2008年8月アーカイブ

 

     プチツーリング 門司レトロ

| コメント(0)

用事を済ました足で。。。。
 いえ、いえ、短い足は距離が伸びなかったので
  アドレス君に跨り、門司レトロにやってきました。
関門海峡

出発が遅かったので、源平合戦が行われた関門海峡が見える展望台に到着する頃には、
 この展望台の名物である源平絵巻をタイルで作成した壁面のライトアップされた頃でした。
そういえば、この展望台のある山は昔の城跡だそうです。
源平絵巻が綺麗なタイル画

展望台から見える風景は下関市と北九州市の山々で、海が隔てています。
関門海峡の海は道路のように行き交う貨物船はトラックのように見えてきます。
関門橋はまるで横断歩道のようでした。

手前に見える橋を見ると行き交う車のライトが光のシャワーで綺麗で、
どこかの学校の写真部かな? 学生さんが2人が並んで関門橋を撮影していました。
夕暮れの関門橋とアドレスV125G
最後に関門橋の袂に訪れた頃には
 山間は赤く燃え上がり、空は紫に染まり始めて
徐々に周囲は闇につつまれて来ました。

闇が訪れるのに、
 空が綺麗だと思うのは何故なんだろう?
関門橋
帰り道はR3号線を使って、家路を急ぐ車と一緒に並んで南下
 夏の終わりかな? 今日は夕方だったこともあり、涼しいツーリングでした。


大きな地図で見る今回のツーリングの目的地はここでした。

 

     そろそろ走たい。

| コメント(0)

バイクに乗らなくなって、4ヶ月経過。。。。
そろそろ禁断症状が。。。。。。。

この前、バイクに乗って阿蘇に行ったといわれそうですが
僕の感覚はスクーターはバイクに似て、バイクに非ず
a01.jpg

バイクは、自然やGなどのを六感で探り
それらと融和又は抵抗するように機械と語り、
数秒後を想像しながら走るのがバイク

スクーターは。。。
  玩具のように個人の力で弄ったり、
  下駄代わりの乗り物という違い
格好悪くても、乗りここちよければという感覚もあるので、
 長時間走ると、風圧でつかれるから、風防が欲しいとか
 スポーツクラブや買い物する時にスクーターを使うので前カゴは必須だよねとか?

九州ツーリング

でも、バイクに乗り出したら、また、ソローツー三昧なんだろうな~
たまには一緒に走ってくれそうな仲間を探さなきゃ

 

     座って写真を撮影

| コメント(0)

愛車(バイク)の写真はローアングルで撮影すると格好良く撮影できるんだが
 DR-Z400SMの時は日の丸構図の時は前45度で座れば、どうにかなったし
 道路を入れて走っている雰囲気にするときは、バイクの先に道が写るように、バイクのリアを写真の右隅下又は左隅下にして、こちらも座って撮影していました。

アドレスV125はDR-Z400SMと比較にならないぐらい車高が低いので、ローアングルは無理。
DR-Z400SMの時は中腰でよかったけど、アドレスV125は寝なきゃ駄目だよ(ノ<)

そんなことをしたら、不審人物と思われちゃうかな?
 思われるので、DR-Z400SMと同じ視点で撮影して見ました。

しかし、スクーターは前面から撮ると。。。。ペッタンコだな

スズキ・アドレスV125G
普通に立ったままでバイクを撮影するとこんな感じです。
バイクが小さく写るので、玩具っぽく写るでしょう?


スズキ・アドレスV125G
座って写真を撮ると。。。
いや、いや、子供の視点で撮影すると、小さな子供がバイクを見てカッコいいという感じになりませんか?

 

     スズキのジェンマ

| コメント(0)

スズキのジェンマを見てきました。

このバイクは後ろから眺めると格好良いですね。
バイクは前から眺めるように、追い抜いて後姿を見せ付けるのが。。。(笑)
スズキのジェンマを見てきました。
このリアの姿でしたら、帆船のように。。。。グランドマジェスターのようなボックスが欲しいですね。

買うわけじゃないですが、バイク屋さんにSUZUKIの新車が届いてきたので、早速、見て来ました、
SUZKI ジャンマ
個人的はフロントマスクは扁平蛙のようで、個人的には苦手なデザインでしたが
 ライトを眺めていると。。。。欲しい!!
このスクーターのライトは格好良いよね。 DRに移植できないかな~
 カスタムできるなら、マルチリフレクターとプロジェクターが横置きでなく、ダンデムにならないかな?

あ! このバイク、大人の二人で乗るのを考えてデザインしたバイクだそうです。
 後ろ斜めから見た姿は、私の好みです。

 

     DR君も少しだけ回復中

| コメント(0)

DR君はツーリングに出ても不自由しない程度には修理していますが、
 握力と腕力が衰えて、とうぶんDR君に乗れそうもありません。。。。残念。

給料日に小遣いの1万円札を本に挟んでいたのを忘れていて、
 この間、発見したので、アドレスのパーツと思いながら、DR君のパーツを注文しました。

ZETA アーマーハンドガード ベンド
ZETA XCフラッシャープロテクター

ウインカーを付けると、ピカピカ光るそうです(笑)

次はボディーを交換している事になりますが、
 折角なので、純正品よりカッコいいパーツメーカー品があればと探しています。

そう、そう、アドレスのパーツで考えていたのは、風防。。。いや、いや、スクリーンです。
 販売されているスクリーンはデザインと無関係に地面に対して直角ですよね。
  ショートスクリーンは短すぎで、効果は????

う~ん。 アドレスV125の格好よいスクリーンが欲しいですね。
 ヘロヘロのときに乗ると風が気になるし、長時間のると風で疲れますよね。
日本はスクリーンを外すのが流行しているので、
 イタリアなどの欧州で流行しているパーツは入荷の可能性はないし。
  パーツカタログを見ていたら、カタナ用のスクリーンが付かないかな?と思ってバイク屋さんへ
   穴を開けるのと、若干、カットするかもしれませんが、取り付きそうとか?
う~ん。 次はアドレス君のパーツかな?と悩んでいます。

朝、目覚めたときには、泣き出しそうな空模様。
合羽をメットインスペースに積み込んで、バイク屋さんにオイル交換に

アドレスのオイル交換が済んで、DRの修理パーツの社外品を物色が完了する頃には
空はミルクのように白く、青空がかすかに見えて来た。

うふふふふ。。。。、今からツーリングに出発じゃ~
 帰省渋滞を横目に二車線道路を走っていると、十数台のツーリング軍団に抜かれていく。
海岸線を走り、シーサイドで食事。。。。

といいたいけれど、臨海工場地帯は岸壁沿いに工場が並ぶので、工場を眺めながらの昼飯となる。
昼飯を食べて再出発する頃には青空も広がって、信号待ちで停車すると暑かった(^Q^)
DVC00010.jpg
途中から山側に移動して、コーナーを攻め?????
はい。 転倒の恐怖が残っているので、マンホールに視点がロックオン
 おかげで、コーナーの手前で速度を落として、転ばないようにゆったりと抜ける。
  しかし、コーナーの出口で思いっきりフルスロットル。
   通勤快速とあだ名される原チャリなので、グングンと加速していく。
山のワインディングで楽しんで臨海工場地帯に出る。
 目的は小学生の頃にフッシングの為に自転車で来た場所を見に。
あの頃と変わらない大きな工場が多く、小さい頃を思い出しながら前進、前進
 よく、投げ釣で訪れた岸壁はつり公園となっていた。
 
空が赤く色気付いてきたので、 走るのを諦めて帰路に着く。

太陽が昇る前にエンジンに火を入れる。
お盆は高速道路を利用する方々が多いのか、いつもの下道を使って走るが先々週と比べて車が少ない。
日田からファームロードを走るが急坂は125ccのスクータには辛く。 速度がどんどん下がってくる。
たまに早起きのツーアラーがグングンと抜いていく。
ほとんど、私が写真を撮るために停車している時に抜かれるので、追い抜かれたという感覚無し。
福岡の山間部はTシャツにメッシュジャケットで心地良い気温だったが、阿蘇へと高度が上がると肌寒かった。
原付二種阿蘇ツーリングファームロード走行中に燃料系がEを指したので道の駅・小国付近で給油。
折角、小国に着たので、道の駅近くの交差点より、少し菊池方面へと入った「鍋ヶ滝」に訪れる。
CMで有名になった滝で、高さ10M、幅は20M規模で、滝の裏側は岩で出来た洞窟になっており、
洞窟は高千穂・天岩戸神社の天安河原と広さも大きさも同じ感じです。
原付二種スクーターDE阿蘇ツーリング道の駅からは国道を走って大観峰に訪れる。 大観峰茶屋はAM9時なのに、第一、第二駐車場は既に満車だった。
本来はここで休憩する予定だったが、阿蘇盆地から空へ帰る雲のため風景は真っ白
人も多いので休憩しないで、大観峰からミルクロードを走って大津方面へと走る。ADDRESS V 125 G阿蘇登山道を上り、草千里には向わずに阿蘇駅方面へと進路を変え、外輪山を眺めながら走っていきます。
そう、そう、視界が良いと、お盆が掛けたように外輪山が割れている大津・熊本市内が陽炎のように見えたり、外輪山の向うに九重山が見えます。
原付二種スクーターDE阿蘇ツーリングR57は渋滞していたので、阿蘇盆地を走って国造り神社からミルクロードに戻って
いつも阿蘇に訪れた時にはブログのネタにと、阿蘇内輪山をバックに愛車の写真を殺意するので、盆地を碁盤にように巡っている生活道路をゆったりと走って、撮影場所を決める。
昼を過ぎているので、短時間なら我侭な止め方をしても、他人に迷惑をかけないので、バイクが映えるように停車して写真を撮る
原付二種スクーターDE阿蘇ツーリング知り合いの南小国にあるパスタ屋さんで早い昼食をとって、
知り合いの南小国にあるパスタ屋さんで早い昼食をとって、昼からは玖珠&耶馬溪をツーリングへGO
玖珠で豊後森停車場を見学した後、空模様が怪しくなったので耶馬溪へ。
写真を撮りながら一目八景を目指していたが。。。。パラパラと雨が降りはじめる。
この雨、追っかけの超スポット豪雨ってな感じで、走ると止み。 合羽を脱ごうとすると降るといった感じだった。(ノ<)
スクーターツーリングなので、風景みながら、つまみ食いしながら、温泉三昧を予定していたが、昼からのツーは自宅に向って走るだけとなった。 

最後にアドレスV125Gの燃費は45km/Lでした。
昔、バイクで阿蘇に訪れた時はエンジンの調子が悪くなるぐらい山を登っていきますが、渋滞に巻き込まれずに走ったのが良かったのかな?

 

     ヘルメット塗装完了

| コメント(0)

ヘルメット塗装完了
ヘルメット。。。。。。とりあえず。

 適当に修理したので、凸凹が目立つのと、

 塗装面はシールを貼ったような感じです、

滅茶苦茶、気になりましたが

 デジカメで撮影したら、分からない感じですね。

光の反射ぐあいや、近くで見なければ、OKそうだね。

とりあえず塗装完了


どうしても、気に入らないときは
 全塗装しよっと!!

まだ、まだ、リハビリ途中で握力が弱い。

強ブレーキは無理かな?と思って、車が少ない裏道をトロトロと走っています。

小石原峠を抜ける頃には、車の流れならどうにか付いていける程度まで回復

耶馬溪・立羽田/アドレスV125
たまに飛ばす車やスクーターがバックミラーに移ると道路の片隅をトコトコと走っていく。。50ccスクータと同じサイズなので、煽られるkともなく安心


日田から玖珠へは、久しぶりのファームロードを利用するが、バンバンと抜かれていく。

抜かれる立場で言えば、ベテランツアラーは、数秒先を読んでパスしていくので、こちらも抜かれやすいようにポジション固定して、コーナ近くだったら速度を少し落とす。

余裕があるので、道を譲ってくれてありがとうといった感じで手を上げる

 一厘の風が吹いたように、彼らはすぐさまに視界から消えていく。



初心者ツアラーは、所構わずにバイクのパワーに任せて抜いていくので

 子供がハイハイする感じで、前方に見える車が変な挙動を与えながら

  いつまで、勇士を見せてくれる。



途中から久大本線沿いの国道に移動して、ガソリン高騰の影響なのかな?

車が走っていない道をゆったりと走る。

途中、慈音の滝 によって、新しく出来た大蛇の前に記念写真を1枚。

000007.jpg
玖珠町に入ると、二頭身のアニメキャラクター人形を見つける。

一体、どこに、何体あるんだろうと思いながら、ドラエモン、アンパンマン

ひい、ふう、み。。。と数える

そういえば 警察署にも仁王像のように守っている仮面ライダーがいたことを思いだす(笑)





DR-Zのときなら玖珠から水分峠を抜けてヤマナミを走るか、湯布院方面へと消えていくんだが、

久しぶりのツーリングだし、原付二種スクーターなので、疲れてきたので玖珠から耶馬溪へと進路変更。

耶馬溪の観光地でも有名な一目八景ではなく、裏手にあたる隠れ家的な立羽田の景方面へ

山の峰に奇岩が木々のように生えた風景で約1kmにも及ぶ連続する風景をトコトコとゆったりと眺めながら走る

いつもは山国道の駅方面へと走るが、今回はしもがわち温泉方面へと抜けて、お昼に立ち寄ろうと決め込んだ、青の洞門へと走る。

青の洞門沿いの道を走る頃には車やバイクが増えて、青の洞門の駐車場では休憩中のツーリングチームが多く居た。



山水茶寮でソバ定食を頂き、リアボックスはここで買ったお土産のソバや柚子胡椒を積んで、R10を北上

途中でゲリラ豪雨にあって濡れ鼠。 合羽を着るまでもって欲しかったのに。。。(ノ<)

アドレスV125G
初めてのプチツーリング。 アドレスV125Gの燃費は43km/Lでした

燃料計は最初にひとメモリーがあと100km、2つめを差すときは50km、Eの手前のメモリーを指すと50kmは走ると思いますが、

道路の傾斜によっては動きは大幅に動くので、早めに給油ってな所ですね。



今回のツーリングのルートを車で走ると5千円札が飛んでいきます。

このスズキさんのアドレスV125G(125ccスクーター)で走ると千円札でお釣が来ました。

同じメーカーの50ccスクーターのLET'S4より6-7万円UPで、

 最高速は2倍、燃費は50歩100歩といった感じで、差を感じません。

免許を持っているなら原付二種スクーター。。。

 通勤が主体なら他より価格面で10万円安い、アドレスV125Gがお薦めかな?

スクーターなので、シート下にメットインはあります。
大きな頭でなければヘルメットを入れるスペースは十分にあります。
なのにヘルメットフォルダーがついています。
アドレスV125Gのヘルメットフォルダー
そう、そう、メットインに荷物を入れすぎて、リアボックスに荷物を入れすぎて
 ヘルメットを収納できないときに、このヘルメットフォルダーにヘルメットを付けることが。。。

あ! 原付二種なので、二人乗りしたときに二つ目のヘルメットを置く場所だ!!

 

     ヘルメット塗装中

| コメント(0)

ヘルメットの塗装しない部分をビニールとビニールテープでマーキング

薄く塗って、乾かして、光に当てて凸凹がなくなるまで磨いて、

ヘルメット塗装中

薄く塗って、乾かして、光に当てて凸凹がなくなるまで磨いて、

遠めに傷が見えなければいいやレベルなんで、

下処理剤を塗らずに、黒艶ありを3回、透明艶ありを3回 塗装したところ

後は塗装した部分と塗装していない部分を磨いて

塗装していることが分からないように磨けば完了

後は洗濯した内装をつけて、購入したシールドを付ければ完了の予定。



でも、近くでみると、こけたときの傷が。。。。。目立つ

やっぱし、丁寧に時間を掛けるべき?

会社の帰りに、家の近くで500ml缶のコーラーを買いだめしようとする。
それも横着して、バイクに跨ったまま、自動販売機で買った。

バイクを降りて、メットインやリアボックスに積むのも面倒と思って、フロントインナーポケットに投入。
アドレスV125Gのフロントインナーポケット
無理と思ったら、ありゃ。 余裕で3本も入った。
4本目は、フロントインナーポケット内に付けているバイク用レーダーが邪魔で無理みたいです。

DR-Z400SMのハンドルにバイクマウントで取り付けています。
今年は怪我してバイクに乗れないので、部屋の肥やしになっています。

通院や買い物に使うのでカーナビは意味がなさそうですが、
 プチツーリング。。。市内の名所を巡るならスクーターでも行けるので、スクーターに付けたいと思うこのごろ。
ここで問題。 スクーターはハンドルはパイプじゃないし、車載キットで付けるとしたら、メーターしか場所がないが、無理だなと思っていました。

バイク用GPSレーダーのサイトを探していたら、偶然にもバイクのバックミラー等のネジを利用してPDAを取り付けるRAMマウントの情報を取る
そこで、RAMマウントのクレードルを付けるボール付ダイヤ(汎用タイプ)を注文。 
スクータが納車されるまえに購入していたバイク用マウントのクレードルを取り付ける穴の位置を確認すると穴の位置が一緒
XROADマウントとRAMマウント
これで、スクーターはバックミラーの螺子穴を利用して付けられると思ったが。。。RM-A4000用クレードルが完売していた。(ノ<) 


単に在庫切れ出会って欲しいな。
もし、販売再開されたら、RAMマウントとRM-A4000用電源ケーブル、グレドールを追加注文して、
 アドレスV125Gに取り付けた写真をUPします。

 

     アドレスV120Gを100V電源仕様に

| コメント(0)

アドレスV120Gは標準装備で12V電源が取得できます。
電化製品は100Vがメインで、12V電源を利用する場合は車用の電源を購入する必要がありますよね。
携帯電話は12V電源から充電する電源が安いのですが、スクーターで営業活動しない方は利用する機会が少ないと思います。
アドレスV120Gは標準装備で12V電源が取得できるので、100Vインバーターをつけました。
そこで、何かの電化製品の車載用のオプション(12V電源)を買ったつもりで、12Vを100Vに変換するインバーターをつけました。
携帯電話、デジカメ、カーナビを持ってツーリングに出かける時に家庭用の電源をメットインボックスの中に忍ばせておけば、困ったときに充電ができます。
これでツーリング先でデジカメで写真を取り過ぎても、ポータブルカーナビを使いすぎても安心です。

さすがにPCは無理だろうな~

愛車「アドレスV125G」が龍に襲われている感じですね。
写真を見ていると道路が通行止めになっていたので、路肩にバイクを止めて散策しようとしたら、
後ろにずらりと車が駐車。。。。いや、駐車場じゃないし。 写真を撮っただけで再出発。
慈音の滝
滝の場所は、万年山からの川が玖珠川と合流する付近にある滝で久大本線が近くに通っていて。
この滝は裏側を散策できる珍しい滝である。 
今は訪れる観光客は少ないし、その時間帯だと思っていたら、
 人が眺めていると何だろうと?集まるのは日本人の悪い癖である(笑)

そう、そう、ここに何故、龍の記念碑があるのは、滝の名前の由来から分かるかと調べて見ると
この滝つぼに住んでいた大蛇が周囲の田畑を荒らしていたが、通りかかった旅の僧が原因となっている、蛇の寄生虫を追っ払い田畑を荒すことがなくなったそうです。
以前はなかったこの石碑が龍でなく、大蛇ということに気が付くが、なぜ手に玉を持っている????
慈恩の滝

最近、車は通勤と通院にしか使ってなく、 一週間で20Lほど消費します。
朝、車にガソリン給油してきたところ5千円札を入れて、おつりが千円。。。。(==)
夏のレジャーは安近短でなく、自宅でゴロゴロというのが分かるわ。

ちなみに先週に納車されたアドレスV125もそろそろ給油かな?
納車された時に4月に購入したガソリン3.5Lを追加して、満タンに1~2Lほど少ないかな?といった状態で走り始めました。
150kmを超えて、燃料計を見るとそろそろガソリン給油かな?と意識するEに近くなって来ました。 車と同じ距離を走って、千円強で済みそうです。

そういえば、最近、原付二種(51cc以上)が売れているそうです。
原付一種(50cc)は30km/hまでなので、道路の流れに乗るとスピード違反で捕まってしまうと節約という意味では逆効果
といって、30km/hで走ると、周囲が目に入らないお馬鹿なドライバーから激突なんてありそう。
10-20年前のバイクブームの時に免許を取った方々が、燃料高騰の今年になって通勤や買い物用に購入しているそうです。
その頃のバイク販売台数は2割ぐらいと落ち込んでいるから、10人に1人でも免許を持っている事を思い出せば販売量も増えるよね。

特に原付二種でも、アドレス125は新車価格で10万円ほど安いので飛ぶように売れているとか?
燃費のよくない2ストスクーターが10万円前半で販売されているので、用品をふくめて10万円の追加で新車が買える。
※私の場合はメットとか用品は持っているから、さらに楽だし。
さて、先行投資が高かったけど、一週間で3千円も節約した事になる。
今年の夏のレジャーは自宅でゴロゴロでなく、リハビリを兼ねてスクータで、近所の名所巡りかな?

原付二種スクーターを購入した時のポイントですが、
 ドレスアップなども楽しむならビックスクーターのようなオシャレなYAMAHAの逆輸入車マジェスティ125
 ツーリング利用がメインなら、二人乗りも十分にゆとりサイズのHONDAのリード100がお薦めです。
ただ、アドレス125はスクーター基本に何も足さない/引かないシンプルな設計で、メーカー希望価格は他社と比較できないぐらい安い。
買う段階になって、アドレスV125Gの中古、アドレスV125の新車、アドレスV125Gの新車を比較して、価格の高いアドレスV125Gの新車がコストパフォーマンスに優れていたので購入。
アドレスV125にスクーター定番のサイドスタンドにリアボックスをつけるためにリアキャリヤを購入したら価格差が数千円。
 これに盗難警報装置やフロントインナーポケットが標準装備されているんで。。。。悩みながらアドレスV125Gを選択しました。
アドレスV125Gは価格が安いから我慢を強いられるかといえば、車体が少し大きな50ccスクーターといった感じです。
それゆえに荷物が50ccスクーター並みしか積めないぐらいかな?
ユニークなのはこのクラスでは珍しいのですが、50ccスクーターでは一般的な前カゴがオプションで販売しています。(笑)
ノーマルではシート下のメットインスペースが小さいので積載量はこのクラスで一番少ないかもしれませんが、
前カゴ、リアボックス、足元にA4サイズのカバンを置く為のパーツなどをつけると、逆に積載量はこのクラス一番にならないかな?

バイクの楽しみはスクータといえども走り、通勤特急と呼ばれるぐらいにバイクの楽しみであるパワーは十分で、普段は通勤や買い物に週末は昔を思い出して峠やツーリングも楽しめるかな?
そう、そう、カスタムパーツはおじさん、おばちゃんスクーター定番の前カゴや風防だけでなく、ドレスアップやパワーアップパーツが販売されています。
バイクの定番パワーUPはマフラーだけでなく、スポーツバイクでも珍しいボアアップやサブコンといったパーツも販売されていて驚きます。