2008年12月アーカイブ

 

     100円ショップ カスタム LEDキャップ

100円ショップ カスタム
バブルキャップを100円ショップで発見
 タイヤに空気を入れたり、空気圧を測定した時に、良く無くすんですよね。
 いや~。 100円ショップで販売していて助かった。
 柔らかい黒プラなのに、意外と高いんですよ。

ちゃう、ちゃう
 現在のキャップと交換するだけで、
 バイクが走り出すとLEDが点滅する、ドレスアップ製品です。
 欠点はボタン電池3個必要なので、連続60時間というのかな?
 

     100円ショップ カスタム シートカバー

100円ショップ カスタム
100円ショップでスクーター用のシートカバーを発見
ネットで純正が一番安いのですが、3000円強です。
100円ショップでは105円と言いたいのですが、さすがに525円で販売していました。

シートが破けていないのに、黒シートに黒シートカバーを被せるような趣味はありませんが。

最近、染Qといったシートを染める製品が販売しているので、レッツチャレンジと思って買ってきました。

実際に装着してみると、アドレスV125Gには小さい。
肌触りはシートと同じだけに残念です。

 太陽が昇る頃にプロテクターを装着 オーバーズボンを履き。
 エンジンに火を入れて、走り出す。

市内の渋滞を抜け、土手の風景を楽しみ
 小石原までの峠は、路面が濡れていたのでドキドキ
走馬灯のようにブラックバーンでの転倒。スタッドレスを履いていてもコーナーで溝に落ちそうに。。。。を思い出す。
いえ、いえ、横風が。。。巴投げをしかけて来なければ。
小石原で休憩するが、バイクは私だけ。。。。 
阿蘇へ アタック。
寒いしね。道の駅でWC休憩している間にリヤボックスに格納していたメット。
シールドに霜?が。 被ると冷た~い。

峠に設置している温度計は4度を指し、
 風が強いので、さらに体感温度は。 激サム。{{{{(~~)}}}}

日田市内にでると駅弁屋さん経営のコンビニで栗きんとんや鳥天を購入。 ここの惣菜が旨いのだ。
ファームロードは凍結や霜が怖いので国道沿いに走る。
 昔はこの道を使って走っていたのを思い出す。 走っているとやっとツーリング集団に出会う。
阿蘇へ アタック。 ダムを抜けて、杖立温泉外れの八百屋さんでどんこ(肉厚椎茸)やサツマイモを購入。
 いつもお正月ように買っているので、ツーリングの目的だったりする。

小国を通過する頃には横風に嫌気をさして、
 トロトロトロと走るので、なんども車に追い抜かれていく。
何しに来たのだろうと、自問自答しながら
 とりあえず、目的の阿蘇・大観峰にタッチ。

大観峰茶屋では、初日の出の準備なのかな?
 焚き火の準備をしていたが、スケールが痩せた方ぐらいの大きさの木
大観峰でUターン。
 以前から気になっていた、国道212から見える道路へ
  未完成の農免道路と書いてあったが気持ちのよい道路でした。

南小国では知り合いのレストランで、
 生パスタのキノコ&ベーコンソース???を頂く。
  乾パスタと違って、もちもち感がおいしい。

阿蘇へ アタック。
瓢箪が可愛かった
ツーリングは行きと帰り道が同じだと面白くないので、
 帰りはファームロードを走るが、トラクターの泥汚れと路面が濡れている箇所もあり、
阿蘇へ アタック。 風でリヤが滑るので、冷や汗をかく度にMAX速度が落ちていく。
 初めて、車に、抜かれながら走り抜ける。

帰りも小石原を通過したが、気温は4度。
 天気は風防が濡れるので気がつくが、雪のような?
  明日はきっと雪が降る 又は 霜でバイクでは無理かな?
今日も天気予報がビンゴで、
 合羽を着ないで良い程度の雨に変わっていく。
明日は雪かな?

昔のウインドシールドやウィンドスクリーンは無色透明が多かったので、スモーク、グリーン、ブルー、ハーフミラーと選択肢の多いカーフィルムを貼って、おじさん臭さを緩和したり。
GSX400Fに乗ってたときはカーフイルムを切って、GSX400Fという半透明の文字シールを作って貼って、オリジナルのウインドシールドやスクリーンにしていました。

旭日製のアドレスV125のウインドシールドは無色透明だったので、その頃を思い出してグリーンのカーフィルムを購入。
透明のスクリーンを止めるための螺子穴ゴムを外して、風呂場に椅子を持ち込んで作業開始。

スクリーンに水を掛けて、カーフィルムを貼る。
 スクリーンとカーフィルムの間の空気を抜くようにヘラで空気玉を隅へと追いやっていく。

しばららくして気が付く。
 ウインドシールドは見た目は曲面が少ないと思っていたのですが、実際には焼酎徳利のように曲湾している。
 上部は風の巻き込みを抑えるためにウインドシールドが掻き分けた空気を上に吹き上げて、
 下部はメーターとの隙間から風を取り込み背中に風の渦が出来ないように緩やかな曲湾しているのだろう。

最初は全体的にカーフィルムを貼ろうとしていたが30分の格闘後に無理と悟る。
方針を下2/3ほどにカーフィルムを貼ることにしたが。

ドライヤーの熱を加えても、駄目
カッターで傷を入れて曲湾させようとするが。  駄目

根性のあるカーフィルムは終ったと喜んで手を上げた隙にストーブで焼くするめのようにくるりん。

それでも、「タコの頭に鉢巻きを巻いて、キューと締めてもしまらない」という状態を続けること1時間。


諦める。 ハァ~ orz


翌日、せめてと、SUZUKIの文字を切り抜いてウインドシールドに。。。。。


Σ@@川 かっこうわるい。
 結局、おじさん仕様に戻しました。

この数日の作業はなんだったのだ。(ノ<)


写真。 撮るのを忘れてました。
 でも、その為に作業するのは。 つらいので、写真無しにて。

 

     バイクカバー

| コメント(0)
おばけじゃなく、バイクカバー

写真は季節外れのおばけじゃなく、アドレスV125Gにバイクカバーを掛けたところです。
ウィンドウスクリーンやリヤボックスを装着すると、原付サイズのアドレスV125Gでも小さなバイクカバーではちんちくりんになりなす。

DR-Z400SMに使っていたバイクカバーをつけてみると丁度良いサイズになりました。
という事は、オフ車やゴールドウィンなどに使う超特大サイズになるということ???

 

     大型コンデンサーを装着

| コメント(0)

昨日、大型のコンデンサーをバッテリーに並列に取り付けました。
風防の抵抗があるので最高速や加速力は、どれが原因で落ちたか分からない(ノ<)
パーツを取り付けるときは、効果を探るために同時に付けたら駄目なのに。 やっちゃった。
ただ、聞こえなかった排気音がしっかりと聞こえるようになった。
効果ありとすれば、単気筒独特のどこどこ音が心地よく、可愛らしく聞こえるようになったぐらいかな。
次はカーナビ付けたときに電圧が不安定で液晶がちらちらしていたので、
カーナビ付けて液晶がちらちらしなければ、効果ありかな?

液晶がちらちらしていたのは、電圧が低いからで無く、カーナビの取り付けるクレドールとケーブルの接触不良のようです。 振動で、時々、緩むのが原因みたいですね。

 

     北九州散策ツーリング

| コメント(0)

午前中は両親を連れて門司駅裏にあるスーパー銭湯に訪れ、露天風呂やレストラン関門海峡を行き交う大型船を眺めて楽しむ
ちょうど外国から来た船の検疫がある六連島から関門海峡経由で瀬戸内海に入るルートの
第一コーナに位置するので、色々な大型船が介添えするタグボートが連れられてゆっくりと行き交う。
昼からスクーターでプチツーリングを考えていたので、早めに昼飯を頂いて帰る。
北九州散策ツーリング
最初は宗像道の駅を目指していたが皿倉山の紅葉に誘われて、Uターンして山登り。
山登りといっても、以前に道を間違えてオフロードコースのような荒れた道を走ってしまい。
強制冷却カバーのフィンが折れているので。 今回は舗装している道のみ。
※海岸にでる未舗装道路と思って走っていたら四駆が道路をほじくって、サッカーボールの大きさの石がゴロゴロしている道に変貌していました。
前日に降った雪よりも落ち葉が大量に積もっている中を登っていくと、落ち葉遊びをしながら登っていく親子や外人さんも登っていた。こんな日なのに登山客が多かった。
北九州散策ツーリング
TVの効果は凄いなと思いながら、バイクで走り抜けるのは無粋かなと思って途中でUターンする。
そういえば、この山々は昔からキリストの墓があるとか、四十七義士の墓を発見とか。 スポーツ誌のねたになりそうなニュースが流れるが。
それっきりなので、違ったり、模したものだったのかな?
四国の八十八箇所
ただ、今日はトーテンポールや四国の八十八箇所参りなどもみつけたり、木々の中から見える紅葉を楽しんできた。
途中、帆柱稲荷神社の幟を見つけて寄り道すると、ケーブルカーの線路を抜けると、線路沿いは木々が無いので北九州市内が見え、
神社近くは綺麗な紅葉がまだ残っていた。
北九州散策ツーリング
せかっくなので参拝して帰る。
帆柱稲荷神社

風防を付けにバイクセンター北九州店に訪れると、店先に置いてあったアドレスV125Gの新車と中古車に目が止まる。
よくみると、サイレンサー型エアクリーナーが中古に付いていたので新車と比較してみた。
新車というか、私が乗っているアドレスは左側にエアクリーナーが付いていますが、
排気量が125ccもあるので、駆動系の半分の大きさのエアクリーナーが「どか」といった感じで、
さらに「ぼって」と落ちそうな感じで駆動系の上にのっている状態で付いています。
後ろから見ると、ボディーからはみ出している?といった大きさです。


サイレンサー型エアクリーナー

サイレンサー型エアクリーナーに交換してあったアドレスV125Gは駆動系の上に純正のような感じで装着されていました。
WEBで調べてみるとボルトオンで付け替えできる感じです。
サイレンサーのように見えるので右側についているマフラーが大きいと、後ろから見ると左右のバランスが悪い感じがするぐらいかな?


サイレンサー型エアクリーナー

気になる製品ですが、中身はレース活動をされる方やパワーアップが大好きな方の行う、吸気系チューンの定番であるパワーフィルターになってます。
むき出しのパワーフィルターは何も守ってくれないので雨に弱く、全天候製品としてカバー付で出ています。
カバーをはめると空気抵抗がどうしても生まれるので、レース用は状況に応じてカバーをはめる感じですね?
こちらの製品は全天候製品にするためのカバーがカスタムマフラーのようにステンレス製となってます。

吸気系チューンを行った場合、空気の流入量が大きく変化するのでキャブ調整やる必要がありますが、アドレスV125はキャブでなくインジェクションなのでキャブ調整は不可能ですが、変わりにエアークリーナー側で必要吸気量にあわせて無段階に調整できるそうです。
そういう意味では、社外品のマフラーに交換した場合もキャブ調整した方が良いので、こういった製品を付けるといいのかも知れませんね。

個人的にはウィンドウスクリーン、マフラー、エアークリーナーは交換したのですが、1万円も超えるパーツになると「DR-Z400SM」のカスタム費用にしたい思いも出てきて。。。悩んでいます。
まぁ、買わなくてもどんな商品かな?と調べるのも楽しいので。 春先まで悩み続けるのかな?

アドレスにロングタイプのメータバイザーを装着と言えば格好よさげですが、
ウインドシールドを取り付けました、昔・風に言えば風防です。

今回、購入したウインドシールドは、
昔のような四角の透明アクリルで、怪我しないように角が丸みを帯びているといった風防でなく、
少しはスクーターとの相性を考えた丸みを帯びたデザインです。

ちなみにアドレスV125G用のウインドシールドはメーカによって若干異なります。
 メーカー純正 :台形の透明アクリル?で、シールドを支えるステーが太い。 あれ?カタログに乗ってないけど方落ちしたのかな?
 旭風防 :涙滴のような台形の透明アクリル?で、上側に蛙の目のように出っ張りがあって、シールドを支えるステーが細い。

純正を装着している方が、旭風防の面長なミッキーマウスというか、蛙顔の旭風防・ウインドシールドを推薦したので、こちらを購入
※シールドの上角についている丸が風を上手に逃がしているそうです。
アドレスV125Gにウインドシールド装着
装着感について。
 ★ウインドシールド無しの時。
  ・制限速度で走っていると胸を冬用の厚みのある布団を二枚重ねしたような圧力が掛かっている事を感じます。
  ・フルフェイスでも首から冷たい風が顔や体に染みこんできます。
  ・走行への影響。強風注意報がでる状況で横風を受けるとリアボックスが煽られます。

 ★ウインドシールド装着時
  ・制限速度で走っていても首からシート付近まで無風状態になります。
  ・ジャンバーのジッパーを首元まで開けて、シールドも曇り防止のために少し開けていても、風が動かないので寒くありませんでした。
   逆に停車時に隙間から冷たい風が入り込んできて寒く感じました。
  ・シールド上側のラインは首に付近になるので、身長が低くて座高も低いという方でなければ気にならないかな?
  ・走行への影響。 強風注意報がでる状況で逆風を走ると、ハンドルに抵抗と重みを感じます。
  ・足元が風の抵抗を受けてバタバタするので気になります。
といった感じです。


ちなみに、ウインドシールド装着と同時に、パワーと燃費を簡単にUPできる製品としてカー用品で流行している。 コンデンサーをつけて見ました。
LET'4の時は高速域でエンジンがため息を付きませんでしたが、アドレスV125Gでは分かりませんでした。
その内に良かった、悪かった感想を書いてみたいですが。。。。何も書かなければ状況が変わらないので書くのを忘れたということで。

DR-Z400SMのⅠ型は12月に発売されて、悩みながら2月に注文
 3月のバイクセンターツーリングの直前に納車。
うぉ~と喜んだのもつかのま。 その翌月にはⅡ型が発売された。

アドレス君は7月に購入して、そろそろ09年型が発表かな?と思っていたら、12月に発売。
あら、型落ちになちゃいました。
10月時点で、08年型は既に在庫を抱えている店舗も少ないほど売れ行きが良かったから。
ボーナス前に販売されちゃいましたね。 ちょっぴり悔しい。
でも。 仕方ないかな?

09年型は09年型と比べて、排ガス規制に適合したような程度の記載で価格が3万ぐらいアップなので、ほっとしていたら。
どこかの新車情報を紹介されているサイト(家で検索すると見つからない)は改良点まで紹介されていて、
 アドレスの弱点の電装系強化(発電容量を増やしたとか)や防犯のためのキーシャッターなど、
  便利になるように、ちょこまかと改良されている。 くっくっくやし~いです。

リミテッドはさらに2万円アップで、
 ナックルバイザーとハンドルグリップにシートヒーターまで付いている。
 今年の冬は気温5度以下の峠を走り抜けて手をかじかむ思いをしているだけに、くやしいな~
しかし、Gよりもおとくって感じですよね。 後はリヤボックスとウィンドウスクリーンを付けるだけジャン。

そう、そう、アドレスV125はカタログ落ちになりましたね。
  通勤スクータで必修オプションのサイドスタンドとリアキャリアをつけたら、アドレスV125Gと価格差がないからね。

 

     北九州・めかりツーリング

| コメント(0)
門司レトロ 門司レトロ
アドレスV125Gも5ヶ月目で約4000km走ったので、筑後の小京都ツーリングから自宅に戻らずにバイク屋さんへ
まずはオイル交換するが。。。Σ(@@ガーン。 強制急冷のダクトが折れていた。
防風林を走ったときに、オフロードのような道を越えたときに折ってしまったかな?

そう、そう、今年は気温が5度を下回る事が多いのでおいちゃん仕様になるが風防。
 いや、いや、少しだけでも格好良く。 フロントスクリーンを注文する。
天気が良すぎるので、3時前にバイク屋さんを出発して、また、小さな旅に。
門司レトロ 門司レトロ

某ウィスキーの港町編の風景を見に和布刈というか、門司城跡がある山周辺を散策。
関門トンネルの人道がある関門橋を撮影していたら、惑星をイメージした双胴船が航海していたので記念写真。

門司レトロ周辺に来ると関門橋は綺麗に見える岸壁が入れないように金網が作られていた。
釣客が邪魔で荷揚げ作業に支障がでるからかな? わくわくしながら訪れたので非常に残念。 

そろそろお腹が空いてきたので昼飯と思っていたら、この数週間。 日が落ちるのが早くなった。
お店を探しながら散策しているうちに、陽に赤みが混じりだしたので帰路へとつく。
門司レトロ 門司レトロ