通勤・買物便利の最近のブログ記事

アドレスにロングタイプのメータバイザーを装着と言えば格好よさげですが、
ウインドシールドを取り付けました、昔・風に言えば風防です。

今回、購入したウインドシールドは、
昔のような四角の透明アクリルで、怪我しないように角が丸みを帯びているといった風防でなく、
少しはスクーターとの相性を考えた丸みを帯びたデザインです。

ちなみにアドレスV125G用のウインドシールドはメーカによって若干異なります。
 メーカー純正 :台形の透明アクリル?で、シールドを支えるステーが太い。 あれ?カタログに乗ってないけど方落ちしたのかな?
 旭風防 :涙滴のような台形の透明アクリル?で、上側に蛙の目のように出っ張りがあって、シールドを支えるステーが細い。

純正を装着している方が、旭風防の面長なミッキーマウスというか、蛙顔の旭風防・ウインドシールドを推薦したので、こちらを購入
※シールドの上角についている丸が風を上手に逃がしているそうです。
アドレスV125Gにウインドシールド装着
装着感について。
 ★ウインドシールド無しの時。
  ・制限速度で走っていると胸を冬用の厚みのある布団を二枚重ねしたような圧力が掛かっている事を感じます。
  ・フルフェイスでも首から冷たい風が顔や体に染みこんできます。
  ・走行への影響。強風注意報がでる状況で横風を受けるとリアボックスが煽られます。

 ★ウインドシールド装着時
  ・制限速度で走っていても首からシート付近まで無風状態になります。
  ・ジャンバーのジッパーを首元まで開けて、シールドも曇り防止のために少し開けていても、風が動かないので寒くありませんでした。
   逆に停車時に隙間から冷たい風が入り込んできて寒く感じました。
  ・シールド上側のラインは首に付近になるので、身長が低くて座高も低いという方でなければ気にならないかな?
  ・走行への影響。 強風注意報がでる状況で逆風を走ると、ハンドルに抵抗と重みを感じます。
  ・足元が風の抵抗を受けてバタバタするので気になります。
といった感じです。


ちなみに、ウインドシールド装着と同時に、パワーと燃費を簡単にUPできる製品としてカー用品で流行している。 コンデンサーをつけて見ました。
LET'4の時は高速域でエンジンがため息を付きませんでしたが、アドレスV125Gでは分かりませんでした。
その内に良かった、悪かった感想を書いてみたいですが。。。。何も書かなければ状況が変わらないので書くのを忘れたということで。

アドレスV125Gのマフラーガードをメッキ調に塗装しました。

久しぶりにレッツ4の写真を見ていて、普通に写真にして見る分にはメッキ風のマフラーガードに見えるので、アドレスのマフラーガードもメッキ調にとチャレンジ。
急に寒くなったからというのと、会社から帰ってから真っ暗な状態で色を塗ったから塗料が垂れてしまって。 大失敗。
木曜日の夜にコンパウンドで塗料をはいで。 再塗装を開始しました。

駄目かな? 無理だったら。。。 どうしようかな?と思いながら、元に戻せないので、再チャレンジしました。
土曜日の朝の時点で、さらに2~3回ほど、軽く塗れば完成と思いながら、塗料もなくなったし。
この辺で諦めました。
アドレスV125Gのマフラーガードをメッキ調に塗装しました。
目で見ると。
 銀のサテン仕上げといった感じ。 それも超荒い。
 ただ、写真で見ると。 そこそこなんで、よしとするか。

 

     れっぐかばー

| コメント(0)

スクーターの防寒具として、レッグカバーと言うのが、昨年からちらほらと装着した方をネットで発見することが増えてきた。
昔は、エプロンというか、酒屋さんや魚屋さんの前掛けのような防寒着だったので、
 ビニール素材のスカートを履いている感じ? いや、いや、簀巻きにされてバイクにのっている感じで格好悪かった。

しかし、イタリアだったかな? バイクとは関係のない会社が
 レッグカバー内に余裕を持たせて、車体と一体感となるような感じにデザインが変わってからは欧州では地域差はあるそうですが流行しているそうです。
 腰から下を隠すように車体からシートまでを覆う中綿入りインナーや小物入れ。
昨年、この情報を得て、コタツの中に入った状態での移動について、真面目に考えて魅力的でした。
 100円ショップで買ってきたポンチョを改造しようとしましたが、大きさが駄目だったり。


最近、デイトナから販売されているんですが、アドレス用は。。。


(@@)う~ん。 もう少し、大きさが欲しいですね。

風防とならんで、格好悪い代名詞になっているハンドルカバーですが。。

九州だから?
昨年、ハンドルカバーとホームセンターで買ってきた、最新の生地で作った1000円の手袋があれば、
冬場ツーリング中に雪まじり風に変わっても手だけはポカポカしています。
※最新の生地って、人間の汗により発熱したり、糸が中空になっていて熱を逃がさないらしいです。

格好悪いイメージがありますが、オフ車だったら冬場でも元気にツーリングしている元気なライダーというイメージもありますよね。
ただ、ハンドルカバーだったら何でもよくなく、レースグッズやツーリンググッズなどで有名なメーカーと言うことで、イエローコーンだったら良いかな?と思ってDR-Zに付けていました。
やっぱり、名もなきハンドルカバーより、有名なメーカーのハンドルカバーがいいですよね。

ことしはイエローコーンのハンドルカバーをアドレスに付けてみました。   大きすぎるかな?
イエローコーンのハンドルカバー

ちなみにイエローコーンのハンドルカバーは高速券やコインを挟めます。
凄いでしょ。 でも、原付二種は高速は走れないし。

大きなカバーなのに、DR-Zの時のハンドルガードの癖がついているのか、手の入る大きな袋が前方の方に偏ります。
 大きな空間が手よりも先に広がり、冷たい空気が入らないように絞っている部分が手首を締める感じが気になるのが欠点かな?

アドレスV125Gのリアボックス(キャンペン期間だけのオプション)

ガソリン高騰により、隠れた人気のアドレスV125G
 通勤快速という愛称がついた原付二種スクーター
 
トランクルームが他の原付二種スクーターと比較して小さいのが欠点
といっても、メーカー小売希望価格で10~20万円も高い同じ排気量の車体と比較すると狭い。 確かに。

ただ、近い価格帯の50ccクラスと比較するとメットインスペースは同じ容量。
実際、LET'S4より少しだけ大きかった。
メットは十分に入るが、雨合羽が入らないといった感じである。

といっても、通勤や買い物用に最適な通勤快速(アドレス)には
 常にメットと雨合羽はバイクに搭載しておきたいので、リアボックスを付けていただきました。
 大きさは、フルフェイスのメットが入るかな?といった感じです。

アドレスV125Gのリアボックス(キャンペン期間だけのオプション)

ただし、リアボックスをつけると重心が高くなり、中身が入ってなくても不安
 リアボックスを外して走ると、重心が低いので、急なブレーキでも安定して止まる。
リアボックス付きの走りに慣れるまでは、スクータ特有のタンクを足で挟めないから不安が残るかな? 無理しなければ大丈夫か!?。
 ※何を積むかによりますが、重心は低い方が安定するので、リアボックスは走行中は空っぽになるようにヘルメットかな?


そう、そう、キャンペーン期間中に協賛しているお店屋さんがつけてくれるリアボックス
 色々と調べて見ると、ハイマウントSTOPランプに改造するキットも販売されている。
 その内に改造しようかな?

そう、そう、今日は140kmほど走りました。
 ローダウン&ロングホイル、ロングシート化するような改造スクータ集団を
  カラダも、バイクも慣らし中なのに、抜いてしまった(汗)
 事件があったのかな? 黒バイ、軽パトがウロウロしていると思っていたら、
  緊急自動車状態の消防車をすれ違ったり。。。
 途中で携帯電話を落として探しに戻ったり、
  心当たりのある場所まで50km/hの速度で走っていたら、
   途中で轢かれていた携帯を発見できて超ラッキー

夕方、バイク屋さんでたい焼きを頂いていたとき、、
 人気がいいらしいとか・・・ 次は原付二種かな?
そういえば、東北の新聞車が、隠れた人気と行ってたな~

昔から愛用しているのが、ホームセンターなどで販売されているソフトタイプのアタッシュケース(ビジネスバック)

前面にファスナーポケットがあり、本体ファスナーを開けると大きなポケット、携帯ポケット、カードいれ、ペン差し・小物ポケットがあります。
服や本等がばらけないようにバンド紐も付いていて、使いやすく便利です。
後面にもジッパーを開けるとジャバラ式になっており、書類を仕分けて収納できます。

アタッシュケースにショルダーベルトを付けて、ショルダーベルトは座高より長めに。
真面目な中学生が学生カバンを担ぐようにカバンを装着して、スクータやバイクに乗ります。
シートに座ったときに、アタッシュケースも一緒にシートの上に座るようにします。



アクティブなあなたへ リバーセップ ソフトアタッシュケース

この時のショルダーベルトは、バイクに乗っているときの安全の為に荷物が落ちないよう為のダンデムベルトです。
 急ブレーキーやワインディングを走ったときにバックが、バイクの動きについていかないときに役立ちます。
ベルトの長さは説明しにくいのですが、
 アタッシュケースの重みが肩に伝わらないように長く、座席から落ちない程度です。
※ショルダーベルトをたすきがけしているので、落ちたら急にアタッシュケースの重みを感じますが(笑)
 

ただ、問題は防水性がないので、雨の日はカバンが濡れるかな?
 豪雨でもなければ、走っていれば背中は濡れないんですが、信号待ちで濡れるのが欠点かな?
※防水スプレーを塗って、小雨の短時間なら中身が濡れないようにしていますが。


ショルダーベルト付の金属製のアタッシュケースなら、雨の日も大丈夫だけど。。。。
アルミ製のアタッシュケースが流行している時は販売していましたが、
 今はどうかな? 見かけないですよね?