スズキ・アドレスV125Gに乗った感じ。

| コメント(0)

納車されて200kmも走っていないが、ちょっとだけ感想を書いてみますね。

エンジンの始動性
 慣れていないと、始動性能が悪い感じがする。
 セルを回すとエンジンに火が点るという感覚でなく、
 セルは回しすぎて掛からず、放した時に適切な回転数に落ちたときに容易に始動する感じ。

走行音
 車格に似合わない大きいかな?と思うマフラー
 バイクに乗りなれていると静か過ぎるので交換したいぐらい。
 そふ、そふ、早朝、エンジン音が響くような団地でも、エンジンをふかさなければ、自宅からgoってな感じです。
 慣らし中なのでアクセルを回していない事もあるが、
  大きく回すとシングル4スト特有の音がどこからか聞こえ、
   シングルらしい、125ccレベルのトルク感を感じさせ、同時に加速する。
 慣らしが終るのが楽しみである。
  ホンダ・フリーウェイ(250ccスクーター)に乗っていた頃の全力加速は尻がふわりと持ち上がって加速する感じでしたが
  アドレスV125はどんな感覚で加速するのか楽しみである。

加速性能
 ドカとくる加速感なし、トロトロというドン亀でもない。
 気が付くと40~60km/hの速度になっている感じ。
 慣らしが終ったら全開加速が楽しみ。

ブレーキ。。。。
 ちょっと硬い感じ&効き難いと思っていたら、
 怪我で握力が小学生レベルに落ちているのが原因だった(ノ<)
 それでも、安心して、40km/hからの急停止は可能。 年寄りでも安心かな?

足つき
 Let's4など、女性ユーザをターゲットにした50ccスクーターから乗り換えると、
 一回り大きい感じがする。 足つきも、え?と思ったが、足を置く部分が増えたのが原因だれろう。
 小柄の女性がロングスカートを履いて乗らなければ問題無しだと思う。
 逆に、高速走行中に足で踏ん張れる部分が増えた。

走行安定性
 昔、乗っていた、ホンダ・フリーウェイと比較して重心は低く安定感あります。
 重量が軽い。。。特にハンドル付近が軽いのでギャップを乗り越えるとき、アドレスV125だと不安感でした。
 特にリアボックスをつけると重心が高くなり、安定感が相殺されてしまうので、スクータタイプが苦手な方はつけない方が無難かな?
 私も51cc以上のスクータは久しぶりだったので、小さなギャップを乗り越えるときが怖かった。

 コーナリングはバイクはコーナーの出口を視点で捉えて、重心をコーナの中心に移動させてとリーンウイズや
 ハンドルを力任せに倒しこんで行く様な乗り方ではなく
 尻に力を入れてシートを押すようにし、ベリーダンスのように腰を曲がりたい方向と逆方向に曲げると
 スムーズにコーナリングすると楽でした。 クイクイと曲げると細かなコーナリングが(笑)

 ホンダ・フリーウェイは30km/h以下になると、クラッチを切ったような不安定感を抱いたが、アドレス125には無かった。

コメントする