(着るエアーバック)、バイク用の緊急脱出装置をつけました。

バイクに乗って怪我をしたのは2回。
 2回とも、車に激突するよりは空を飛んだほうが軽症とになるだろうと思って、
  フロントをロックさせて、安全な場所に飛び出したんですが。

飛ぶことは出来ても、羽の無い人間が空を自由に飛ぶことは出来なく。
 着陸するときの衝撃なんて、なにも考えてなかったので。
歯を折ったり。両腕を骨折したりと。。。(ノ<)

いつも観光地で自由に動き回れるように身軽な格好をしていたのですが。
 リッターバイクに乗っている方と走ることもあるので、過去の反省から。
 バイク用のジャケット。 無限電光のhit-airを買いました。

バイクから急激に離れると、バイクに取り付けた緊急脱出ワイヤーが服についている炭酸ガスのボンベを開いて。
ライダーは一瞬でビバンダム君のように変身します。

着地は、NASAの火星着陸船のようにバウンドしながら、衝撃を徐々に吸収するんでしょうね。
もちろん、扱けて痛かった、肘や胸はプロテクターを着けてみました。
これで飛んでも少し安心です。


そう、そう、緊急脱出ワイヤーはツーリングで利用するDRだけでなく、
ワイヤだけを購入して、ちょい遠出でも使っている、アドレス125も装着しました。

通勤で使われている方はジャケットよりも、ベストタイプがいいのかも知れませんね。
01.jpg


着心地は、左胸付近に装着しているボンベが、
 携帯電話を2台ほどポケットに入れている感じで気になりますが、走り出すと忘れるレベルです。
 重たさは着るとあまり感じませんが、手に持ったりするとノートパソコンぐらいの重たさに感じます。
 でも、走りなれるまでは、肩こりや疲れになりますが。 段々となれてきています。

今回はメッシュジャケットを購入しましたが。
 別売りの防寒・防水インナー着れば、4月の九州の昼間でしたら寒さを感じないです。

 イベント会場で営業スタッフが着るようなペラペラな感じですが、4月の昼間はインナーを脱ぎたくなる暖かさです。
 HitAirのメッシュジャケットを購入された方だけでなく、気温の差が激しい季節のアンダーに着るのにお薦めかも知れません。

そう、そう、気になるのはワイヤを外すのを忘れて、ボムっと膨らまないかな?といった点ですよね。
 小さな子供から手を引かれた感じで、膨らむ前に気が付くと思います。
 2回のツーリングで5回も忘れたけど、大丈夫でした。
※メーカーは30kg以上の力で無いと膨らまないそうです。