旧九州鉄道大蔵線(茶屋町レンガ橋)

| コメント(0)

九州に鉄道が出来た頃に作られた陸橋です。
今の鹿児島本線と違って、最初に出来た北九州を走る鉄道は山沿いに走っていたそうで、
槻田川沿いにある茶屋緑地に建っています。
住宅街の外れ。いや、川沿いの裏道に、鉄道もこの橋梁だけが記念碑として残っています。
旧九州鉄道大蔵線(茶屋町レンガ橋)
春先になると陸橋の傍には桜が咲いて、
ガードレールの下には小川が流れており、菜の花が可愛く集団で咲いています。
公園から陸橋を見ると、SLは平屋建ての屋根を走っていたの?と思う高さまで積み上げていた。
う~ん。 なんだか凄い。
旧九州鉄道大蔵線(茶屋町レンガ橋)
記念写真を撮ろうとバイクを止めて、車が来ない事を確認して1枚記念に。

そして、槻田川沿いの桜並木と菜の花を楽しみながら、あるくてんぽで川をのぼっていく。

コメントする