川棚ツーリング。(笑)

山々が色を取り戻す頃に玄関を出て空を見上げる。
 重たい雲が覆いかぶさっていたが、雪は舞い踊る程度だったので、
  冬装備に身を包み。 原チャリスクーターに火を入れて出発。

R3を走り、小倉駅付近から海岸線を抜けるR199へ
関門海峡を見ながら走るのは面白いが、海峡を抜ける風は強く
 ウィンドウシールドは追い風の時は帆船の帆のように、向かい風の時はエアーブレーキのように働く。
  横風の時は楽しく、キープレフトで走っているのに、強制的に道路中央に。 飛ばされるように移動してしまう。
普通の道なのにフラットダートを走っている感じになっていく。 鼻歌で無法松の一生を歌いたくなる(古)
 サラリーマンの辛さだろうな。 古い歌や子供の歌まで覚えてしまうのは(笑)
門司レトロ近くの岸壁
少し疲れたので門司レトロ近くの岸壁で、海峡を行き交う船を眺めながら休憩。
  下関タワーと下関タワーは直ぐに発見できたが、巌流島は造船所近くの筈だが、見つけることが出来なかった。


天候が悪いから帰ろうと思いながら門司レトロ地区をスクータで散策していると
 人力車が横断しようとしていたので停車。 女性の車夫さんもいるんだと、びっくり。
体全体で人力車を引っ張っていく姿に見とれていたので、何も考えずにUターンする予定の交差点を曲がらずにR2号線にでる。

河豚に吸い込まれるようにトンネルを抜けて、下関の町を抜けて角島へ。
北運動公園から川棚へと続く、農免道路は少し道路があれているので、
 速い車が来たら譲るつもりで走っているが、下りで真後ろにつくが、上りになると離してしまう状況なのでスピードをちょっと上げて走っていく。

門司レトロ


深坂・桜街道の前を通過した頃から防寒対策をしてなかった足の指先が冷えていたが、
 川棚に近くなると足から体全体が冷えてきたので、角島までは諦めて川棚温泉郷でUターン

R191を走り、梅ヶ峠を越えると、昔、ツーリングの帰りに寄ったうどん屋を発見。
 懐かしさからうどんを食べようと思っていたが、開店前だった。 そりゃそうだ。

海岸線を走ると厳しい海風が吹く。 潮を被らないのが救いだが堪える。
 しばらく走ると、遠くに見える、コンビニの看板が神様のように見える。
ふかふかのあんまんが体に染み渡り、暖かいお茶で体を温めて出発。

車の流れを読みながら走り抜けるのにも疲れたので、程よい速度で走っているトラックに適度な車間をあけてついていく。
へんな車に絡まれないようにわざわざトラックの後ろを走っているのに、
異様な雰囲気がするのでバックミラーを見るとアコードが体当たりする感じで煽っていた。
私がゆっくりと走っているわけでないし。 片道2車線~片道3車線道路なのでトラックごと抜いたら良いの 

危険なので道を譲ろうと減速を始めるとアコードがパニックブレーキ。 腕もないじゃん。
そこは軽く車体を振って私の前に出なきゃと思いながら、巻き込まれると危ないので加速する。
アコードはついて来ない。 よかった。

アコードのおかげで、寄り道をしそこなったじゃないかと思いながら、そのまま関門トンネルへ。
トンネル前の立体交差を走っていると防壁の反射音がおかしいので横を見ると、先ほどのアコードが斜め後ろから路肩を利用して横に並び。
そして幅寄せしてくる。 この速度で???? 陸橋なので逃げ道無し。 ブレーキも。。。無理。

この状況だったら転倒したら接触しなくても事故成金になれると考えるが、納会の上司の挨拶に私の怪我の話が出たことを思いだす。
定年になるまでバイクに乗れない生活は嫌(XX) チキンレース????と思っていたら、
アコードの後にいた車が危険を察知して減速を始めたので、私も急減速する。
前方のトラックもミラー越しに危険を察知して、追突されないように陸橋を抜けるとアコードに道を譲る。

さて、このストレスは。。。。 顔も、服装も。車種も。ナンバーも覚えているので。
 春の交通安全の頃に出回る、当たり屋リストのチェーンメールに混ぜ込む事で勘弁しよう。

九州に入ると雪が降り始めて路面が濡れだしたので、バイク屋さんへ。
 新年という事でお汁粉を出してくれたので、、ぼのぼのとくつろぐ。


※アコードにもてあそばれたような経験は印象が強いので記事として残りますが。
 実際には年間2~3万kmしか走らない、私で年に1~2回ほど経験する程度です。
 小さな車に簡単に抜かれていったのが腹が立ったのでしょうね。

 遊んでくれる知らない車の大半は、道の駅などの駐車場で関門トンネル付近で抜いていったねといいながら、昔、俺もバイクに乗っていてとバイク談義したり。
  海岸線で写真を撮っていたのはと声を掛けてくれる方の方が多いです。