そのたの最近のブログ記事

 

     タイヤ貧乏

リアタイヤの溝が無くなったのに気が付いて
 早いもので、中央部に網目上の模様が現れたりと
  新しいパターンが生じてきたので。

車のタイヤを交換して、
 アドレスのタイヤ交換に続いて
  DRのリヤタイヤを交換してきました。

ノーマルタイヤは、冬場でも消しゴムのカスのようなしわしわができるし。
ノーマルタイヤなのに、4000kmも走るとタイヤ交換なんて。

小市民には辛いです。
 だって、7~8回ほど、ツーリングに出るとタイヤ交換。
神様がアドレスで我慢しなさいと言っているようで

    す。(笑)


アドレスは
 アドレスで良いんですが。
DRも、
 DRなりに楽しいですから。

そこで、バイク屋さんに相談して、
 飛ばさない方なので、少しツーリング向けのタイヤにしてみました。
DR-Z400SMのタイヤ

 若いころは数冊の雑誌を購入して研究したり、友人に聞いていましたが。。。。知ったかぶりの友人にひどい目に会ったこともあり。
※ひどい目:2STのマフラーはガソリンで焼く。。で、髪の毛がアフロになりました。

 それで、バイク屋さんに任せた方が無難なのを学習したのと、百聞は一見にしかずということもあり。
 ツーリング専門なので、ノーマルタイヤより長持ちするタイヤで、
 リッターバイクに必死になってついていくこともあるので、ある程度はグリップが欲しいという条件をつけて
 バイク屋さんに選んで頂きました。


んで、写真のタイヤをリヤにだけ装着しました。

気がつかない程度にグリップは犠牲にして、長持ちしてくれるといいんですけどね。


そう、そう、アドレス125のタイヤを購入したときに書きませんでしたが、
リヤタイヤに履かせたのはダンロップのTT92GPです。
 

     ヘルメット ワンタッチクリップ

面倒なことが大嫌いなので、
 ヘルメットを装着する時に顎紐をしめるのは面倒ですよね。
何しろ。 紐が外れないように、ワッカに通して、折り返す。
 走っていて、良い風景を見つけたら、
交通の邪魔にならないようにバイクを止めて、写真を撮りますが。
 普通のライダーとちがって、ハンパナイ
ヘルメット ワンタッチクリップ
おかげで、紐をつけるのを忘れることは度々
 いつもパタパタと言う、音で気が付きますが、
  安全な場所を探して、停車して、再装着するのも。。。。
安全第一だから、ソロの時は直ぐに止めて装着しますが、
 マスツーリングの時は難しいですよね。

そこで、ヘルメットワンタッチクリップを購入してみました。
走行中にぱっちっとはめることは難しいですが、
 信号待ちの時にバックミラーで顎紐位置を確認すれば
  はめることができます。

新しいメット用にも購入しようかな?