ドレスアップの最近のブログ記事

昨晩の忘年会の帰り、
 風が強いので,道路は積雪というよりも、凍結という感じでした。
でも、遅く目が覚めると、氷も融けていました。

さっそく、タイヤを交換してきました。
アドレスV125用タイヤをHOOPに交換ノーマルは8千km、TT92GPでは3千5百kmで坊主に。
TT92GPでは、みんなと一緒に走っても、ツーリング中の安定、安心感はあるんですが、
ノーマルではコーナーで、アクセルを戻したくなるシーンでも、平気で走り抜けました。

今度はその中間をオーダーして、今回のタイヤとなりました。

指で触ってみると、
 ノーマルは、スーパーカー消しゴムに対して、TT92GPは練り消しゴムといった感触
 今度のタイヤは普通の固めの消しゴムといった感じです。




さて、新しいタイヤはどんな感じなんだろう?
 年末は阿蘇まで走りに行けるかな?
 阿蘇までの峠道、ノーマルタイヤで走れるようにならないかな~

 

     DR-Z400SM インナーフェンダー

マジカルレーシング製品のDR-Z400SM用インナーフェンダーを春先に購入していました。

スーパーマグ DR-Z400用インナーリアフェンダー

購入して分かったのは、純正のリアフェンダーの裏側に、もなか上にかぶせるものでした。
つまり、実用的な製品で、外見から見えても装着しているのが見えない。

現在、装着していないのはフェンダーレスにしてしまったので、長さが異なってしまい装着できなくなりました。 残念。

フェンダーレス化していない方に、装着したときの状態の写真を撮らせていただければ、
あげると行ってますが、まだ、バイクセンターに置いています。

やっぱり、フェンダーレス化している方が多いらしいですね。

バイクを玄関横に止めているんですが、
 止め方が悪いと、大きなリヤフェンダーが邪魔して、
  玄関のドアが閉まらないことも。。。あります。

フェンダーレスが流行しているので、
 私もフェンダーを切ってしまうだけでなく
  レスキットを組み込んで、無くしてみました。



フェンダーレスにしてしまうと多くの方はリフレクターがないままなんですよね。
でも、リフレクターが無いということは整備不良ですよね。

普段は何も言われないと思うんですが、
 暴走族取締りに出会ったら、面倒だなと思って。。。
※実際に他のブログで知った話ですが、切符きられた人がいるそうです。

そこで、小さなリフレクターをつけて見ました。
小さなリフレクター

どうでしょうか?
 大きさはいいのですが、地上からの取り付け位置が道交法ギリギリといった感じです。

バイクに跨っていたら、車高は下がるので大丈夫でしょうね。

道路が空いている間にツーリングに出発するんですが、
 以前も早朝から阿蘇に向っていたら、暴走族が出ていたらしく。
  補助灯をハンドルにつけていたら注意。
ソロツーリングなら良いですが、マスツーリングの時はメンバーに迷惑をかけるので。
 整備不良にならないギリギリらしい小さなリフレクターを付けてみました。

本当はブレーキランプとナンバープレートの間に付けたかったんですが。 売ってなかったっす。

 

     ウィンカー付きハンドルガード

DR-Z400SMのハンドルガードを交換しました。
ウィンカー付きハンドルガード
ウィンカーとハンドルガードが近いので、
 ウィンカーを外したり、下方に移動できないかと検討しました。

ハンドルガードのウィンカーが暗いので、純正のウィンカーを外せませんでした。
 純正のウィンカーの位置を下げれないかと検討しましたが、ハンドルを切ったときに車体に干渉するので駄目ですね。
ツーリング主体なので、やっぱり、このままにする事にしました。

ハンドルガードの感想ですが、
 オフロードを走らないので不用と思いますが、ファッションということで。。。
 小さいハンドルガードですが、指先に風が当たらないので、晩秋から早春に掛けては装着していると手がかじかみにくくなります。

タンクもステッカーを貼って、ファイアーパターンに完走完了しました。

DR-Z400SMをファイアーパターン
M.D.Fさんのステッカーは炎の部分だけの切り抜き出なく、黒シートに赤いファイアーパターンのイラストが書かれています。
おかげで、本来のステッカーチェーンの目的である転倒傷を隠せて、バイクのイメージが変わることができます。
今回、最初の目的のカウル交換を行わずに済んで、バイクのイメージが変えることができました。

後ろから見るとこんな感じです。
DR-Z400SMをファイアーパターンに改装完了
スーパーモタードに詳しくない方が見るとDRZ-400SMが本田技研製に見えるのは悔しいですが、ホンダレッドじゃないのでいいかな?
ちなみに右が店長のDRZ-400SMです。 比較してみると随分と雰囲気が変わったでしょう?

 

ハンドルガードもLEDウィンカー付で、ハンドルグリップも赤黒に交換しました。
この時点で、写真を見ていて気が付いた方もいると思いますが、フロントフェンダーがショートタイプのスーパーモタードフェンダーに交換しています。
タンクも貼りなおして、ファイアーパターンに完走完了しました
ここまでは、以前までの話を読んでいれば気がついていると思います。


今回はさらにフェンダーレスキットを組み込んで、リアフェンダーは無くなり短くなってます。
他の方と違うのは、ツーリング中に注意されると他の方に嫌な思い出を作るので、保安基準ギリギリの「デイトナのスリム リフレクター」を付けています。
※後ろから見えれば良いやと思って、春まではナンバープレートホルダー裏にアクリル板を貼り付けて、テールライトとナンバープレートの間に付けていました。

 

     リムステッカーとブラックチェーン

足回りって、タイヤのチョイスぐらいで気にしない方が多いですが、足回りのキリリとドレスアップしようとリムステッカーを貼りました。
純正のホイルが黒なので、赤のラインステッカーを選択すると、口紅だけを付けた女性の口元のように
特徴の無い足回りが、キリリとしまった感じになりました。 次はタイヤに入っているメーカー文字を入れたい気分ですね。
リムステッカーとブラックチェーン
チェーンは寿命が来ていたので交換しました。
縁の下の力持ち的なパーツなので、渋く、
カスタムを気にする人だけが気が付く、ブラックチェーンにしました。

チェーンも目立たなきゃという方も、
 ブラックだと汚れが目立ちにくいのと色々な色が映えるので、
 ブラックチェーンにして、色が付いているオフロード車両用のチェーンオイルを使えばいいしね。
あれ? 今は「MOTULメンテナンスチェーン ルブ オフロード」の黄色しかないのかな?


01.jpg

カメラを引いてみると、こんな感じになります。

 

     DR-Z400SM(ファイアーレッド)へ改装中

バイク屋さんにヘルメット代を払いに行ったついでに愛車のカスタム状況を見て着ました。

転倒した傷跡は浅いので、カウル交換しないで、M.D.Fのグラフィックキットを貼ったら?と言われて、下記の二つが最終候補として残る

1.ストライカーイエロー

2.ファイアーレッド

大半の方がSUZUKIのバイクという事と、ファイアーは派手すぎるよとストライカーイエローをお薦めされる。
ストライカーイエローにかなり心が傾くが、若い人たちがファイアーレッドを推薦していたので。。。

それと気になっていた本田技研(HONDAさん)のオフロードが採用している赤は、MDFさんが使っている赤が近いならストライカーイエローにしようと思って

偶然にホイルにリムストライプを貼ろうとMDFさんに注文していたので、その赤を比較してみると違う。 チャレンジも兼ねてファイアーレッドを採用

DR-Z400SMにファイアーレッドを貼ると派手すぎるかな?なんて思っていましたが。
 モタードベースなので、派手というよりも、渋い感じで格好良かったです。
DR-Z400SM ファイアーレッド
※まだ、タンクは貼ってません。

ファイアーレッド
※フロントからの写真。 奥に見えるのもDRZ400です。

気になるのはツーリングに使用するので リアキャリヤが必要なんですが、付けると格好悪くなりそう。
実を取るか、ファッショナブルをとるか悩んでいます。
 とりあえず、キャリヤは黒くしてつける予定ですが。。。どうしようかな?

バイク屋さんにステッカーを貼っている途中を見たいからとお願いしたら
 作業中、適当なタイミングでUPしてくれているので、ちょっと楽しみです。
http://blog.livedoor.jp/bc_fukuoka/

 

     スーパーモタード フロントフェンダー

DR-Z400SMのフロントフェンダーはオフ車のようだったので、
バイク屋さんの店長が交換していた「ACERBIS」の「スーパーモタード フロントフェンダー」を見て、私も交換しました。

スーパーモタード フロントフェンダー
※ACERBIS スーパーモタード フロントフェンダー

フロントフェンダーはタイヤが巻き上げる泥や雨を防いでくれるので、
 小さくなると効力が低下して、泥や巻き上げた雨を体に浴びやすくなります。
でも、私はロード・ツーリング専門なので、泥跳ぶような状況はなしい。
 巻き上げる雨で苦痛を感じる機会も少ないしね。 ← 雨が降る日は走らないし。 どうしてもの時はアドレスかな?

スーパーモタード用の小型軽量フェンダーはUFOとACERBISから販売されています。
 両方の製品共に裏側はラジエターに風を送るような整流効果を狙ったスリットが入っていますが、両者のデザインは見える部分です。
 UFOはカタログで見るとノーマルと同じデザインで、見える部分は風を切るようなデザインのACERBISにしました。

ノーマル フロントフェンダー
※ノーマルのフロントフェンダー

写真もUPしますが、比較用に写真を撮ってないので差が分からないですが
 オフ車ベースのモタードから、フロントが引き締まってスーパーモタードといった感じになったかな?

 

     100円ショップ カスタム LEDキャップ

100円ショップ カスタム
バブルキャップを100円ショップで発見
 タイヤに空気を入れたり、空気圧を測定した時に、良く無くすんですよね。
 いや~。 100円ショップで販売していて助かった。
 柔らかい黒プラなのに、意外と高いんですよ。

ちゃう、ちゃう
 現在のキャップと交換するだけで、
 バイクが走り出すとLEDが点滅する、ドレスアップ製品です。
 欠点はボタン電池3個必要なので、連続60時間というのかな?
 

     100円ショップ カスタム シートカバー

100円ショップ カスタム
100円ショップでスクーター用のシートカバーを発見
ネットで純正が一番安いのですが、3000円強です。
100円ショップでは105円と言いたいのですが、さすがに525円で販売していました。

シートが破けていないのに、黒シートに黒シートカバーを被せるような趣味はありませんが。

最近、染Qといったシートを染める製品が販売しているので、レッツチャレンジと思って買ってきました。

実際に装着してみると、アドレスV125Gには小さい。
肌触りはシートと同じだけに残念です。

 

     DR君も少しだけ回復中

| コメント(0)

DR君はツーリングに出ても不自由しない程度には修理していますが、
 握力と腕力が衰えて、とうぶんDR君に乗れそうもありません。。。。残念。

給料日に小遣いの1万円札を本に挟んでいたのを忘れていて、
 この間、発見したので、アドレスのパーツと思いながら、DR君のパーツを注文しました。

ZETA アーマーハンドガード ベンド
ZETA XCフラッシャープロテクター

ウインカーを付けると、ピカピカ光るそうです(笑)

次はボディーを交換している事になりますが、
 折角なので、純正品よりカッコいいパーツメーカー品があればと探しています。

そう、そう、アドレスのパーツで考えていたのは、風防。。。いや、いや、スクリーンです。
 販売されているスクリーンはデザインと無関係に地面に対して直角ですよね。
  ショートスクリーンは短すぎで、効果は????

う~ん。 アドレスV125の格好よいスクリーンが欲しいですね。
 ヘロヘロのときに乗ると風が気になるし、長時間のると風で疲れますよね。
日本はスクリーンを外すのが流行しているので、
 イタリアなどの欧州で流行しているパーツは入荷の可能性はないし。
  パーツカタログを見ていたら、カタナ用のスクリーンが付かないかな?と思ってバイク屋さんへ
   穴を開けるのと、若干、カットするかもしれませんが、取り付きそうとか?
う~ん。 次はアドレス君のパーツかな?と悩んでいます。

リフレクション(反射)ステッカーはジュニア世界ラリー選手権用に開発された夜間反射タイプのステッカーです。
夜間のステージで後続車両や対向車の発するヘッドライトによってSUZUKロゴが浮き上がり、
ギャラリーの目を引くために作成されたステッカーだそうです。

バイクセンターさんの店長に無理を言って仕入れてもらいました。
SUZUKIのリフレクションステッカーをリアスイングに貼りました、
昼間はリアスイングの材質の色に近いので、近くで見ればSUZUKIという文字が見える程度ですが、
夜間はライトに照らされて浮かび上がるSUZUKIの文字が浮かび上がります。


リフレクターシール SUZUKI
昼間のリアスイングの写真です。
 目を凝らしてみると、SUZUKIの文字がやっと見れる感じです。



リフレクターシール SUZUKI
夜間、フラッシュを焚いて撮影したリアスイングの写真です。
 暗い中、SUZUKIの文字が光って見えます。



安全とちょっと小粋なステッカーチェーンは如何ですか?

 KAWASAKI KLE400からSUZUKI DR-Z400SMに乗り換えて、一番に思うのが、同じ400なのにパワフル。
バイク屋さんに聞くと、九州ではガスが濃いので、調整すると燃費が伸びるとか?
 キャブをヨシムラにしませんかという、お誘いかな?
たしかに、マフラーをヨシムラマフラーにした人のバイク音を聞くと、バイク乗りにとってはよだれがでそうだけど。。。我慢我慢。

今、探しているのは、DR-Z400SM用のスクリーン
 KLE400はオフ車のボディーにセミカウルが付いていて、
  飛ばさない私は、そのカウルの効果なんて、ぜんぜんに感じなかった。

DR-Z400SMに乗り換えると、長距離ツーリングや高速道路を走っているときに、スクリーンが欲しくなる。
ヘルメットよりアンダーに風がこないだけで、これだけ疲労感がないということに驚く。

スクリーン、昔はカタログを見ないで注文しても販売していたけど、DR-Z400用さえ見かけない。
欲しいな。 

drz400smにナックルガードをつけてみました
ナックルガード、私はオフロードを走らないので不要のはずなのですが・・・・・
ツーリングにでると風圧や冷たい風などから守ってくれているようで、仲間が手がかじかんだので休憩しようといっても、平気というぐらいに違うようです。
メーカ品はかっこ悪いので、バイク屋と相談してこれにしました。