大分名物・椎茸丼ツー

バイクブロスの仲間と北九州市内で待ち合わせて、耶馬渓・木精座へ
※目的地の木精座は、中津・耶馬渓町にある廃校を利用した喫茶店で珈琲の濃さを○○gと量で好みの味わいが選べる。

山越えして行橋を抜けて、椎田バイパスの終点から内陸部に少し入って豊前広域農道を走る。
今回のルートはYahooのルートに登録したので、楽しんでください。

Yahoo!ドライブ ブログパーツをお楽しみいただくには、JavaScriptの設定を有効にする必要があります。
設定の方法はヘルプの「JavaScriptの設定方法」をご覧ください。


青の洞門で、喫茶・木精座がオープンするまでに時間があるので、早めの昼飯を頂く。
このお店は黒豚トンカツや十割蕎麦が美味しいのですが。
先週、下松にある喫茶店で、先週、カレーソースの掛かったカツを頂いたので、今日は前々から食べてみたいと思っていた。 大分名物の椎茸丼を食べる。
椎茸といっても、和風出汁を作るような小さな物ではなく、「どんこ」と言われるカツのような肉厚サイズを食べやすい大きさに切って、卵でとじてある。
丼の蓋を開けると、柚子こしょうをふって、少しだけ蓋をすると、柚子の香りが微かにするピリ辛味の丼に変身。
柚子こしょうは柚子を乾燥させた粉末と赤唐辛子の粉末を混ぜた大分名産と、柚子ごしょうは生の柚子と青唐辛子を塩漬けした福岡名産があるので注意
「こ」と「ご」が違うだけなのに、大きな違いがある(嘘)
卵閉じ「どんこ」を口に入れると和風味の肉といった感じで、一口噛むと椎茸から溢れた和風だしは口に広がり。 噛むほどに味わいが深まる。
茄子田楽
そう、そう、おかずと思ってゴマ豆腐を頼んでいたら作っている最中だったので。 断りきれずに茄子田楽を頂く。。
茄子田楽が出てきたら、手のひらサイズの茄子が半分。 味噌が塗って焼いていた。
え~。。。。 (笑)  旨かったけど。 びっくりした。


食事も終って、喫茶店・木精座が開く時間だったので、
目印の耶馬渓高校を目印に、迷いながら行って見ると臨時休業。 (唖然) (ノ<)
喫茶店・木精座

山国川沿いの日田往還道路を風景を楽しみながら山国道の駅で休憩。
これから、猿飛の甌穴群で有名な奥耶馬渓を走り抜けて野峠経由で英彦山駐車場で休憩
色々な種類のバイク。 ソロツーを楽しんでいる方々が集まっていた。
でも、知らない同士なのに、バイクという共通の趣味というだけで、会話を楽しむ。

夕方から用事があったのに、ここで既にタイムアウト。
 急いで自宅へ。 本当は家の近くで解散といった感じで喫茶にでもと思っていましたが、
 走りながらバイバイとして帰りました。


その後は、スクータに乗り換えずに、DRで用事を済ませて自宅へ。
ひさびさのマスツーリングは楽しかったです。