ツーリング目的に合わせて、カーナビからビデオカメラへ

原付二種スクーター(アドレスV125G)にビデオカメラを装着して見ました。

前置きとして、アドレス125Gミラーねじを利用してRAMマウントを使い、カーナビを取付けています。
カーナビを使う機会は少ないので、普段はクレドールだけがバイクに付いている状態です。
ツーリング目的に合わせて、カーナビ、ビデオカメラやレーダー探知機をハンドル周りにゴテゴテと装着するのでなく、
サンダーバード2号のような感じで、目的に合わせて交換できると良いなと思っていました。
また、防水型SDデジタルビデオカメラの「アクションカムATC2K」は2年前に購入していたのですが、無理しないとバイクへの取り付けは大変だったので部屋の肥やしになっていました。


さて、話を戻し
 先日、ネットを見ていたら「アクションカムATC2K」を三脚に取り付けるキットが販売されていたので、早速購入しました。
 通り寄せたパーツを使うと簡単に三脚に取り付くことを確認してから、RAMマウントのカメラベースも購入しました。

カーナビからビデオカメラへ変更するのは、RAMマウントのソケットのねじを緩めて、ヘッドを交換して、ねじを締める。
三脚ネジにビデオカメラやコンパクトカメラを装着するだけで完了。 慣れると2分もあれば交換完了。
その逆のカーナビに戻すのも容易でしたので、ツーリングにカーナビやビデオカメラを持っていって、休憩中に交換できそうです。

参考:
 三脚キットを装着した「アクションカムATC2K」と、目玉の親父風の物体がRAMマウントのカメラベースです。


アクションカムATC2KとRAMマウンターデジカメ用 「アクションカムATC2K」をアドレス125に装着した状態は下記の写真です。 ビデオカメラを取り付けている感じではないですね。

原付二種スクーター(アドレスV125G)にビデオカメラを装着して見ました。なお、今回、装着に利用したRAMマウントは重たさに制限があると思いますが汎用品です。
 右写真はRAMマウントのカメラベースのみを装着した状況で、先日購入したコンパクトデジカメは装着して走行可能でした。


RAMマウントのミラーベースはねじ穴が合えばDR-Zにも装着できそうですが、こちらのバイクでは「ぼのぼの」と走っているので、装着しても撮影するかな???


走行中の動画。。。画像が汚く、動画サイトにUPすると、デジタルノイズが酷い(ノ<)
見るに耐えられないので諦めました。 天気の良い日でないと無理みたい。 また、肥やしかな??????