サイレンサー型エアクリーナーが欲しいな

| コメント(0)

風防を付けにバイクセンター北九州店に訪れると、店先に置いてあったアドレスV125Gの新車と中古車に目が止まる。
よくみると、サイレンサー型エアクリーナーが中古に付いていたので新車と比較してみた。
新車というか、私が乗っているアドレスは左側にエアクリーナーが付いていますが、
排気量が125ccもあるので、駆動系の半分の大きさのエアクリーナーが「どか」といった感じで、
さらに「ぼって」と落ちそうな感じで駆動系の上にのっている状態で付いています。
後ろから見ると、ボディーからはみ出している?といった大きさです。


サイレンサー型エアクリーナー

サイレンサー型エアクリーナーに交換してあったアドレスV125Gは駆動系の上に純正のような感じで装着されていました。
WEBで調べてみるとボルトオンで付け替えできる感じです。
サイレンサーのように見えるので右側についているマフラーが大きいと、後ろから見ると左右のバランスが悪い感じがするぐらいかな?


サイレンサー型エアクリーナー

気になる製品ですが、中身はレース活動をされる方やパワーアップが大好きな方の行う、吸気系チューンの定番であるパワーフィルターになってます。
むき出しのパワーフィルターは何も守ってくれないので雨に弱く、全天候製品としてカバー付で出ています。
カバーをはめると空気抵抗がどうしても生まれるので、レース用は状況に応じてカバーをはめる感じですね?
こちらの製品は全天候製品にするためのカバーがカスタムマフラーのようにステンレス製となってます。

吸気系チューンを行った場合、空気の流入量が大きく変化するのでキャブ調整やる必要がありますが、アドレスV125はキャブでなくインジェクションなのでキャブ調整は不可能ですが、変わりにエアークリーナー側で必要吸気量にあわせて無段階に調整できるそうです。
そういう意味では、社外品のマフラーに交換した場合もキャブ調整した方が良いので、こういった製品を付けるといいのかも知れませんね。

個人的にはウィンドウスクリーン、マフラー、エアークリーナーは交換したのですが、1万円も超えるパーツになると「DR-Z400SM」のカスタム費用にしたい思いも出てきて。。。悩んでいます。
まぁ、買わなくてもどんな商品かな?と調べるのも楽しいので。 春先まで悩み続けるのかな?

コメントする