らくらくスロットル

アドレスでも300km/日は走ることもあるので、
ツーリングが楽になるようにサブタイトルが「ラクラクスロットワーク」という、TRスロットルアシストを付けてみました。
らくらくスロットル
ウィングのような部分を手のひらで押すことで、アクセルワークが楽になると言う便利グッズです。
このパーツはアクセル側のグリップを挟むように横から押し込めば装着完了で、巡航速度に会わせてウィングのような部分の位置を調整します。
エンジンを掛けたまま調整すると、ブレーキを掛けながらアクセル全開といった感じになるので注意。 信号待ちで微調整をする方はいないでしょうけどね。

欠点はアドレスV125のような、アクセル開角が大きなバイクで、排気量が小さなバイクは発進時にアクセル全開にする機会が多いと思います。
全開にあわせると、ブレーキング時にウィング部分が邪魔になり、スロットル全閉できないままフルブレーキングになります。
逆に手に邪魔にならないようにすると、じいちゃんバイクに抜かれたり(笑) その辺りは巡航速度を考えて、走っては調整する方が良いようです。

まぁ、小さなバイクで遠くにという方は少ないので、
 このパーツのメインターゲットになるバイクは、こういった悩みは無いかも知れませんね。

使い心地は、アクセルを開けるときはグリップを握って、ぱっかっと手前に回していましたが、
こちらは手のひらでアクセルを下方向に押せば良いので力はいりません。 長距離走っても疲れないようです。