初徘徊

元旦ぐらいは、禁バイクと思っていたのに。。
 早朝に起され、昼には家族は寝ていたので。
  雪から晴れに変わった合間に、忍び足、コッソリと出発。

国道495を走り志賀島を目指すが
 前日と同じ服装だたっので、みぞれが前日から降るので、
  寒いと言うよりは体の心から冷える。 オーバーズボンが必要?

結局、志賀島と海老津ラーメンは諦めて、定番の遠賀川の土手沿いを走って楽しむ。
九州は佐賀平野などのような平地が少ないので、数少ない直線道路。
下手に山道は迷い込むとワインディングロードが、ごめんなさいという心で言ってしまう土地柄。
土手の緩々のコーナ。。。ほとんど直線。
阿蘇散策で疲れが残っている体では、何も考えずにアクセル固定して風景と前の状況に集中できるのが楽しい。
なんちゃってライダーでも元気な時は、絶対に二度とこの道は今回が最後と叫びながら、
 70km。 イヤ、イヤ、100kmも続く、ワイデングロードを選んでしまいまが。
この時期は直線と、温泉と、B級ぐるめが優先かな?

遠賀川沿い
薄茶色の風景の中、寒さに負けて、土手のWC。。。
駐車場で休憩していると、束の間のキャッチボールや凧揚げを楽しんでいる家族を発見。
そういえば、凧揚げを見るのは久しぶり。 昔は凧から作って楽しんだのにな~。

軽く峠を攻めて。。。といっても、なんちゃってライダーなので、安全に車に抜かれたいので、直線で道を譲る。
 


 が。 路肩に退避しているのに、気が付かないない。
 そうなると、自然に足が踏ん張り、シートの横グリップで加速して逃げていく。

 元旦なので、おのぼりさんも走っているから、時々、無理に右折帯から頭を押えられるように抜かれる。
 こちらは交通ルールを守っているのもあり、非常識な車に抜かれるのは一生の恥なので。
 信号が青になっる。 絶妙のタイミングで加速していく。
 例え、バイクが暴れても(笑)

 そんな車は赤信号の内に発進するので、交差点内で併走。
 いや、体当たりされそうになるが。。。路肩に逃げながら、軽く抜いていく。
 助手席に乗っている女性も何か言えよ。 そういった抜き方は格好悪いと。

090101-01.jpg
川を上り、山を越えて、帰って来たであります。

 

結局、市内を3時間、徘徊して、コンビニでトイレ休憩と栄養補給しながら、
 ご機嫌とりのケーキを購入して、帰路へ