思い出の時計

| コメント(0)

ツーリング行くときに一緒についてきた時計
 しばらく、部屋の飾りになってました。
電池交換できる店がなくなって、部屋の飾りになってましたが
 ひょんなことからボタン電池が買えたので、交換してみました。
中の機械は壊れてなかったようで、再び、時を刻み始めました。


この時計はRH250でツーリングに出かけていた時代。
 時間を見るたびに腕をまくって、時間を確認するのが何となく格好悪いなと思っていた頃。
懐中時計仕事が終ってつけたTVに流れる深夜映画。 タイトルは忘れましたが、
何かから逃げてくるバイクに跨った主人公?
 敵をまいたのか、ポケットから懐中時計を取り出して、ふっと下を向いて時間を確認。
何故か、格好いいなと思って、その頃で、一番安かった懐中時計を購入しました。

これからのツーリング
 時間を確認しようとして、持った懐中時計が滅茶苦茶に冷えていたら
 こんなに寒い所を走ってきたんだと思うのかな?


次に下記の時計はGSX400FやGSX250S刀に乗っていた頃に。。
 通勤用に乗っていたFreeWay250かな?
これも映画の影響でタイトルは忘れましたが、ベルトループ時計
アメリカンの乗っているライダーが付けていた時計を見て、「いいな~」との思いが記憶に残っていた頃。
 長崎のグラバー園に向う坂道でお土産物で発見したので、即に購入しました。
 この時計はGパンの前のベルトループにつけます。
 時間を見るときは、時計部分を掌で握り、頭を下げて下を見ると、
 時計が逆についているので、ちょうど時間が読めるといったところです。
 ※理髪店の逆さ時計のような感じで、鏡を通すとちゃんと見えるアイディアものです。

コメントする