昼飯ツー・耶馬溪

連日、TVでは大渋滞の情報が流れるので。
DRは止めて、アドレス丸で出発。 昼飯を食べに。

油木ダムを抜けて、英彦山・野峠を越る。
平日???と思ってしまうぐらいに、スイスイ。
 車も道を譲ってくれるし。 DRで来ればよかった。

よく、考えてみたら。
 九州で放映しているニュースなのに、東北道や関東道の渋滞ばかりしか報道してなかったような?
 関東周辺だけ、ETC効果で渋滞していたりして。


山国・道の駅では、いつもよりバイクが多かった感じ。
道の駅では、沢山の種類の混ぜご飯の具が売ってあったので、
お土産に悩む。 どれにしようかな?てんの。。。。で決める。
山国・道の駅

山国側沿いの道を、日本晴れの空の下の山々を眺めながら走る。
昔、立ち寄った喫茶店「木精座」に寄ろうと雲八幡神社を過ぎて川を越えると。見つからない。
※目印を勘違いしていました。 雲八幡神社でなく、御霊八幡宮や中津南高耶馬溪校だったのだ。
古民家喫茶室 ギャラリー雲の森も良いなと思いながら、結局、青ノ洞門へ。
先ほど、場所を再確認したので、また、その内に行ってみよ。
青の洞門
ここで、四季の味処 「山水茶寮」で、塩ダレカツ重を頂く。
佐世保バーガーが流行する前に佐世保バーガー情報を教えて頂いた方から
 青ノ洞門にちょこちょこ立ち寄るなら、このお店の蕎麦と黒豚が美味しいと言われていたので。
黒豚のトンカツを、アッサリとした塩ダレに漬けて食べると。
 揚げ物独特のコッテリ感が無く。 肉を噛み切ると、口の中に肉汁が広がって、味となって消える。
黒豚のトンカツ

おいしゅうございました。

帰りはR10を避けて、豊前市のファームロードを畑の冷泉まで走る。
※作りかけなので、交通量は滅茶苦茶少ないので。

椎田バイパス周辺は混んで良そうだったので、椎田バイパスの大分側の始点からR10をトコトコと走って帰路へ。
以外に、こちらの方が好いていたのには驚いた。