2008年10月アーカイブ

 

     思い出の時計

| コメント(0)

ツーリング行くときに一緒についてきた時計
 しばらく、部屋の飾りになってました。
電池交換できる店がなくなって、部屋の飾りになってましたが
 ひょんなことからボタン電池が買えたので、交換してみました。
中の機械は壊れてなかったようで、再び、時を刻み始めました。


この時計はRH250でツーリングに出かけていた時代。
 時間を見るたびに腕をまくって、時間を確認するのが何となく格好悪いなと思っていた頃。
懐中時計仕事が終ってつけたTVに流れる深夜映画。 タイトルは忘れましたが、
何かから逃げてくるバイクに跨った主人公?
 敵をまいたのか、ポケットから懐中時計を取り出して、ふっと下を向いて時間を確認。
何故か、格好いいなと思って、その頃で、一番安かった懐中時計を購入しました。

これからのツーリング
 時間を確認しようとして、持った懐中時計が滅茶苦茶に冷えていたら
 こんなに寒い所を走ってきたんだと思うのかな?


次に下記の時計はGSX400FやGSX250S刀に乗っていた頃に。。
 通勤用に乗っていたFreeWay250かな?
これも映画の影響でタイトルは忘れましたが、ベルトループ時計
アメリカンの乗っているライダーが付けていた時計を見て、「いいな~」との思いが記憶に残っていた頃。
 長崎のグラバー園に向う坂道でお土産物で発見したので、即に購入しました。
 この時計はGパンの前のベルトループにつけます。
 時間を見るときは、時計部分を掌で握り、頭を下げて下を見ると、
 時計が逆についているので、ちょうど時間が読めるといったところです。
 ※理髪店の逆さ時計のような感じで、鏡を通すとちゃんと見えるアイディアものです。

DR-Zはデジタルメーターなので、時間も表示してくれるだけに、アドレスV125Gに乗って不便に感じるのは時間が分からないこと。

数日前にGSX-F400に乗っていた頃に付けていた、SUZUKIのミニクロックがひょんなことから発見。
100円ショップでボタン電池が販売していたのを思い出して、お店へ
ボタン電池(SR41)とバイクに取り付けるマジックテープを購入してきました。
ミニ時計
時計は小さな螺子を外して錆びた裏蓋をコンパウンドで磨く。
そして、電池がショートしないようにして交換。
気が遠くなるほど電池切れしていたのに動きました。

早速、バイクに時計を付けようと外に出ると、え!?
既に日が沈んでいた。

懐中電灯を探して来て照らしながら、
 マジックテープを付ける場所の油分を取って貼り付ける。
バイクにミニクロックを装着。 取り付けました。

付けた状態を撮影してみましたが、如何でしょうか?
ミニ時計
今回、古い時計が復活したので、カメラの防湿タッパに入れている、古い腕時計を復活させうようかな?
バイク用に購入していた懐中時計や、ベルトループに付ける時計を復活させようかな?
※時計の電池交換キットも売ってました。

風防とならんで、格好悪い代名詞になっているハンドルカバーですが。。

九州だから?
昨年、ハンドルカバーとホームセンターで買ってきた、最新の生地で作った1000円の手袋があれば、
冬場ツーリング中に雪まじり風に変わっても手だけはポカポカしています。
※最新の生地って、人間の汗により発熱したり、糸が中空になっていて熱を逃がさないらしいです。

格好悪いイメージがありますが、オフ車だったら冬場でも元気にツーリングしている元気なライダーというイメージもありますよね。
ただ、ハンドルカバーだったら何でもよくなく、レースグッズやツーリンググッズなどで有名なメーカーと言うことで、イエローコーンだったら良いかな?と思ってDR-Zに付けていました。
やっぱり、名もなきハンドルカバーより、有名なメーカーのハンドルカバーがいいですよね。

ことしはイエローコーンのハンドルカバーをアドレスに付けてみました。   大きすぎるかな?
イエローコーンのハンドルカバー

ちなみにイエローコーンのハンドルカバーは高速券やコインを挟めます。
凄いでしょ。 でも、原付二種は高速は走れないし。

大きなカバーなのに、DR-Zの時のハンドルガードの癖がついているのか、手の入る大きな袋が前方の方に偏ります。
 大きな空間が手よりも先に広がり、冷たい空気が入らないように絞っている部分が手首を締める感じが気になるのが欠点かな?

原付二種スクーター(アドレスV125G)にナビ(GPS)を装着に使ったパーツは下記の通りです。

RAMマウント
★ 11mm サイドミラーベース

★ダブルソケットアーム 2インチ

★フロントベース


XROAD RM-A4000用パーツ
★クレードル

★電源ケーブル

★バイク用マウント(クレドールを付ける螺子などをこちらから流用しました。)


なお。他のカーナビにチャレンジして見る方はフロントベースを購入して、購入したカーナビのクレドールの螺子穴があうか調べてください。

また、パケホウダイなどを移用して、携帯電話のGPSアプリを利用したい方は下記のパーツでも携帯をバイクに付けることができます。

振動で落ちても困らないように落下防止用ストラップも販売されています。

ナビ(XROAD RM-A4000)はDR-Z400SMのハンドルにバイクマウントで取り付けています。
バイクで前転した時、メーターが潰れ、デジカメがL字になる衝撃なのに、何故かナビ(XROAD RM-A4000)は僅かなこすり傷で無事。
いや、いや、電源を入れなおしたら復活。 帰道のスピードメーター代わりに使って帰りました。
おかげで、今年は怪我して、まだ、まだ、リハビリ中なので、カーナビ君は部屋の肥やしになっています。
※車に装着するキットは販売していますが、車には純正が付いているし。。。。

そう、そう、近所の買い物用や通院に使っているスクーターにカーナビを付けてみたいな?
知っている道を走るのにナビは不要ですが、趣味で写真を撮っているので、市内の知らない名所を巡るために装着するには意味ありかな?

アドレスV125Gはバーハンドルではないのでボディーを加工する必要がありますが、
 加工するにも格好悪くなるのはNGですよね。 どうにか穴を開けるなどの加工をせずに装着できないかな?と思っていました。

そこで、XROAD RM-A4000用バイク用マウントを購入。
 クレードルに装着する部分のパーツが外れないかと思ったが外れませんでした。
 転倒しても壊れないように、かなり頑丈に作っています。

次にRAMマウント・フロントベースを購入すると、
 バイク用マウントの穴とマッチするので、装着可能と判断。

XROAD RM-A4000用クレードルが販売再開されるのをまって、クレードル電源ケーブルを追加購入。 
RAMマウントは、サイドミラーベースとダブルソケットアームを追加購入

これを組み合わせることで、アドレスV125Gのミラー部分に取り付けることが出来ました。
アドレスV125Gにナビ(XROAD-A400)を装着

装着した感想としては、これに旭風防のアドレスV125用フロアーキャリヤを付けると、
 平日の昼間など、スクーターで元気良く走り回っている営業車になってしまいそうです。

バイクセンター北九州店に原付二種バイクが集合
8時半頃に店長を先頭に新旧の北九州空港道路を走り抜ける。
行橋より野峠経由で山国に抜けるR496を走っていく。
道中、住宅街から山間部に入ると、段々と車は少なくなり、
最後には我々だけで峠を抜けていく。

原付二種スクーターなのでアクセルは全開といっても、DR-Zでは巡航速度しかでていない。
上り坂になると、さらに遅い。
特にコーナー手前で減速しすぎてしまうと、減速しすぎてタイヤにパワーがのらない。
俗にバイクの上でボート漕ぎをしている感じで、進め!! 進め!!と言ってしまう。
コーナーが迫るたびにライン取りやパワーの掛け方を工夫しないと走らないので、バイクに乗り始めた頃のように、操縦が楽しかった。
バイクの話ばかりですが、山田・道の駅までの道沿いには道端のコスモスが咲き、田んぼの鳥脅しかな? ペットボトル風車が元気に回っていた。
道の駅から青の洞門へは山々の緑の中に岩場の風景が混じり、次第に川幅が広がるとニュキニョキと岩が生えている風景も見られるようになる。
秋の足跡がそこまで来ている感じ。
バイクセンターツーリング
そう、そう、第一回目ということもあり、出発に遅れた二人も青の洞門の駐車場で合流。 全員集まっての記念撮影。
前回は山水茶寮でソバ定食(冷)を頂いた時に「さて、次は黒豚料理を頂くぞ~」だったので、
今回は「耶馬溪黒豚塩だれカツ重」を頂く。 カツの衣がカリカリして、肉は柔らかく甘かった。
次は椎茸丼に挑戦!!(笑い

しばらくの歓談のあと、再出発。 定番コースではあるが、
 昔、バイクセンターの本店が北九州にあったころのツーリングのように信号が青に変わるとダッシュ~
 ジワリジワリと引き離されていく。 ダイエットは無理としても、マフラーぐらいは交換したい? かな? 腕かな?

3時にお店に到着すると、数人のお客さんが待っていたので、スタッフは急いで開店準備。。。。
僕らはしばらく休憩して、自然に解散となる。

 

     コスモスツーリング

| コメント(0)

コスモス
天気予報は雨でしたが、
 空を見ると、薄らと青空も。。。。なので、早朝ツーリング
国道沿いの牛丼屋さんで朝食をとり、車に追われながら南下していく。
コスモス
1時間ほど走っているとシールドに雨粒が付着しだしたので、
 合羽を着てのツーリングも面白くないと思ってUターン
福岡芦屋近くの遠賀川の土手でコスモスを見て帰りました。
 朝と言うこともあって、コスモスは満開でしたが、釣客とマラソン客がいるだけでした、
コスモス
しかし、コスモスで地名を作っていたようですが、
 土手から見ても何を書いているか分かりませんでした。
  練習中のパイロットに見せるために作ったのかな?
コスモス

撮影場所は下記の地図を参考に
コスモス