ドレスアップの最近のブログ記事

 

     アドレスV125Gのドレスアップ

前回、アドレスV125GにMDFグラフィックキットのアタッカーシールをアンダーだけ貼りました。
フロントが寂しいので、こちらもステッカーチューンを検討

ドレスアップされている方の写真をネットで眺めていると、
私が格好良いなと思うのはアドレスV125Gの文字の下に細長いパーツメーカーのステッカーを貼るなり、
レース車両の用にナンバーを右側に貼る または、円いステッカーでした。

そこで誰もアドレスV125に貼ってなさそうで、デザインのよさそうなシールを探し、
 昔、大好きだった攻殻機動隊より、笑い男のシールを発見。  貼ってみました。
MDFグラフィックキットのアンダーカウル色と同じ色と言うこともあり、違和感なさそうです。
アドレスV125Gのドレスアップ

バイクセンター北九州店で油を売ってから、その後、紅葉狩りして来ました。
前方右側から写真を撮ってみましたが如何でしょうか?

アドレスV125Gのドレスアップ大型風防、ハンドルカバー、リアボックスが無ければ、スポーティーでしょう?

おはこんばんわ。 おこたです。

アドレスV125のボディーカラーが特別色のホワイトなので、GSX-Rシリーズのカラーリングにするステッカーを探していました。

バイクセンター北九州店の前店長から教えていただいていたら、M.D.Fのホームページで、MDFグラフィックキットのストライカーキットを発見。
全てのキットを購入して貼ると、GSXシリーズのスクータバージョンといった感じになりますが、私はツーリング仕様ということで、風防とハンドルカバーを付けているので、アンダーカウル部分だけ購入しました。

昨日、「入荷したよ♪」の電話があったので、夕方からバイク屋さんでステッカーを貼りに行ってきました。
新しい店長は初めてだったので、苦労していましたが、綺麗になりました。
アドレスV125をGSX-Rシリーズのカラーリングへアンダーだけ貼ったら、台湾のGSR125のアドレスバージョンになっちゃった。(^^A
う~ん、スパルタンになりすぎて、風防とのバランスが。。。。
暖かくなったらショートに交換しようかな?

 

 

そう、そう、黒バージョンは、ヨシムラカラーといった感じです。

昔、一緒にツーリングしていた方から、マフラーを頂きました。
昔、一緒にツーリングしていた方から、マフラーを頂きました。
エアークリーナを交換して得た低速の粘り気が無くなり。
 50km/hを超えると、スルスルスルメと加速するようになりました。

ノーマルに戻したい気持ちもあるけど。
 見た目は速そうだし、格好いいし。
  音も、アクセル全開すると、良い音色でなくので。
このままにしますね。



それよりも、
 このマフラーってなんていう名前なのかな?
  知っている人います?

昔のウインドシールドやウィンドスクリーンは無色透明が多かったので、スモーク、グリーン、ブルー、ハーフミラーと選択肢の多いカーフィルムを貼って、おじさん臭さを緩和したり。
GSX400Fに乗ってたときはカーフイルムを切って、GSX400Fという半透明の文字シールを作って貼って、オリジナルのウインドシールドやスクリーンにしていました。

旭日製のアドレスV125のウインドシールドは無色透明だったので、その頃を思い出してグリーンのカーフィルムを購入。
透明のスクリーンを止めるための螺子穴ゴムを外して、風呂場に椅子を持ち込んで作業開始。

スクリーンに水を掛けて、カーフィルムを貼る。
 スクリーンとカーフィルムの間の空気を抜くようにヘラで空気玉を隅へと追いやっていく。

しばららくして気が付く。
 ウインドシールドは見た目は曲面が少ないと思っていたのですが、実際には焼酎徳利のように曲湾している。
 上部は風の巻き込みを抑えるためにウインドシールドが掻き分けた空気を上に吹き上げて、
 下部はメーターとの隙間から風を取り込み背中に風の渦が出来ないように緩やかな曲湾しているのだろう。

最初は全体的にカーフィルムを貼ろうとしていたが30分の格闘後に無理と悟る。
方針を下2/3ほどにカーフィルムを貼ることにしたが。

ドライヤーの熱を加えても、駄目
カッターで傷を入れて曲湾させようとするが。  駄目

根性のあるカーフィルムは終ったと喜んで手を上げた隙にストーブで焼くするめのようにくるりん。

それでも、「タコの頭に鉢巻きを巻いて、キューと締めてもしまらない」という状態を続けること1時間。


諦める。 ハァ~ orz


翌日、せめてと、SUZUKIの文字を切り抜いてウインドシールドに。。。。。


Σ@@川 かっこうわるい。
 結局、おじさん仕様に戻しました。

この数日の作業はなんだったのだ。(ノ<)


写真。 撮るのを忘れてました。
 でも、その為に作業するのは。 つらいので、写真無しにて。

風防を付けにバイクセンター北九州店に訪れると、店先に置いてあったアドレスV125Gの新車と中古車に目が止まる。
よくみると、サイレンサー型エアクリーナーが中古に付いていたので新車と比較してみた。
新車というか、私が乗っているアドレスは左側にエアクリーナーが付いていますが、
排気量が125ccもあるので、駆動系の半分の大きさのエアクリーナーが「どか」といった感じで、
さらに「ぼって」と落ちそうな感じで駆動系の上にのっている状態で付いています。
後ろから見ると、ボディーからはみ出している?といった大きさです。


サイレンサー型エアクリーナー

サイレンサー型エアクリーナーに交換してあったアドレスV125Gは駆動系の上に純正のような感じで装着されていました。
WEBで調べてみるとボルトオンで付け替えできる感じです。
サイレンサーのように見えるので右側についているマフラーが大きいと、後ろから見ると左右のバランスが悪い感じがするぐらいかな?


サイレンサー型エアクリーナー

気になる製品ですが、中身はレース活動をされる方やパワーアップが大好きな方の行う、吸気系チューンの定番であるパワーフィルターになってます。
むき出しのパワーフィルターは何も守ってくれないので雨に弱く、全天候製品としてカバー付で出ています。
カバーをはめると空気抵抗がどうしても生まれるので、レース用は状況に応じてカバーをはめる感じですね?
こちらの製品は全天候製品にするためのカバーがカスタムマフラーのようにステンレス製となってます。

吸気系チューンを行った場合、空気の流入量が大きく変化するのでキャブ調整やる必要がありますが、アドレスV125はキャブでなくインジェクションなのでキャブ調整は不可能ですが、変わりにエアークリーナー側で必要吸気量にあわせて無段階に調整できるそうです。
そういう意味では、社外品のマフラーに交換した場合もキャブ調整した方が良いので、こういった製品を付けるといいのかも知れませんね。

個人的にはウィンドウスクリーン、マフラー、エアークリーナーは交換したのですが、1万円も超えるパーツになると「DR-Z400SM」のカスタム費用にしたい思いも出てきて。。。悩んでいます。
まぁ、買わなくてもどんな商品かな?と調べるのも楽しいので。 春先まで悩み続けるのかな?

アドレスV125G用に汎用のホイルテープを買ってきました。
不器用な私でも綺麗に貼れるようにと補助具付です。
アドレス用にとホイルテープを買ってきました。
さて、貼り付けようと思っていたら、雨が降り始めましたので、装着後の写真はありません。
残念。 次の休みで、晴れていて、ツーリングに出かけない日。。。 って、いつかな(笑)


さて、カスタムって、テーマを考えて、
 最終的なビジョンに近づけないと、悲惨ですよね。

DR-Z400SMはツーリング専用車として質実剛健+α。
そのαは旅先で「○○にてDR-Z」というテーマで写真を撮るので、写真映りが良いようにとステッカーを貼りました。
妖艶な写真とか、素朴な写真もいいですが、口紅だけ色が入ったモノトーンの写真の魅力には叶わないと思っていたりするので。

アドレスは。。。
 あれ? なんのイメージもないまま、弄り始めた感じ。
 大丈夫かな?  どうしようかな?

今の原付二種スクーターって、どんなテーマで弄っている人が多いんだろう?

-----------------
11/16
 寒い日なのでテープの伸びが少なく、曲面の厳しい10インチホイルに貼るとしわくちゃになりました。
 お湯を掛けて貼ろうとすると粘着力がなくなり、直線とくの字の連続
 結果、5回チャレンジして諦めました。

 暖かい部屋で貼るか、暖かくなるのをまってから、再チャレンジかな?