな?

ツーリング専用にするなら、GOOSEのように丸型ライトに変えて、刀のようなスクリーンをつけるのが良いのかな?

 

     スズキ DR-Z400SMのシートの硬さ

| コメント(0)

drz400sm
ツーリングで気になる弱点は、シートの硬さです。 50kmも走らない内にお尻が痛い。
ほとんど、立脚に座っている感じ。
やはり、ハイシートにして、車高が高くなった分だけ、車高調整キットを組むのが良いのかな?
それから贅沢言えば、燃料タンクかな。15Lぐらい欲しいけど、タンクを大きくすると操縦性が悪くなるし(><) どないしょかな?

 

     初ツーリング

| コメント(0)
志賀島 初ツーリング??? 春の陽気につられて近くの志賀島へとツーリングに出かけてきました。
タイヤの系が違うとこんなに違うのかといった感じです。
前のバイクの感覚で操作すると、オーバーアクションとなって(~~)...おお怖い。
でも、グリップの良さからこける気がしない...どころか、楽しい(笑)。

たぶん、うまい人がのると、街中や峠では最速なんだろうな~
 

     後ろから撮影してみました

| コメント(0)

DR-Z400SMを後ろから撮影してみました
DR-Z400SMを後ろから撮影してみました
この角度から見るとオフ車ですね。
でも、オフ車をベースに、ロード用に改造したバイクなんです。

 

     納車後に初めての写真

| コメント(0)

納車後に初めての写真
納車後に初めての写真
フロント部分のセミカウルが無いでKLE400と比較して小さくなったのが、寂しい所です。