さくら咲く/北九州市

| コメント(0)

さくら咲く/北九州市桜並木のある川沿いの道を走っていたら、気持ちの良く咲く桜を見つけたので

バイクに跨ったまま、1枚、桜と川の写真を撮影してみました。

 

あら? アドレスのミラーなどが写りこんでしまました。

 

     下関・花見ツーリング

太陽が昇る前に出発して、待合せの下関野球場近くのコンビニへと走る。
ここで花見弁当として、両手サイズの山賊おにぎりと渋茶を購入
下関・花見ツーリング 猫の花見
白鳥で有名な深坂自然公園を軽く流しながら走り、湖畔に桜が移りこむ公園で花見
既に先客が居ましたが、ラジオを体操をして、湖畔を散策かな? 挨拶。
ここでは湖畔に写る桜を狙って、公園を散策する。
下関・花見ツーリング 下関・花見ツーリング
再び走り出して、菊川道の駅近く、千本の桜で有名な歌野側ダムへ
ここで桜の下にバイクを止めて、山賊おにぎりをほおばりながら、渋茶でのどお潤し
せっかくなので、愛車と桜のある風景をカメラに納める。
猫の花見 下関・花見ツーリング

散髪時間まで時間があるので、菜の花で有名な小月に行こうとしたら雨が振り出す。
空を見て、晴れている長府一宮・住吉神社へ。

散髪の時間まで、先客の猫と花見をしてきました。

 

     阿蘇の桜の下見に。

桜の開花情報がTVより、ガンガン流れるので、
 何も考えなくても北部九州の峠が凍らないと思い込んで、DR-Z400SMで阿蘇路を走ってきました。(^^ゝ

なんて思い違いで、福岡の小石原峠の気温計は「-1℃」と表示されていました。
へぇ~、マイナス表示するんだと思いながら、冬用の手袋していても指先はしびれる程寒かったし。
道路周辺は凍っていて、太陽の光で解け始めて湯気が立っていました。
 ※そういえば、写真を編集して気が付きましたが阿蘇山頂に白いものが残っていました。
阿蘇内輪山
本日はは大観峰に10時について、南阿蘇を探索しました。
いつも渋滞しているR265、R325を避けて、高森の箱石峠を下りた所から高森田楽村に抜ける道路に入り、白水瑠璃温泉に出るルートを走ってきました。
 舗装されていて気持ちよかったです。 ← ペンション風のレストハウスもありましたので、後日、チャレンジかな?
下田城ふれあい温泉 高森町・ペンション通り
高森の千本桜と一心行の大桜は白い花びらの山桜なので、曇り空だと映えないので、手前の道路をスルーしてしまう。
駅舎が温泉場と併設されている下田城ふれあい温泉に立寄る。

お昼はガッツリと食べたかったので、知合いの南小国のパスタ屋さんで
 久しぶりに阿蘇ハヤシライスを頂いて来ました。
阿蘇ハヤシライス
 

     北九州美術館に繋がる道。

美術の森公園の中に、道路があり、少女をテーマにしたブロンズ像が展示されています。
桜の季節に美術館に訪れるのは、比較的、交通量が少ないのと桜を背景にバイクを写真が取れるからです。
北九州美術館に繋がる道。
満開の桜を見ていると、暖冬の今年でも長かった冬が終った感じがしますね。

今年も訪れてみましたが、まだ、まだ、来週でも写真を撮りにたま、立ち寄ってみます。

北九州美術館に繋がる道。

 

     石橋と桜とバイクと

今年で、10年目になるのかな?
 毎年、桜の季節に石橋と桜のコントラストが素敵な美里町の大窪橋に訪れています。
 私のように旅の途中で立ち寄った感じで、どこで撮影したのか、石橋と桜を撮りたい人のお気に入りスポット

熊本・大窪橋初めて訪れたときは、工場の入口であり、消防局の影に隠れていたので、
 仕事で真横にある橋を渡る車がいない時は、
  川で遊ぶ小鳥、黄色く可愛い菜の花が咲いており、
 そらを見上げると、水割りのミルクに青インクを垂らしたような青空が広がっていました。

熊本・大窪コンビニが出来た一昨年から、桜の花を望遠レンズで接写する方が増えてきましたが
 カメラを持って訪れた方は、お互いにレンズに入らないように気を使いながら写真を撮っています。
※バイクを橋に近づけて撮影しているときは誰も居ない時で、人が増えるとレンズに写り込まない場所に移動して撮影しています。

今年は写真を撮っている人がいるのに気にしないで、ガヤガヤと三脚を出して撮影する方も増えて来ました。
せめて、動いてくれ(ノ<)と思ってしまう。

熊本・大窪たぶん、狙った桜の花びら以外をぼかした定番のフレームを撮りたいのかな?
 望遠レンズを持たなくても、花びら以外はぼけるような写真も撮影できる場所もあるのに。
  松橋方面へ、少し走った所に旧中央町の体育館駐車場で撮影したらいいのに。
熊本・大窪

 

     下関・歌野川ダム/桜ツーリング

天気予報が午後から雨で、しかも嵐と自身ありげにいうので
 小市民の私は、90%(昨日の段階)という数字に負けてしまい。
本日は阿蘇ツーをあきらめて、山口ツーしてきました。 それも、嵐になっても良いように、アドレスに乗り換える。
原付二種だと、おもいっきり振り回せるというのが楽しいということもあり。

目的地は、下記の場所ね。

大きな地図で見る

風は強いが、気象庁発表の自身満々な、降水確率90%が本当にほんとに?
 雨は降るのかな?と思ってしまう、極上天気

 しかも春の陽気で暖かいなか、海を越え、山口に上陸。
朝の通勤時間帯?につかまり、渋滞に巻き込まれるが。
 アクセルを全開にして、車の流れを乱さずに走れるぐらいハイペース(ノ<)

下関市街地を抜けると、陽射に暖められて田んぼから、温泉のように湯気がのぼる
重たい空気に蓋をされているように湯気は溜まり、風景は水墨画のように変わる。
下関・菊川 下関・菊川
下関市民の憩いの深坂自然公園を越えて、直線が気持ちの良い道路にでると
 ずし~んと、身を切るような寒さに襲われながら、菊池道の駅へ

ここから、少し山手に向かい。
菜の花や水仙に囲まれた田んぼ道を走り、歌野川のダムへ
このダムは湖畔沿いに、彼岸桜とそめい吉野が植えられていて、早咲きの彼岸桜が満開でした。
歌野川のダム 歌野川のダム
歌野川のダム 歌野川のダム
今日は強風と雨が気になったので、早々と帰ってきましたが、
次回はもうすこし足を延ばして、角島までツーリングと洒落込もうかな?
 

     春先のメンテナンス完了

メンテナンスといっても、自分では整備していませんが(^^)ゞ
バッテリー、スパークプラグ、パワーケーブルの交換が完了しました。

後はレーダーとヘルメットスピーカーの連携を図れば、完璧かな?
調整は、バイク屋さんのツーリングに参加した時にでも。(汗) 
充電してなかったので。



スパークプラグは交換時期を迎えていたので「マックスファイアー スーパーイリジウム」にして見ました。
何が、どう、違うのかは、素人には分かりませんが。 「マックスファイアー」と「スーパー」という名前が増えたので、気持ち的には早くなったような?

マックスファイアー スーパーイリジウム気がしています。



そう、そう、イリジウムも呼び方が豪華になったので、
 昔、50CCのバイクに乗り始めた頃に、交換していたガンスパーク、プラグキャップやパワーケーブルを懐かしんで、
 カタログには加速やパワーアップと描かれていますが、分かるほど神経質じゃないですが、交換して見ました。

プラグキャップやパワーケーブル課題は交換したことが分からないことかな?
エンジン周りが灰色一色なので、色を入れようと交換したのですが、エンジンとタンクに隠れてしまいました。(汗)


バイクセンターからの帰り道
  中低速がUPした感じがしましたが、
   新しくなったからか? パーツを交換したからか?

それとも、性能UPしたように思っているだけなのかは分かりません。(ノ<)

梅を植えてハワイ旅行で有名な大分県の大山町では、春の訪れを知らせるように梅が満開となります。
ここでの有名な梅園は「豊後・大山ひびきの郷」近くの大久保台梅園です。
早朝なのに駐車場は満車でしたが、原チャリスクーターなので駐車場のデットスペースに止めて散策

原付二種De花見ツーリング小さく、可愛い梅の花や、花畑(梅の花)を眺めた後は、愛車と一緒に梅の花を写したいので、
昨年、チェックしていた場所に移動。 といっても、数百m先ですが。
 畑の中の小道を入ると、食用梅の畑なのに、3本だけ何故か、枝垂れ梅が咲いている。
 この場所でスナップショット。   バックの青空がまぶしかった。

梅の咲く頃に。 原付二種De花見ツーリング再出発して、松原ダムからスカイファームロード日田へ
 気持ちよくファームロードを走った後は、ファームロードからR212へ抜けるように整備している道を発見
 名前もグリンロードという立派な名前&看板が立っていましたので、その内に下城の大イチョウ付近に出てくるようになるかな?

R212に出て大観峰でUターン。
 知り合いの南小国ソバ街道入口にある生パスタレストラン「プチトマト」で、ライダー専用の裏メニューを頂く。
 肉も美味しかったけど、パンにしみこんだ肉汁もGoodでした。(^~^)

梅の咲く頃に。 原付二種De花見ツーリング帰りも下城の大イチョウからファームロード抜けていると、
 スカイファームロード日田沿いに、日田おおやま梅まつりの案内を発見。
朝、立ち寄った大久保台と違う場所なので寄り道
 こちらは、ふるや台梅園とかで、こちらは駐車場もなく、軽自動車がやっとの道。

梅の咲く頃に。 原付二種De花見ツーリング車で訪れた方はふるや台梅園に面した道路から見学。
 私はスクーターなので、迷惑を掛けないように園内に入り。 写真をぱっしゃ。
 大久保と違って、訪れる方が少ないので、隠れたスポットといった感じです。
 ※案内版はありますが。

十分に写真を撮った後は、ファームロードに戻り帰ってきました。

 

     は~るになれば、きれいな花が咲いて

梅の花が咲く季節になると、
 どじょっこだの、DRっこだの
  春が来たと思うベナ

三岳梅林公園こんばんわです。 おこたです。
2/21は暖かったので、エンジン始動できなかったDRをメンテナンスしようとして、
いつもの調子でバイクの電源をON
キュルキュル。。ガスの臭いが付近を漂う。
好感触だったので、服を着替えて
押し掛けしながらセルを回すと、エンジン始動
そのまま、エンジンの慣らしと、梅を見に走ってきました。

三岳梅林公園DRも冬眠から目覚めて、走っても我慢できる寒さとなりました。
そろそろ、風防の付いていないバイクでもツーリングできる季節ですね。(汗)
梅は北九州の三岳梅林公園で、撮影しました。
まだ、まだ、7部咲きといった所ですが、大勢の方が訪れていました。

ホンダジョーカーとスズキアドレスの原付二種スクーターでツーリング

関門トンネル・門司側で待ち合わせして、
 R2を小月、植生、厚狭バイパスを走り抜けてきました。
いつもは高速道路のような流れですが、
 この日はちょうど良い流れ、たまに休憩して、速い車を受け流す。

原付二種ツーリング原付二種なので山口市内のバイパスは走れないので、 
 宇部市の二俣付近の山中より道の駅きらら方面へ

「道の駅きらら」付近の道路は、警察車両が多いので、
 ゆったりと走っていたら、レーダ取締り、白バイなどのオンパレード。

おお凄いと言いながら海岸線を走り、中関を抜け富海より、R2号線と再開。
 峠越えをして、徳山市内を走り、下松SA付近の喫茶店でお食事。

帰りは14時半過ぎには出発する予定ですが、
 バイクの話題で盛り上がりすぎて、喫茶店を出発したのはPM5時過ぎ
その後の色々なイベントをクリアーしながら。
 6時過ぎに無事に徳山を脱出して、23時前に無事にたどり着きました。

 ホンダジョーカーとスズキアドレスで、原付二種ツーリング

日が沈むと急激に寒くなり、気温は1度まで下がるので、コンビニで何度か休憩する。
定番の「みちしお」で貝汁付きのマグロと揚げ豆腐を頂く。
 夜遅いのに、このお店は引っ切り無しにお客さんが入れ替わるほどの大盛況

九州に上陸すると、日中が暖かかったので、
 周辺地域の暴走族が大集合といった状態でした。
信号待ちで一緒になると、警察から暴走族と間違われるので、
 スピード出している車に隠れるようにパスして。。。。家路へ

 ホンダジョーカーとスズキアドレスで、原付二種ツーリング

大きなバイクでのツーリングも楽しいですが、
 小さなバイクでのツーリングも違った意味で楽しかったです。
 

     豊功神社からの風景

長府の町のクネクネとした路地を走りぬけていると、
やがて、壇ノ浦の戦いの古戦場と朝日の展望で有名な豊功神社へ

豊功神社からの風景ここからは源平合戦・壇ノ浦の戦いに出てくる、満珠島・潮干珠島が見えます。

満珠島・潮干珠島平家は関門海峡の潮に助けられて、源氏をここまで押し込みますが。
ここで潮の目が変わり、源氏が優勢にかわったとか。

そう、そう、二つの島は忌宮神社の飛び地だそうです。

最近、アドレスV125に装着しているバイク用のレーダー探知機では反応しないのに、車のGPSレーダーにはここ危ないかもでセーフという事も多く。
何度かセーフ。 結局、ここにいるかも情報が確かなので、DR用にGPSレーダーを注文しました。

購入した製品はバイク用防滴液晶ディスプレー付きGPSレーダー探知機「SH001R」です。
サインハウス バイク用レーダー SH001R GPSレーダー探知機

レーダーはセパレータ式で防水していありますが、アンテナと本体をつなぐ部分は防水ゼロ。
さて、どうやって取り付けようかな?
というのが、車用のレーダーをスクーターやツアラー用に改造したレーダーなので、DRは水に濡れない部分って少ない(汗)
それにモタードに装着するとむき出しなので。。。。ちょっと盗まれそう。
※大型ツアラーとか、大型スクータであれば、OKですが。

バイク用ナビとGPSレーダーを装着すると、こんな感じです。
バイク用防滴液晶ディスプレー付きGPSレーダー探知機

液晶に表示される内容は、ユピテルのバックミラータイプのGPSレーダーと同じ感じです。
バイク用防滴液晶ディスプレー付きGPSレーダー探知機

そう、そう、防水はアンテナと本体も雨しぶきなら大丈夫という感じです。
写真から想像して降りたときに本体を外せるかな?と思っていましたが、外せるようになってなってませんでした。

写真はレーダアンテナをカーナビの下に装着しました。
バイク用防滴液晶ディスプレー付きGPSレーダー探知機

それは嫌なので悩んでいたら、バイク屋さんが取り外しできるようにしてくれました。

が、ケーブルが長い。。。
 配線得意だったら、配線短く出来るのですが、苦手なのと、ケーブルが特殊そう。
 電子工作得意な方ならな~んだだと思いますが、2石以上のラジオキットは鳴ったためしがないので。

結局、バイクセンター北九州店の店長さんと話して、ポーチにケーブルを入れて、脱着しやすいようにしました。

バイクブロスで出会った仲間と、豊前の国にある港へ

火曜日から雪模様が続いた後の晴れだったので、風除けの無い冬眠中のDR-Z400SMでなく、アドレス125Gで参加する。
みんなのバイクを見て後悔(リッターオーバーでした)。 う~ん。 DR-Z400SMをたたき起せばよかったかな。

今週は何故か白バイが多く、本日もトラック1台を挟んで前を走っていました。
気持ちよく飛ばして、トラップの白バイを抜かないように、曽根バイパスを抜け、空港通りを走り抜けて、
コンビニで握り飯を焼き芋を購入して、貝類の宝庫である陸続きの島へと渡る。
※行橋の箕島が今回の目的地で、昔から貝堀などでお勧めです。
豊前の一粒牡蠣ツーリング

島に渡り、漁港を抜けて、
 奥にある牡蠣小屋が見えてきたが、BBQ会場は駐車場の中。
 うそ~と思っていたら。 前を通り過ぎて、その先へ

海産物の作業小屋?と思ってしまう、奥にあるお店へ
 バイクを停めて、小屋の奥の堤防に通される。
豊前の一粒牡蠣
目の前に広がる周防灘(すおうなだ)では、潮干狩り?や海鳥が遊んでいた。
 海の向こうは北九州空が見える。 それと続く橋。
 視点を山の方へと移動すると、雪が残る平尾台。 およよよ。

牡蠣をキロ単位で注文して、
 陽射しがそそぐなか、焼いて。 頂いていく。
豊前の一粒牡蠣ツーリング
豊前の一粒牡蠣は大きいので大味と思ってしまうが、中身もプリプリに詰まり、
 やっぱり、日本三大修験霊場でもある英彦山等々から注ぐ、豊かな自然に恵まれて育った牡蠣。
 芳醇な海に囲まれているので、旨みも凝縮されていました。

さらに生食用に井戸水のブレンド海水で菌&塩抜きしているので、
 何も付けなくても、炭火で焼いただけでちょうどよい潮味。 かみ締めると口の中に広がる海の幸

お店屋さんも牡蠣の食べ方を教えてくれたので、牡蠣を口へと運ぶペースもスピードアップ。
そう、そう、日本人なので醤油の香りは大好きなので、同じ味に飽きてきた頃には醤油をたらして頂く。
コンビニで買った握り飯などの食材も焼きながら。。。 お腹は膨らんでいく。

落ち着いた頃に、他の方のテーブルを見ると、牡蠣の味噌汁、炊きこみ飯やフライが美味しそう。
 お腹と相談して味噌汁を追加注文 野菜いっぱいで、牡蠣とみその旨味のコラボ 
 海の栄養が一杯詰まっている感じで、味噌仕立ての潮汁といった感じでした。
豊前の一粒牡蠣ツーリング 牡蠣の味噌仕立ての潮汁

ん。 久々に満足して帰ってきました。
豊前の一粒牡蠣
DRのパーツが揃っていたので、明日は久々にパーツを取付けに行きます。
 行きつけのバイク屋さんに近いので、帰りに牡蠣ボール(たこ焼きの、牡蠣バージョン)を買いに行こうかな?

本日のルート
 

     春の足跡 みっけ in Fukuoka

こんばんわ おこたです。
今日は志賀島まで走ってきました。 金印はホットドックしか見つかりませんでした。

さてと。

R3が渋滞していたので、宗像から唐津街道を走っていく。


古賀SAに、もう少しという所で、菜の花畑を発見。
冬と思っていたら、福岡には、既に春の足跡が聞こえる。
しばらく、菜の花を見ながら休憩して出発。

アドレスV125Gと菜の花
そふそふ、高速は原チャリなので走れませんが、
 古賀SAの施設は一般道からも入れるので、学生の頃は食べに訪れていました。

久山から古賀に出る道から海へと進路を変更

後ろからハレー軍団に追い抜かれる?
 どこどこ。どんと10台ほどでツーリングのよう
私の前を走っていたアメリカンの方を追い抜けなくて。
 走行中にやっとこさ抜いても、赤信号待ちのときに前をふさがれるので。

R495に入るとMyバイクの音が聞こえる状態に戻り、三苫から海の中道へ。

遠足? 子ども会のイベント。 海ノ中道から歩いてくる子供の団体とすれ違う。
手を力いっぱい手を振る子供もいた???

あれ? 私以外にバイクに乗っている人いない??
え? 私? に?

DRだったら、力いっぱい手を振り返すけど。
 アドレスだったので、気がつかない振りして通り過ぎる。
  横目で見ると、残念そうなかお。 振り替えせば良かったかな?


さて、ビデオ撮影開始と思いきや、

 今日は、ゆったりと走るスリー・ポインテッド・スターと仲が良く。

やっとこさ、抜いても。 次 次に。 ほんと。 今日は多かった。

志賀島
志賀島は交通量が少ない右回りで走りぬける。
 いつもは右回りの方が多いので、本日は何故か左回り。
グルリと写真を撮るのを忘れて走ってきました。


帰道は駅伝渋滞を避けるように海岸線を走っていると、
 ツーリング仲間で参拝かな? バイクが多かった。

遅い昼飯にと、波津近くの博多地どり市右ェ門で、から揚げ、ごぼう巻き、ミンチボールを購入
 でも、信号の度につまみ食いするもので、家に付く頃にはから揚げが無くなっていた。

でわ、でわ、おやすみ。
 明日も、天気が良いと良いですね。

桜島をバックにDR-Z400SMの写真を撮りたいと思って、
昔、高速道路を使って鹿児島まで日帰りして来ました。
行きは高速道路を走ってきましたが、帰りはもちろん下道です。

道に詳しくないので、真っ直ぐに北上して来ました。
桜島で写真を撮り、霧島を駆け抜けて、九州山脈を突き抜けて、阿蘇に出て帰ってきました。


日帰り・九州縦断ツーリング

日帰りではありませんが、下記の日記も参考にしてください。
垂水・桜島付近-桜島ツーリング

地図を持たない気ままな旅・九州縦断ツーリング
 

     宮崎ツーリング

宮崎ツーリング
高千穂や延岡方面にツーリングに行くときに参考にしてください。
 

     英彦山・裏耶馬溪めぐり

紅葉の季節は紅葉狩りツーリングと洒落込んで、英彦山や裏耶馬溪を巡ってきます。

Yahoo!ドライブ ブログパーツをお楽しみいただくには、JavaScriptの設定を有効にする必要があります。
設定の方法はヘルプの「JavaScriptの設定方法」をご覧ください。


英彦山での紅葉スポットは
 麓にある油木ダムや尾根伝いの道を走っていると野峠近くで高住神社
耶馬溪での請うようスポットは
 英彦山麓は猿飛の甌穴群
 裏耶馬渓から深耶馬溪にかけて、立羽田の景、内匠の景などがお勧めです。
  有名な一目八景は人が多すぎて、交互規制となる日も 

朝は天気が良かったので南下していたら、まもなく雨に降られたので、急いで帰ってきました。
雨が降るので、明日の予定の買出しに出かけ、お掃除が終わる頃には、雨が止んでいた。

先週、別府に行ったときに原付二種スクーター(アドレスV125)が泥だらけだったので、バイクを洗って、近場の門司レトロを走ってきました。
関門橋
海岸線沿いの道は、台風が近づいた時のような風で、吹くたびに、エアーブレーキー。。。。昔の悪夢が蘇りそう(飛び込み前転失敗)

門司レトロを散策して、和布刈公園を一周


大陸からの黄色い砂が大気中を漂っていて、風景は(xx
冬場は空気が澄まなくなってきた。

アドレスV125Gと関門橋

門司港の西海岸


帰りも門司レトロの海岸線を走っていると、空は青空なのに雨が降り出したので、急いでおうちへ

信号待ちしていて気がついたが、雨水が塩辛いし、原付二種スクーターや服に白い斑点が。。。。。

黄色く染まった車を見ながら、本日、二度目のバイクの洗車を行う。

車は明日、雪が降った後に晴れたら洗おうかな?
 

     海岸線を走り唐津へのツーリングコース

海岸線を走り唐津へのツーリングコースです。

福岡では杉納舎でお酒でなく、パンや酒蒸饅頭を頂きます。
唐津では、鏡山、唐津城、くんちの山車の展示
玄海では九州の祭りなどを特集している発電所のビジター
呼子では烏賊などの海産物を頂いて、帰ってきます。
 

     角島・門司レトロツーリングコース紹介

新門司を走り、せっかくバイクで訪れるので門司レトロは、関門海峡を行き交う船を眺めながら田ノ浦、和布刈公園を巡って訪れます。
門司レトロで少し遊び、関門トンネルを抜けて、対岸の下関ではカモンワーフや唐戸市場を巡ります。
下関では、赤間、火の山、長府を巡ってきます。
 赤間神宮では、源平合戦を偲んで参拝し、
 火の山の展望台よりは、関門海峡や門司の山々の向こうを船が行き交います。
 長府では、明治維新発祥地として、古い民家を眺めて歩きます。

さて、さて、出発して、白鳥で有名な池などを巡って、瓦ソバで有名な川棚へ
 車でしたら、このままR191ですが、バイクでしたらクネクネ道路をと言うわけで、美人の湯で有名な?大河内温泉経由でR191に出ます。

後は、響灘を眺めながら角島に訪れて、北九州に帰ってきます。

バイクを出すと雨が降り出したので、出発を遅らせ目的地を別府から唐津へ変更

まぁ、唐津に変更したのは、天候によって目的地を変更可能だから。


波津の海岸 最悪は志賀島かな?と思いながら走っていたのに、玄海バーガーまであと、30分の所で大粒の雨。

波津の海岸の走行を、先日装着した、ビデオカメラを回していましたが、

 途中であきらめて、Uターンしてきました。


青空は見えていたのに、多少濡れても良いようにしていたのに、
  雨脚が強くなったので、Uターンして帰ってきました。

天気予報は曇りのち晴れだったのに、雨がふったり、止んだり。

 朝から30分だけバイクに乗って、1時間ほど休憩してを繰り返しています。


下記はコース案内図です。

 個人情報もあるので、出発地はお世話になっているバイクセンター 北九州店からの出発にしています。
 朝から30分だけバイクに乗って、1時間ほど休憩してを繰り返しています。 下記はコース案内図です。

Yahoo!ドライブ ブログパーツをお楽しみいただくには、JavaScriptの設定を有効にする必要があります。
設定の方法はヘルプの「JavaScriptの設定方法」をご覧ください。

出発地はお世話になっているバイク屋さんにしています。

桜便りに誘われて、3月末から4月に掛けて、

 熊本・阿蘇周辺へ 愛車の写真を撮りに行っています。

 週末のたび人より:さくらさく便り・阿蘇方面

 

このコース見所は

  ・美里町の石橋と桜
  ・山都町の通潤橋の放水シーン
  ・高森町の旧道を利用した千本桜
  ・阿蘇市の阿蘇神社
  ・南阿蘇村の一心行の大桜
  ・日田市のしだれ桜


原付二種スクーター(アドレスV125G)にビデオカメラを装着して見ました。

前置きとして、アドレス125Gミラーねじを利用してRAMマウントを使い、カーナビを取付けています。
カーナビを使う機会は少ないので、普段はクレドールだけがバイクに付いている状態です。
ツーリング目的に合わせて、カーナビ、ビデオカメラやレーダー探知機をハンドル周りにゴテゴテと装着するのでなく、
サンダーバード2号のような感じで、目的に合わせて交換できると良いなと思っていました。
また、防水型SDデジタルビデオカメラの「アクションカムATC2K」は2年前に購入していたのですが、無理しないとバイクへの取り付けは大変だったので部屋の肥やしになっていました。


さて、話を戻し
 先日、ネットを見ていたら「アクションカムATC2K」を三脚に取り付けるキットが販売されていたので、早速購入しました。
 通り寄せたパーツを使うと簡単に三脚に取り付くことを確認してから、RAMマウントのカメラベースも購入しました。

カーナビからビデオカメラへ変更するのは、RAMマウントのソケットのねじを緩めて、ヘッドを交換して、ねじを締める。
三脚ネジにビデオカメラやコンパクトカメラを装着するだけで完了。 慣れると2分もあれば交換完了。
その逆のカーナビに戻すのも容易でしたので、ツーリングにカーナビやビデオカメラを持っていって、休憩中に交換できそうです。

参考:
 三脚キットを装着した「アクションカムATC2K」と、目玉の親父風の物体がRAMマウントのカメラベースです。


アクションカムATC2KとRAMマウンターデジカメ用 「アクションカムATC2K」をアドレス125に装着した状態は下記の写真です。 ビデオカメラを取り付けている感じではないですね。

原付二種スクーター(アドレスV125G)にビデオカメラを装着して見ました。なお、今回、装着に利用したRAMマウントは重たさに制限があると思いますが汎用品です。
 右写真はRAMマウントのカメラベースのみを装着した状況で、先日購入したコンパクトデジカメは装着して走行可能でした。


RAMマウントのミラーベースはねじ穴が合えばDR-Zにも装着できそうですが、こちらのバイクでは「ぼのぼの」と走っているので、装着しても撮影するかな???


走行中の動画。。。画像が汚く、動画サイトにUPすると、デジタルノイズが酷い(ノ<)
見るに耐えられないので諦めました。 天気の良い日でないと無理みたい。 また、肥やしかな??????

 

     九重・阿蘇レトロツーリングコース紹介

宇佐を経由して九重・飯田高原や阿蘇を巡るコースです。 院内から玖珠に抜ける道は、斜面をつなぐ橋や奇岩焼き岩の見える風景も良く、お勧めです。
 

     阿蘇レトロツーリングコース紹介

大分中津経由で阿蘇に行って、日田経由で帰るコースです。

昨晩の忘年会の帰り、
 風が強いので,道路は積雪というよりも、凍結という感じでした。
でも、遅く目が覚めると、氷も融けていました。

さっそく、タイヤを交換してきました。
アドレスV125用タイヤをHOOPに交換ノーマルは8千km、TT92GPでは3千5百kmで坊主に。
TT92GPでは、みんなと一緒に走っても、ツーリング中の安定、安心感はあるんですが、
ノーマルではコーナーで、アクセルを戻したくなるシーンでも、平気で走り抜けました。

今度はその中間をオーダーして、今回のタイヤとなりました。

指で触ってみると、
 ノーマルは、スーパーカー消しゴムに対して、TT92GPは練り消しゴムといった感触
 今度のタイヤは普通の固めの消しゴムといった感じです。




さて、新しいタイヤはどんな感じなんだろう?
 年末は阿蘇まで走りに行けるかな?
 阿蘇までの峠道、ノーマルタイヤで走れるようにならないかな~

 

     床屋発祥の地

下関・彦島の展望台1ヶ月ぶりにエンジンに火をともそうとするが芯から冷え切っているようで、
駄々を捏ねるので押しがけと、セルを交互。 どうにか走り出す。
これから寒くなりますが、時々、近所を1-2時間ほど走った方がよさそうだわ。
久々に乗るので稼動部分を慣らしておこうと。
 スピードの出せる高速に乗り、バイクブロスの知り合いとの待合せ場所へ
カモンワーフから門司レトロ地区を眺める。 さて、今回のツーリングの目的は
12月13日は正月事始め,正月を迎える準備を初めるために髪を切りに。
何か、バイクで走る理由が欲しいな~と思っていたら、運が良いのか、この日は美容室の日
さらに、髪関係の記念地は無いかな?と思ったら、
 カモンワーフの手前にある亀山神社に「床屋発祥の地碑」があ事を発見

早速、行って来ました。
発祥の理由は、大陸からここに伝わってきたとかです。
下関の髪結床 発祥の地
下関・彦島の展望台 その後は、彦島に渡り外国航路の船が税関待ちしている、六連島が見える展望台でひときゅうけい
バイクブロスの知り合いはお仕事があるので、この後でわかれ。
私は深坂や王司温泉をめぐって、髪きりに。
帰る頃にはDRも調子良くなったので、
 高速を一区間、100円で走れる間に数往復と思っていたら。
小雨が振り出したので、そのまま、高速に乗って自宅方面へ
下関の異人館
 

     帆柱・河内のプチツー

おはこんばんわ。 おこたです。

久しぶりに河内貯水池を走ってきました。

帆柱周辺を走り黒崎ICから、どっこいしょと山道を登り河内へ
この峠の途中で振り向くと、芦屋の向こうに広がる海まで見える。

峠からの風景 芦屋や宗像方面が見えますね。河内貯水池で一休みして、南河内橋の前で休憩。
本来のめがね橋は2重の石造りの橋を指しますが、
こちらの橋は見た目が眼鏡のように見えるから、
通称「めがね橋」と呼ばれています。

河内貯水池というか、南河内橋という名前だったのを初めてしりました。


この後は田代から山を越えて、合馬方面抜けて
金龍 ラーメンの油ソバを1杯
 100円ショップで買い物して、帰ってきました。

柿木

ツーリング中に気になったのは、木になった柿のみ
しっかりと陽に当たって、干し柿風になっていました。

最近、アドレスV125に装着しているバイク用のレーダー探知機では反応しないのに、車のGPSレーダーにはここ危ないかもでセーフという事も多く。
何度かセーフ。 結局、ここにいるかも情報が確かなので、DR用にGPSレーダーを注文しました。

購入した製品は
 バイク用防滴液晶ディスプレー付きGPSレーダー探知機「SH001R」です。

サインハウス バイク用レーダー SH001R GPSレーダー探知機

バイク屋さんから「届いた」の連絡が来たので、見に来ました。

レーダーはセパレータ式でしたが、アンテナと本体をつなぐ部分は防水ゼロ。
DRは水に濡れない部分って少ない(汗)
※大型ツアラーとか、大型スクータであれば、OKですが。

アンテナと本体も雨しぶきなら大丈夫という感じです。
 写真から想像して降りたときに本体を外せるかな?と思っていましたが、
  外せるようになってなってませんでした。


さて、どうやって取り付けようかな?
 カーナビもあるので、気分に応じて交換できるのがベストだけど、できるかな?

装着するためのパーツが来るまでバイクセンター・北九州店に預けていますので、
 興味のある方は、見てみてください。

 

     九重山は白い帽子を被っていた。

大観峰には9時ごろに到着したが、休日なのにバイクは僕だけ。
いえ、いえ、1台ほどやってきました。

しばし休憩して山なみを走り、途中から池田水源へ

九重山とアドレスV125池田水源からヒゴダイ公園を抜けると、九重山は白い帽子を被っていました。
瀬の本の三愛レストハウスで休憩していると、暖かくなったからか段々とバイクが増えてきた。

九重山は白い帽子を被っていた。

Yahoo天気

ドライブプラザボックス

ガソリン価格


gogo.gs

みんなの足跡


ジオターゲティング

Googleアフリ