パーツの修復(バイク用レーダー)

| コメント(0)

大破したメータについていたので、壊れたと思っていたバイク用レーダー
電源を入れると普通に起動するので、中身は大丈夫かな?と思って外装の修理開始。

電装系の掃除といった感じで普通に分解します。
衝撃で変形した部分を直すように、基盤などを正常な位置に戻します。
バイク用レーダー
型取くんを使って壊れたパーツの複製を作成する方法もありますが
今回は手元に粘土状のエポキシパテを持っていたので、これを使って修復します。

粘土状のエポキシパテがあるので、必要な量だけカッターで切り取ります。
チーズインソーセージのような感じ粘土を混ぜ合わせるように練ります。
少し暖かく感じたら、欠損した部分を粘土で方を作るように方を作ります。

今回は欠損部分に持って平らに整形しました。
次に上のパーツと下のパーツの接合部分は難しいので、
パーツを仮組たてしてから接合部分に隙間が空かないようにさらにもります。

5分過ぎると、指では整形できないぐらいに固まります。
バイク用レーダー
ここからてんこ盛りになった部分をソーセージの堅さのパテを削っていきます。
今回は失った外装の部分のパテがてんこ盛りになって、
基盤に負荷が掛かっていたので、カッターで削除。
LEDの前やねじ穴付近にパテがかぶさるようになっていたのでカッターで削ります。
そして、削りすぎの部分や、カッターで削って発見した空気穴を塞ぎます。

適当に整形したので汚い感じですが、パテを盛った当日は削り過ぎない程度にしてください。
一週間後にサンドペーパーで表面を磨いて、塗装して終わりかな?

コメントする