アドレスV125G君にハンドルカバー装着

| コメント(0)

風防とならんで、格好悪い代名詞になっているハンドルカバーですが。。

九州だから?
昨年、ハンドルカバーとホームセンターで買ってきた、最新の生地で作った1000円の手袋があれば、
冬場ツーリング中に雪まじり風に変わっても手だけはポカポカしています。
※最新の生地って、人間の汗により発熱したり、糸が中空になっていて熱を逃がさないらしいです。

格好悪いイメージがありますが、オフ車だったら冬場でも元気にツーリングしている元気なライダーというイメージもありますよね。
ただ、ハンドルカバーだったら何でもよくなく、レースグッズやツーリンググッズなどで有名なメーカーと言うことで、イエローコーンだったら良いかな?と思ってDR-Zに付けていました。
やっぱり、名もなきハンドルカバーより、有名なメーカーのハンドルカバーがいいですよね。

ことしはイエローコーンのハンドルカバーをアドレスに付けてみました。   大きすぎるかな?
イエローコーンのハンドルカバー

ちなみにイエローコーンのハンドルカバーは高速券やコインを挟めます。
凄いでしょ。 でも、原付二種は高速は走れないし。

大きなカバーなのに、DR-Zの時のハンドルガードの癖がついているのか、手の入る大きな袋が前方の方に偏ります。
 大きな空間が手よりも先に広がり、冷たい空気が入らないように絞っている部分が手首を締める感じが気になるのが欠点かな?

コメントする