ツーリング便利の最近のブログ記事

最近、アドレスV125に装着しているバイク用のレーダー探知機では反応しないのに、車のGPSレーダーにはここ危ないかもでセーフという事も多く。
何度かセーフ。 結局、ここにいるかも情報が確かなので、DR用にGPSレーダーを注文しました。

購入した製品はバイク用防滴液晶ディスプレー付きGPSレーダー探知機「SH001R」です。
サインハウス バイク用レーダー SH001R GPSレーダー探知機

レーダーはセパレータ式で防水していありますが、アンテナと本体をつなぐ部分は防水ゼロ。
さて、どうやって取り付けようかな?
というのが、車用のレーダーをスクーターやツアラー用に改造したレーダーなので、DRは水に濡れない部分って少ない(汗)
それにモタードに装着するとむき出しなので。。。。ちょっと盗まれそう。
※大型ツアラーとか、大型スクータであれば、OKですが。

バイク用ナビとGPSレーダーを装着すると、こんな感じです。
バイク用防滴液晶ディスプレー付きGPSレーダー探知機

液晶に表示される内容は、ユピテルのバックミラータイプのGPSレーダーと同じ感じです。
バイク用防滴液晶ディスプレー付きGPSレーダー探知機

そう、そう、防水はアンテナと本体も雨しぶきなら大丈夫という感じです。
写真から想像して降りたときに本体を外せるかな?と思っていましたが、外せるようになってなってませんでした。

写真はレーダアンテナをカーナビの下に装着しました。
バイク用防滴液晶ディスプレー付きGPSレーダー探知機

それは嫌なので悩んでいたら、バイク屋さんが取り外しできるようにしてくれました。

が、ケーブルが長い。。。
 配線得意だったら、配線短く出来るのですが、苦手なのと、ケーブルが特殊そう。
 電子工作得意な方ならな~んだだと思いますが、2石以上のラジオキットは鳴ったためしがないので。

結局、バイクセンター北九州店の店長さんと話して、ポーチにケーブルを入れて、脱着しやすいようにしました。

 

     ハンドル/アクセルグリップ

グリップは振動対策のレース&ストリート用グリップと交換しました。
単気筒エンジンが高回転時の独特の細かな振動を緩和し、グリップ力を高めるゲルをグリップ外部に使い。
ハンドリング性を考慮した高密度のラバーはグリップ内部に使っているそうです。
ヨーロッパにおけるハンドルグリップの代名詞で、実力は世界選手権レベルで実証されているそうです。
ハンドル/アクセルグリップ
長時間、グリップを持つのが楽になるようにアクセルワークが楽チンなようなタイプがあります。
逆にドレスアップを狙ったようなタイプも、その中から指と指の間に出っ張りがあるオフロードGRIPをチョイス。
ツーリングが楽な形状を選びました。
ハンドルグリップだけを見たときは、根元の部分が大きすぎて格好悪いと思ってましたが、取り付けてみると丁度良かったです。
 

     FTR用工具箱をDR-Z400SMに装着

| コメント(0)

DR-Z400SM用のテールバックは、スタイル的に違和感が感じる。
ジッパー付で、鍵無しなのに車検証や工具などを搭載します。
簡単に盗まれそうなので、走る時に必要な車検証は、ジャケットのポケットに入れて走ってました。。
よくある話で、一度、落としました。 かつ、出発する時に忘れて警察に職質されないかと、どきどき(ノ<)
テールバックの部分がリアキャリアより少し高いので、荷物を積むとテールバックが荷物をヘの字に押すように当たって邪魔だし。。。。

この解決にDR-Z400SMのオプションパーツでリアキャリアが販売されていて、このサイドに工具箱が付きますが鍵が付いていない。
バニアケースをつけると重心が高くなるのが嫌だし、折角のモタードなのにという重いから諦めていた。
FTR用工具箱をDR-Z400SMに装着
2月のバイクセンターのツーリングで、スタッフが乗っていたFTRの工具箱を見て、手で寸法などを測るとDR-Z400SMにも付きそうだった。
そのスタッフに聞くと、パーツとして手配できるというので、DR-Z400SMにFTRのFTR用のカギ付工具箱を取り付けました。
なんか、純正のような感じで綺麗に付きました。 もちろん、DR-Z400SM用のテールバックは外しました。

 

     DR-Z400SMライトバルブのH4化

| コメント(0)

DR-Z400を愛用している友人からライトが暗いというので、DR-Z400SM(初期型)を買ったと同時にHID化しました。
DR-Z400SMライトは原付用のライトと同じ。 スズキのレッツ4と同じバルブが使えるので、便利といえば便利なんですが。
公道を30km/hでしか走れない原付と、高速も走るバイクのライトと同じというには。 いや、DR-Z400SMの方が暗いような気がします。

そこでHID化しようと探すと、店長が何度もお薦めでないというメーカしか販売してなかった。
う~ん 清水の舞台から飛び降りるつもりでとHID化しましたが、
半年以内にHIとLOWの切替ができなくなり、クレームで交換。 しかしし、1年以内に運が悪いとライトが点灯しない。
結局、ノーマルに戻して、ツーリングが日が登る前に出発して、沈む前に帰ることにした。

セローのRAIDランプキット 又は DJEBELのライトと思ってバイク屋さんに話していたら
DR-Z400SMのイメージがなくなるから。 モタードでなくなるので、D-TRACKERのライトに交換してH4化しませんかとのこと。
H4化すれば、バイクのHID化するにも実績のあるメーカーのパーツが使えるというので、本日交換してきました。
DR-Z400SMライトバルブのH4化
DR-Z400SM純正のライトカウルを加工すればD-TRACKERのライトに交換できて、DR-Z400SMのイメージが壊れないというので交換
新しいD-TRACKERが発表されたので、そろそろこの技も使えなくなるかな?
DR-Z400SMライトバルブのH4化
見た目はノーマルライトと変わらないですね。
明るさライトパターンがスポットからワイドに変わったので、日が暮れてもツーリング可能かな?ってな印象。
周囲が明るかったので。。。。使用後の感想はそのうちにね。

まぁ、原チャリバルブのHID化で明るかったので、暗いと思えばHID化しますね。

近くのホームセンターで、ぬくぬくグローブを買って来ました。
アトムという会社がThinsulateで作ったグローブで、軽作業用の手袋ですが、 原付スクータだし、ハンドルカバーしているので、購入しちゃいました
※Thinsulateは、羽毛のように細かいマイクロファイバーで、空気を動かないようにした中綿素材です。
雪が降る街をハンドルカバーとこのぬくぬくグローブをしていると、首などの外気に触れる部分は痺れるほどに寒いのに、手は体熱でポカポカしています。

冬でもツーリングに出かけるので、DRZ-400SM用にイエローコーンのハンドルカバーを購入しました。
DRZ-400SM用にイエローコーンのハンドルカバーを購入
値段が原付スクータ用の3倍もしますが、大きく、頑丈で、高速券などを格納することができます。
原付用が優れているのは、手袋にグリップ、レバーとミラーを刺し込む穴が空いているだけですが、こちらはウエットスーツのような生地の上から紐(帯)で縛るので、すきまが多いです。

また、私のDRZ400SMはミニタイプですが、ハンドルガードを付けています。
その上から装着するとミラーとハンドルガードが邪魔をして、手首辺りまでしか覆ってくれません。
ハンドルガードを外した方がいいのでしょうが、頻繁に乗らないのでそのままにしました。

さて、バイク用のあったかグローブを購入すれば、原付で体験したように手元はぽかぽかですね。
それでも寒ければ、ハンドルカバー内に使い捨てカイロでも入れておけば良いのでしょうね。
DRZ-400SM用にイエローコーンのハンドルカバーを購入
そう、そう、ハンドルカバーは格好悪い代名詞ですが、
 雪が降ろうと走り回るライダーは、グリップヒータだけでなく、ハンドルカバーをしている方も増えています。
  イエローコーンなどのメーカからもツーリンググッズとして販売されました。
そのうち、路面が凍結してないなら、雪が降ろうと、風が強かろうと、ツーリングに走り出すライダーのアイテムになるのかな?

 

     HIDに交換しました

| コメント(1)

HID
納車前にバイク屋でライトの明るさを調べようと覗き込んだら....
眩しくも無い上に暗さを意味する橙色。 納車が遅れて良いからとHIDバルブに交換しました
新しいHIDは、普通乗用車並みに明るくなりました。 ただしライトは交換していないので、スポット的で横への広がりがありません。 小遣いをためて、ライト交換も必要かな?
そう、そう、DR-Z400Sに乗っている友人は、ノーマルライトなのにヘッドライトが暗すぎて車検を通過できなかったそうです。 交換して正解だったようです。

大型リアキャリア
付けない方が多いのですが、ツーリングにでるとお土産などを買ってくるので、大型リアキャリアを購入しました。
標準でついてくる袋は外したいけど、ボルト穴が目立ちそうなので....そのままにしています。
※3年目にリヤバックは外しました。

リヤBOXは重心が高くなり、走りがモタードらしくなくなるので、
必要であればサンダーバード2号のように用途に合わせた荷物を積んだ箱を自転車ゴムで搭載しまくるので、私としてはこちらの方が便利です。

後日、小型リヤキャアに交換しようと探しました。
しかし、前後方向に短くなるタイプはありますが、横幅は変わらないので、そのままにしています。