ちょっと珈琲を飲みに。

電線は合唱し、家は踊るような、昨晩からの風。
ぐずぐずな朝を迎え、強風対策でリアボックスを外してイザ出発。
時折の小雨。 もう少し強くなったら、車に乗り換えようかな?と思いながら
 天気予報のうそつき?
  5人に1人の不幸者?(降水確率より)
とぼやきながら、喫茶店を目指して走っていく。

動機は、バイクに乗り始めた頃。
 先輩ライダーが語っていた。 「ちょっと珈琲を飲みに。」
鉄板で作った恐竜を発見
関門海峡を眺めながら走っていくと、海上自衛隊の船と、海上保安庁の船を発見。
 デジカメはリアボックスに入れていたことを思い出して、目に焼き付けて関門トンネルを通過。
AM8時も過ぎていたので、料金所横には仲間待ちのライダーが休憩していた。

下関に入り、R2へ進路を変更
 長府を過ぎて、新国道2を走ると。 カレハマーク集団に追われながら。
 全開。 全開。 全開。 ひぇ~ びぇ~ 路肩を見つけて休憩。
  再出発すると、また、また、カレハマーク集団に追われながら。全開。 全開。
時々、アスファルトが波になっていて。 ジャンプ。
周防大橋(すおうおおはし)
結局は、宇部市の上山中から、県道25へ進路を変更。
 山口市内通過を諦めて、周防大橋(すおうおおはし)経由の海岸線を走る。
 右手には瀬戸内海のなだらかな入り江。 左手には中国山脈が見え。
  ツーリング気分を引き立ててくれる。
トンネルを抜けてから1時間ほど走ったので、あいおい道の駅で休憩。
 この頃は陽射しが照らしていたので、湿っていた服を乾かしながら缶珈琲を頂く。

防府の市街地に出て国道二号線に戻り走っていくと、
 次第に雨が強くなり。 おじさん仕様の風防では雨を防げなくなってくる。
峠を抜けた頃にハーフコートタイプの雨合羽を来て再出発する。
防府
でも、この強風のお陰で下から風が巻き込むので、
 マリリン・モンローの「7年目の浮気」の有名なシーン状態。 イヤン(*^^*)

合羽は役に立ない状態で走っていたが、徳山に入って雨も止む。
 車の流れに追われ。。襲われながら10時過ぎに目的地に到着。
開店時間を確認しようとメットを脱ぐと。 視線が。。 あれ?開いているのかな?
 はい。 開いていました。 モーニングを注文して、先客達から、バイクでどこから来たの?から始まり。 団欒。

帰路は仲間に教えてもらったルート。。。
 と思っていたら山沿いは雨が降っていたので、次回。
途中で、観光と思って色々と立ち寄ろうとするが。
 小雨が振り出すので、駐車場から観光地を眺めて再出発。
  デジカメを忘れたからかな? 今度はデジカメを持っておいでという暗示かな?
そう、そう、九州の神社仏閣は見えないものを鎮座させている雰囲気があるが。
 戦国時代に都の文化人が逃れてきたからかな? 雅な美しさがある。
今度は大きなデジカメを持って、訪れてこよっと。
きらら博覧祭
宇部方面は天気がよかったので、きらら博覧会跡地で休憩。
 もと、展示場の建物が、空飛ぶ亀といった感じでした。
  ここから道を勘違いして、遠回りに宇部市内経由で九州へと戻っていく。

「雨雲なんて。 大嫌いだ!」の天気でしたが、
 思い出に残る、楽しい一日でもありました。


また、行こうっと。
 追われても大丈夫なように、DRで。