スズキ・アドレスV125Gのリアボックス(キャンペン期間だけのオプション)

| コメント(0)

アドレスV125Gのリアボックス(キャンペン期間だけのオプション)

ガソリン高騰により、隠れた人気のアドレスV125G
 通勤快速という愛称がついた原付二種スクーター
 
トランクルームが他の原付二種スクーターと比較して小さいのが欠点
といっても、メーカー小売希望価格で10~20万円も高い同じ排気量の車体と比較すると狭い。 確かに。

ただ、近い価格帯の50ccクラスと比較するとメットインスペースは同じ容量。
実際、LET'S4より少しだけ大きかった。
メットは十分に入るが、雨合羽が入らないといった感じである。

といっても、通勤や買い物用に最適な通勤快速(アドレス)には
 常にメットと雨合羽はバイクに搭載しておきたいので、リアボックスを付けていただきました。
 大きさは、フルフェイスのメットが入るかな?といった感じです。

アドレスV125Gのリアボックス(キャンペン期間だけのオプション)

ただし、リアボックスをつけると重心が高くなり、中身が入ってなくても不安
 リアボックスを外して走ると、重心が低いので、急なブレーキでも安定して止まる。
リアボックス付きの走りに慣れるまでは、スクータ特有のタンクを足で挟めないから不安が残るかな? 無理しなければ大丈夫か!?。
 ※何を積むかによりますが、重心は低い方が安定するので、リアボックスは走行中は空っぽになるようにヘルメットかな?


そう、そう、キャンペーン期間中に協賛しているお店屋さんがつけてくれるリアボックス
 色々と調べて見ると、ハイマウントSTOPランプに改造するキットも販売されている。
 その内に改造しようかな?

そう、そう、今日は140kmほど走りました。
 ローダウン&ロングホイル、ロングシート化するような改造スクータ集団を
  カラダも、バイクも慣らし中なのに、抜いてしまった(汗)
 事件があったのかな? 黒バイ、軽パトがウロウロしていると思っていたら、
  緊急自動車状態の消防車をすれ違ったり。。。
 途中で携帯電話を落として探しに戻ったり、
  心当たりのある場所まで50km/hの速度で走っていたら、
   途中で轢かれていた携帯を発見できて超ラッキー

夕方、バイク屋さんでたい焼きを頂いていたとき、、
 人気がいいらしいとか・・・ 次は原付二種かな?
そういえば、東北の新聞車が、隠れた人気と行ってたな~

コメントする