アドレスV125Gにナビ(XROAD RM-A4000)を装着

| コメント(0)

ナビ(XROAD RM-A4000)はDR-Z400SMのハンドルにバイクマウントで取り付けています。
バイクで前転した時、メーターが潰れ、デジカメがL字になる衝撃なのに、何故かナビ(XROAD RM-A4000)は僅かなこすり傷で無事。
いや、いや、電源を入れなおしたら復活。 帰道のスピードメーター代わりに使って帰りました。
おかげで、今年は怪我して、まだ、まだ、リハビリ中なので、カーナビ君は部屋の肥やしになっています。
※車に装着するキットは販売していますが、車には純正が付いているし。。。。

そう、そう、近所の買い物用や通院に使っているスクーターにカーナビを付けてみたいな?
知っている道を走るのにナビは不要ですが、趣味で写真を撮っているので、市内の知らない名所を巡るために装着するには意味ありかな?

アドレスV125Gはバーハンドルではないのでボディーを加工する必要がありますが、
 加工するにも格好悪くなるのはNGですよね。 どうにか穴を開けるなどの加工をせずに装着できないかな?と思っていました。

そこで、XROAD RM-A4000用バイク用マウントを購入。
 クレードルに装着する部分のパーツが外れないかと思ったが外れませんでした。
 転倒しても壊れないように、かなり頑丈に作っています。

次にRAMマウント・フロントベースを購入すると、
 バイク用マウントの穴とマッチするので、装着可能と判断。

XROAD RM-A4000用クレードルが販売再開されるのをまって、クレードル電源ケーブルを追加購入。 
RAMマウントは、サイドミラーベースとダブルソケットアームを追加購入

これを組み合わせることで、アドレスV125Gのミラー部分に取り付けることが出来ました。
アドレスV125Gにナビ(XROAD-A400)を装着

装着した感想としては、これに旭風防のアドレスV125用フロアーキャリヤを付けると、
 平日の昼間など、スクーターで元気良く走り回っている営業車になってしまいそうです。

コメントする