バイク専用カーナビゲーション

| コメント(0)

高価なバイク用ナビゲーションは販売していましたが、安価なポータブルカーナビでバイク専用が販売されています。
このXROADのバイク用カーナビゲーションを購入すると、音声案内用の無線イヤホン、本体に取り付けパーツ(ハンドル)、電源ケーブルなど、オプションを追加しなくてもバイクに取り付けられます。
オプションパーツを購入することで車載もできるので、車にカーナビが無い方は如何ですか?

性能は車メーカーの純正カーナビの基本機能のみに特化した製品といった性能です。
バイクは振動による故障が気になりますが、機械動作部分がないので故障しにくいと思います。
少なくとも両腕骨折するような転倒したあと、壊れたスピードメーターの代わりに使って帰ってきたぐらいです。
※何かが刺さるとか、バイクと路面でプレスされる事がなければ、丈夫なのかもしれませんね。

車載用のカーナビと比較して3.5インチ液晶は一般的なカーナビの液晶モニターサイズが半分ぐらいなので、カーナビで100mスケールが、ポータブルナビでは50mスケールが同じ地図表示になります。
これが欠点かな?  カーナビに慣れていると50mスケールでみるので、全体感がいまいちといった感じです。
欠点といっても画面が小さいからで、地図精度は一般のカーナビに使われている規格なので、スケール変更の回数が増えるだけで解決します。
拡大/縮小は手袋をしたままでも操作可能になるようにモニター横にレバーがあり、本体は簡単な防水されているので、小雨程度では大丈夫かな?
防水能力は防雨程度なので、雨中の高速などのハイスピードRUN、土砂降りの中の走行は、濡れてもいいですがバックに入れたほうが無難でしょう。

一般的なカーナビなどで停車中に行う細かな操作は、画面に表示されているアイコンにタッチして操作するので、停車して手袋を脱いでの操作になりそうです。
ナビゲーション中は案内は音声と本体の左右にについているLEDが曲がる方向を教えてくれます。
音声案内は、付属のBluetooth無線イヤホンにカーナビの音声が届くので、走行中も地図の案内を聞くことができます
本体は進行方向に小さなひさしが付いている点からも、ツーリングが大好きな方が開発スタッフにいるのかな?と心使いが感じられる製品です。

カーナビゲーション全体に言えますが、国道>県道>一般道の優先でルートを探して案内するので、ケースによっては遠回りで案内することがあります。
個人的には常に現在位置を中心に地図を表示してくれるので、交差点などの信号待ちで地図を確認するのに使っています。

コメントする