雪中のツーリング

青空が見えるゆえに用事を済ませて 豊後・高田にあるという昭和の町を目指して出発
天気予報でが雪というので空気は冷たいが、積もるような骨に染みるような寒さではないので、
防寒防水の上下と靴に靴下用のカイロを忍ばせたので、冷たい風もなんのその。

行橋を抜ける頃には、寒さがキ~ンと忍び込んでくる。
山から来た車なのか車の上が積雪3cm。。。ヤバイかな?と思いながら走っていると、田んぼなどに雪が残っている。
それでも走っていたが、目的地の方向の空は空からライスシャワーの光景が目に映るので、椎田で心が折れてUターン。

素直に帰らずに、いつものバイク屋さんでぼのぼのしていたら、
 再び、空に青空が見えてきたので、門司レトロを目指して再出発。

門司の海岸
陽射しでポカポカを楽しみつつ、
 バイクのある風景を撮影しようと北九州空港の見える門司の海岸に立ち寄る。
 海は高い岸壁に阻まれていたので海が見える場所を探していると、
 次第に天候が変わり、探し当てる頃には吹雪に変わる。
雪行軍
北部福岡の風は強く、雪が降っても積もることは珍しいが、
 路面に浮かび上がるオイルが怖いので、ツーリングを諦めて自宅へ

数分も経過していないのに、ウィンドウシールドは付着した雪が溶ける前に次の雪が付着
 雪の中のラリーで、オーバーヒートが怖いという話が理解できるほどに雪が積もってしまう。
雪行軍
時々、路肩によってシールドに付着したシールドを落とさないと前方が見えない状態となる。

体の芯まで冷えたので、休憩を兼ねて吹雪を避けられる場所に避難
 状況を確認すると、ウィンドウシールドとメットバイザーだけでなく、
  我輩も前面だけ雪だるま状態となっていた。 さむか~{{{{{ pxxq}}}}
雪行軍

 
結局:走行距離は100km強/日なので、ツーリングではなく散策になった感じです